日本人の成人6人に1人が糖尿病とその予備軍という時代に、手軽にワンコイン(500円)で、メタボ健診を受けることができる「検診所」が登場した。予約も要らず、通勤や買い物帰りに立ち寄れて、簡単に検査できる手軽さがウケている。「気づいたときには病気が進行していた」ということが少なくない糖尿病だが、その予防医療として注目されそうだ。

ワンコインでメタボ健診ができるのは、東京・中野のショッピングアーケード「中野ブロードウエイ」にある「ケアプロ中野店」。駅などに見かける献血ルームのイメージで、「ちょっと立ち寄り、ちゃんと健康」をコンセプトにしている。

血糖値や総コレステロール、中性脂肪の3項目をワンコイン、各500円で検査してくれて、これに身長と体重、BMI(肥満度)、血圧、骨密度を加えたセットメニューは1500円。病院で生活習慣病の血液検査を受けたら、とてもこの値段ではすまない。

ケアプロの「売りもの」は、この安さと検査時間の早さだ。診察券もないし、保険証の提示もいらない。1分足らずの採血で、たとえば血糖値の判定が58秒でわかるなど、とにかくスピーディー。検査結果は、携帯電話サイトでも確認できるから、通勤や通学の行き帰り、買い物の短時間で手軽に立ち寄って検査できる。

受診者が自分で採血用の器具を操って、指から採血することで医療行為にあたらないようにしているのが、ミソ。ドクターこそいないが、常駐しているのは看護師と保健師の有資格者だ。

サラリーマンであれば、会社から健康診断を受けるように指導されるが、自営業者や派遣社員、フリーター、主婦といった人は、ふだん受診する機会が少ない。病院にかかれば、初診料だ、診察料だとお金がかかってくるから、ちょっとしたことでは「検査しよう」と思えないこともある。

すでにメタボと診断された人でも、日々の運動や食事療法の成果を確かめたいと思っても、血液検査だけのために、わざわざ病院にいくのは面倒だ。

病気かどうかわからないのに、病院に出向くのも気が引けるもの。しかし、糖尿病などは症状が現れたときにはすでに進行しているため、ふだんから健康チェックを怠らないようにすることが大事だ。ケアプロの川添高志社長は「生活習慣病を未然に防ぐためにも、気軽に検査できる場を提供する必要があると考えた」と話す。

「土日の来店者数は、1日20人くらい。まだまだ、これからです」(浅井裕美店長)と話すが、評判はジワジワと広がっている。
(500円で生活習慣病を検査 仕事や買い物帰りに予約なしで)


日本慢性腎臓病対策協議会による、健康診断に対する意識調査によると(国内に住む20歳以上の男女1000人を対象に行った調査)、健康診断を「5年以上受けていない、もしくは受けるつもりがない」という人は全体の約4分の1にあたる24.2%に上ったそうです。「毎年、定期的に受けている」という人は約6割にとどまっています。

受診していない人の年代は20代が最多の26.0%。職業は「専業主婦」(29.8%)、「会社員」(20.2%)などが多かったそうです。健康診断を受けない、その理由としては「費用が掛かる、煩わしい、時間が掛かる」といったことが多かったようです。

そこで、上記のような手軽かつ安価な検査が登場すれば、健康診断に関しても関心が高まるのではないか、と考えられます。もちろん、かなり簡易な項目のみですので、こうした検査で興味・関心が少しでも自身の健康に向けられれば、さらに詳しい検査も受けるようになってくれるのではないか、と期待されます。

こうした、疾病のリスクが高い人を対象としたものではなく、健康管理と疾病の早期発見のために行われる健康診断のこと一般健康診断といいます。これは、以下のような者を指します。
地域で行われる一般成人に対する健康診断(老人保健法による基本健康診査)や、学校・職場などで行われるものが代表的です。

地域で行われる一般健康診断では、40歳以上の者に対し、問診、身体計測、血圧測定、検尿、血液検査(脂質、貧血、肝機能、腎機能、血糖)、心電図検査および各種癌検診が行われています。

結核検診のように特定の疾患の早期発見・予防が健康診断の目的が重要でしたが、健康観の変化に伴い、現在では心身両面での健康が目指されるようになり、健康診断の内容や目的も変化してきました。

その一つの例が、政府の医療制度改革の目玉でもある「特定健診・保健指導」です。

「特定健診・保健指導」は、2008年4月から開始されています。保健指導の内容としては、医療機関や管理栄養士などから生活習慣病に関する知識を伝えたり、メタボリックシンドロームやその予備軍と判定されると食事や運動などの指導を、最高6ヶ月にわたり受けることになるそうです。

以前から行われてきた健康診断の内容に、プラスアルファでしっかりと保健指導をするように追加された、と捉えると分かりやすいかも知れません。

もちろん、検査すること自体も必要なことであり、上記のような検査が手軽に受けられることは良いことであると思われます。ですが、その一方で、しっかりと医師などの指導を受けることは難しいと思われます。

こうした検査は、ただ受けるだけでなく、しっかりとライフスタイルなどを見直す契機となることも非常に重要であると考えられます。是非とも、健康を意識した生活を送っていただきたいと思います。

【関連記事】
医療サイトで、人間ドック予約できるようになる

本当は怖い仮面高血圧