新型インフルエンザ対策:ワクチン製造期間を3分の1に
現在、国内で作られているプレパンデミック(大流行前)ワクチンは、ウイルスを鶏卵で培養し弱毒化させて作る。製造に半年以上かかる。新しい方法は昆虫細胞を使いウイルスの抗原を取り出して培養する方法で、約8週間で製造できる。
もちろん、流行が起こらないように予防・封じ込めが重要ですが、その一方でやはりワクチンの早期製造も課題であると思われます。

米の八つ子出産、カリフォルニア州当局が医療機関を調査
州には体外受精後に子宮に戻す卵子の数に法的な規制はないが、学会の基準では多胎出産が母体や胎児に与える危険を避けるため、できるだけ少なくするとされている。州医事局報道官は「基準違反が実証されるかどうか検討するため調査をしている」と述べた。
多胎出産の危険性を考慮すると、できるだけ子宮に戻す数は減らした方が良いと考えられます。その一方で、妊娠の確率の問題もあり、難しいところです。

産科医:3割で負担過剰 分娩数、限界に
病院勤務医1人が扱う分娩数が年150件を超す医療圏が3割を占める。
「日本産科婦人科学会などは帝王切開などリスクを伴う分娩を受け入れる病院勤務医が無理なく扱えるのは150件程度」とのことですが、この数字もいかがなものでしょうか。「次は200件まで」などと言い出すなんてことも…。


減量が太りすぎ女性の尿失禁の症状緩和に有効
減量で腹圧が低下することにより、膀胱への圧力も軽減すると考えられます。お悩みの方はご一考を。
心疾患の予防効果をもたらす合成HDLを開発
低比重リポ蛋白(LDL)コレステロールは薬剤や食事療法によって低下させることができるが、HDLを増やすことは難しい。この合成HDLがいずれこのギャップを埋めるのに役立つものと期待している。

タミフル異常行動、動物実験では因果関係なし 厚労省作業部会
因果関係を証明するのは、やはり難しいと思います。インフルエンザになった場合、特にお子さんでは目を離さないようにすることが重要であると思われます。

がんの痛み「取れた」2割弱=医療者の評価と開き−患者調査
ペインコントロールは、癌患者さんでは大きな問題となりますが、完全に疼痛を除くのは難しいところです。

服薬管理のコツ
在宅療養者が飲んでいる薬は8〜20種類との報告があります。飲み忘れを防ぐためのグッズは、スーパーや100円ショップで手に入ります。曜日別に朝・昼・夕・就寝前と区分けされた容器に、錠剤やカプセルを1週間分入れましょう。薬カレンダーとよばれる壁掛けタイプには、日付を書いた散剤を入れると便利です。
ちょっとしたコツで、飲み忘れが防げそうです。参考にされてはいかがでしょうか。