闘病と日常生活
小児がんの子供はかわいそうという特別な目で見るのではなく、普通の子供と同じように好奇心旺盛で、遊びたいし、治れば普通の生活ができるのだということを知ってもらいたい。
「チャイルド・ケモ・ハウス」理事長の楠木重範医師も、小児がん(リンパ腫)を患った過去があるそうです。現在、小児科医をされているとのこと。

冬は「マスク」で自己防衛 立体、保湿、色や香り…多彩に
マスクをつけると子供のインフルエンザ発症率を5分の1に低減できる
まだ続く受験シーズン。マスクによる保湿効果などで、しっかりと風邪やインフルエンザ対策をして頑張ってください。

冬の厳しい寒さから足を守るには
専門医が冬季によく診療する症例の一部に、積雪や地面の凍結のほか、不適切な履物に起因する足の不調がある
お心当たりがあれば、改善の参考に。

過敏性腸症候群…便秘型 女性悩ます
症状にも男女差があり、男性は下痢型、女性は便秘型か、便秘と下痢を繰り返す混合型になることが多い。現状では、ストレス対策や食物繊維の多い食事、腸の働きを良くする適度な運動などが回復の近道になる。
この症例ではマグラックス(便を軟らかくする)といった、普通の下剤が処方されているようです。特殊な治療ではなく、ストレス改善や下剤などが必要になるようですね。
「自分は太っている」 男性56%>女性41% 30―50代
総じて男性のほうが「太っている」自覚はあっても改善の努力は惜しんでいるという結果になった。
自覚と努力は別問題、ということですね。

胃がん向け新抗がん剤、今夏にも最終治験 ノバルティス
国内で約50人の患者を対象に実施した中期段階の臨床試験では、55%の患者で腫瘍の増殖を抑える効果がみられ、45%で腫瘍が縮小する効果があった。
はたして、どれほどの効果があるのかは不明ですが、新たな選択肢が増えるということは歓迎すべき(副作用が今後、出てくるかも知れませんが)ではないでしょうか。

湧永製薬、しみ・そばかすに効くビタミン剤 メラニン排出で症状緩和
ビタミンCとアミノ酸の一種、L-システインがチロシナーゼという酸化酵素の働きを妨げ、黒色メラニンの生成を抑えるほか、黒色メラニンを無色に還元する。
効果の程はわかりませんが、試してみるのも良いかもしれませんね。

花粉症対策、目薬各社が新製品 炎症抑える成分配合
もうそんな時期ですか。自分は花粉症ではないので分かりませんが、周囲の人の様子を見ると、本当に大変そうです。

リスク高まる飛び込み分娩
報じられることも少なくなってきましたが、是非ともこうしたリスクを忘れないでいただきたい。