毎日新聞のこころとからだの相談室に、以下のような相談が寄せられていました。
49歳、子宮筋腫がありますが、閉経後にホルモン補充療法(HRT)は受けられますか? 筋腫は手術をすすめられていますが、職場の人手不足や娘の受験もあり、休みがとりにくい状況です。

月経時の出血量の多さや貧血も悩みですが、閉経後は筋腫が小さくなるとも聞いているので、できれば手術しないで乗り切れればと思います。その場合、筋腫が残っているからHRTはできないと言われたらと、それも心配になります。

この質問に対して、NPO法人「メノポーズを考える会」更年期相談対話士の安井禮子さんは、以下のようにお答えになっています。
ホルモン補充療法(HRT)に詳しく、更年期女性を数多く診ている医師の意見によれば、子宮筋腫が比較的小さく、ほかに問題になるような症状がなければ、HRTを受けても大丈夫だそうです。ただし定期的に経過を見ていくことが大切で、場合によってはホルモン剤の量を半分にするなど、1人1人に合わせた対応もあります。いずれにせよ、医師と相談しながら進めていくことが必要です。

子宮筋腫は成人女性の3〜4人に1人といわれるほど多くみられ、更年期女性からの質問や悩みもよく寄せられます。良性の腫瘍で、閉経すると小さくなる例もあるときくだけに、できれば手術はしたくないという気持ちになるのもわかります。ただし、大きさやできている部位、月経時の貧血、頻尿、便秘といった生活の質(QOL)を低下させる症状などによっても判断は違ってきます。

長年、子宮筋腫による不快な症状で悩まされてきたある更年期世代の女性は、卵巣と子宮を一緒に摘出する手術を受け、術後はエストロゲン単独のERT(子宮がないので、子宮体がん予防の黄体ホルモンは併用しなくてよい)を受けることで快適な生活を取り戻したという例もあります。

最近の子宮筋腫の治療は、開腹手術やピルによる症状の軽減以外にも、内視鏡や、費用は高いが切らずに治療できるFUS(集束超音波治療)やUAE(動脈塞栓術)など、情報が多様化していることも判断に迷うところです。それだけに1人で悩むのではなく、信頼できる婦人科医と相談しながら、何が自分にとって最もよい方法か、タイミングも含め総合的に考えて選択することが大切です。

子宮筋腫とは、子宮筋層内の平滑筋成分から発生する良性腫瘍であり、最も多くみられる女性生殖器腫瘍です。30歳以上の女性のうち、約30%は子宮筋腫をもっているとされています。

原因は不明ですが、発生過程において分化の障害された体腔上皮間葉細胞が、多中心性に子宮筋層内に潜んでおり、思春期から増加してくる性ステロイドに反応して子宮筋腫として成長していく、と考えられています。

症状としては、月経過多、腫瘤感、月経痛、周囲臓器への圧迫症状(特に子宮頸部筋腫,広靭帯内筋腫)が挙げられます。

一般に、茎捻転を起こさない限り、小さい子宮漿膜下筋腫は無症状のことが多いです。下腹部の腫瘤、特に漿膜下筋腫の場合、かなり大きくなるまで放置されることがあります。漿膜下筋腫あるいは大きな筋層内筋腫の場合では下腹部腫瘤を触れ、体表から触れる場合には固くゴツゴツと触れます。

子宮粘膜下筋腫では月経過多、月経痛などの症状が出やすく、不妊の原因となることもあります。具体的には、月経時に鎮痛薬などを使用しなければならないかどうか、月経が10日以上長期間にわたって続くかどうか、凝血塊がおりるかどうかなどがチェックすべき項目となります。30〜40歳代の女性で鉄欠乏性貧血を認めたら、子宮筋腫の存在を念頭に置いて検査を進めます(過多月経によるもので、必ず鉄欠乏性貧血となる)。

また、発育に伴う血行障害、感染、妊娠あるいは閉経を契機として筋腫の変性がみられることがあり、この場合は疼痛を生じることがあります。

治療としては、以下のようなものがあります。
症状、年齢、挙児希望の有無などにより治療の必要性や治療法を判断することになります。一般的にはどちらも生命に危険を与えることはほとんどなく、閉経すれば自然に縮小することを念頭に治療方針を考えます。

症状が軽い場合は経過観察でよいです。過多月経の貧血や月経困難症などに対しては、鉄剤や鎮痛薬で経過をみていきます。また、Gn-RHアゴニストといって、下垂体からのゴナドトロピン分泌を抑制するためエストロゲンを低下させ、腫瘤を縮小させる薬剤もあります。ただ、長期の使用は骨量の低下を招くため6ヶ月が限度とされています。

ほかにも、ダナゾールといって、エストロゲン分泌を抑制し、さらに直接効果で腫瘤を縮小させるものもあります。ただ、筋腫にも効果はありますが、保険適用があるのは腺筋症のみです。また、ピルは月経量や月経痛を軽減するため筋腫や腺筋症の症状を改善します(保険適用がないこと、また時に腫瘤が増大することに注意が必要)。

手術療法としては、子宮筋腫核出術と子宮全摘出があります。子宮筋腫核出術は、正常子宮を残し、筋腫核のみを摘出する術式です。開腹術、腹腔鏡によるもの、子宮鏡によるものなどがあります。不妊症などには有効ですが、再発があります。

子宮全摘出は、文字通り子宮摘出を行う根治療法です。開腹術、腟式手術、腹腔鏡下手術などの方法がああります。

更年期障害については、以下のように安井禮子さんはお答えになっています。
女性の更年期は、職場では若い人の対応に気を使い、家庭では子どもの受験や就職、老親の介護、地域での役割など、人生の最盛期ともいえる多忙な時期です。しかも卵巣の働きが終わりに近づき、閉経を迎えると女性ホルモンが急激に減少する不安定な時期とも重なります。

閉経後は骨粗しょう症やコレステロールの上昇、粘膜の乾燥、不眠やうつ、いらいらなどの症状も出やすくなります。人生90年に近い長い道のりを健康に歩んでいくために、上手に女性ホルモンを使いこなす治療法を含めて、正しい情報をもとに、自分に合った方法を選ぶ力も身につけていきたいものです。

【関連記事】
子宮筋腫でありながら、井上京子さん無事出産

本当は怖い乾いた咳-子宮内膜症