病気はただ治すだけではつまらない-。平成16年夏に乳がんに気付いた女優の樹木希林さん(66)は翌年、手術を受けました。がんを通じて、自分のよじれと向き合いながら、自力で人生を変えた樹木さんは「病気は賜りもの」だと語ります。

平成16年夏あたりに胸にしこりがあるのに気付き、乳がんだなと思ったの。秋に都内の病院に検査に行き「がんでしょう」と聞くと、お医者さんも「がんですねえ」。

そのとき、治療方法について話してもらったような気がするけれど、耳には入ってこなかったわ。動転していたわけではなく、なんだか具体的によく分からなかった。

理解できない治療法について質問すればよかったんだろうけど、しつこく聞かれるのは嫌かな、という遠慮があってね。それで、切ることに決めたんです。手術の判断はちょっと早まってしまいました。

手術を即決したのには、理由があって。15年に左目が網膜剥離になって、お医者さんから「原因をつきとめるには、手術しかない」と言われたんだけど、検査のために手術をする必要はないと思って拒んだの。

そうしたら週刊誌の記者さんが取材にきて「宗教上の理由で手術をしないんですか」なんて聞いてきたんです。そのときには否定したけれど「拝んで治すなんて思ってはいないんですよ」と、世間に訴えたかった気もあって。乳がんのときは、その反動で「切ります」なんて言っちゃったのよ(苦笑)。

あの取材がなければ、即決はしなかったでしょうね。大変にアホなことで。

私の場合は、もっと、がんについて勉強してから、治療方法を決めても遅くはなかったの。手術をしないケースもあるし、放射線治療を選ぶという道もあったはず。ほかの病院で「セカンド・オピニオン」を聞いてもよかったんです。がんについて無知のまま17年1月に入院して、すぐに全摘出しちゃったの。

手術直後には、報道関係者にばれて、マスコミの方が自宅にたくさん来て、家族が家に入れなくなって。だから病院からタクシーで自宅に戻って記者会見を開いて、すぐに病院へ戻りました。

昼すぎに病院に見舞いに来た女友達が、テレビで放映されていた私の記者会見を見て驚いていたわよ。彼女は乳がんの経験者で、手術で、筋肉を切って大変だったらしい。私の場合は筋肉は切らなかったから、ポットでお茶も入れられたのよ。

そういう意味では、手術は進歩しているんでしょう。でも、大変なのは手術後。再発を防ぐために、薬をもらうんですが、ホルモン剤は何種類もあって、自分で、自分にあう薬を決める。だから、がんに対する知識が必要になるんです。

お医者さんは自分の専門分野については詳しいけど、私の心身のすべてを知っているわけではない。だから、自分の体は自分で守らないと。そのためには自分の体の悲鳴を感じるしかない。

性格は人とぶつかって、すぐに分かるけれど、自分の身体は結局、自分で理解するしかない。病気のたびに自分の体を知るのは大事なことだと思うわね。

私は、乳がんになり、ホルモンのバランスが良くないことが分かりました。死ぬときに「納得がいかない」なんて思いたくないから、死を意識して、今を大事にするようにもなりました。遺言状を書いたり、6畳ほどの部屋いっぱいにあった本を売ったり。(米アカデミー賞にノミネートされた映画「おくりびと」で主演した)娘婿の本木雅弘さんには「死ぬときは自宅で死にたい」と伝えたわよ。本木さんは私の顔をまじまじと見つめて「それにしても樹木さんは死なないですね」だって。「大丈夫よ、そのうち死ぬから」と答えたわ(笑)。“おくりびと"もいるし、死ぬ覚悟はできてます。

山あり谷ありのがんの道を体感しながら抜けていく。病気はただ治すだけではつまらないのよ。病気によって、いろんなよじれが見えてきて、人生が変わる。病気は「賜りもの」だと思っています。
(樹木希林さん、病気は「賜りもの」 乳がんで人生学ぶ)


乳癌はホルモン療法や化学療法への感受性があり、全身病としての認識が確立しています。ですが、治療はやはり手術が基本で、病期靴泙任量9割は手術療法の適応となります。

術後には、全身に対する補助療法を行うのが標準的な治療法です。間質浸潤がない乳管内癌はリンパ節を含め転移はないため、手術だけで治癒できますが、エストロゲン受容体(ER)陽性のことが多く、ホルモン療法を付加するのが一般的です。

遠隔転移がある場合は全身療法を行いますが、局所の疼痛や出血、壊死により日常生活に支障をきたすような場合は、手術を行うこともあります。

手術方法としては
ゞ散攅臺仔房切除術(定型的乳房切除術:Halsted手術)
拡大乳房切除術
6散擴溝呼房切除術(非定型的乳房切除術)
て房温存手術
ッ噂稙房切除術

があります。最近では胸筋温存乳房切除術(非定型的乳房切除術および、乳房温存手術が主流となり、乳房温存手術が半数以上に行われています。

上記では、
昼すぎに病院に見舞いに来た女友達が、テレビで放映されていた私の記者会見を見て驚いていたわよ。彼女は乳がんの経験者で、手術で、筋肉を切って大変だったらしい。私の場合は筋肉は切らなかったから、ポットでお茶も入れられたのよ。
とありましたが、これは,ゞ散攅臺仔房切除術(定型的乳房切除術:Halsted手術)、拡大乳房切除術などを指していると考えられます。樹木さんの場合は、こうした胸筋などを切除する方法ではなかった、とのことです。

特に、乳房温存手術は、超音波検査やマンモグラフィー、CTやMRIで広範囲な乳管内進展巣のない腫瘍径3cm以下の腫瘍に対し、マージンを十分とった乳腺部分切除と腋窩リンパ節郭清を行った後、残存乳房に対する放射線治療(通常50グレイ)を付加することが原則となっています。さらに、センチネルリンパ節生検を行い、転移の有無を病理組織学的に検索し郭清を省略することも行われています。

進行乳癌では、根治が期待できる全身状態の良いものに対しては術後治療に準じた根治的治療を行います。乳癌の組織学的悪性度(HER2/neu 遺伝子)、ホルモン感受性を調べたうえで、抗癌剤や内分泌療法剤、抗体[トラスツズマブ(ハーセプチン)]を使った乳癌標的療法などを組み合わせて治療します。

さらに、最近では以下のような治療法があります。
乳癌に対して、「ラジオ波熱凝固療法」といった治療法も行われています。「ラジオ波熱凝固療法」の原理としては、直接数mmの針を腫瘍に直接刺して、AMラジオと同じ波帯の電波(460-480 KHz)を照射し、60-70度の熱を加えて、癌細胞を焼く(正確には100度前後の熱で凝固させる)というものです。原理的には電気メスと同じであり、周囲への浸潤を含めて、腫瘍径が2cm以下でリンパ節転移がみられない方が適応となります。

乳癌細胞の7割が女性ホルモン受容体を有し、癌の発育はホルモン療法に感受性があるといわれています。ホルモン療法には、ホルモン受容体拮抗薬(閉経前)やLH-RHアナログ(閉経前)、合成黄体ホルモン(酢酸メドロキシプロゲステロン)などがもちいられています。 

ホルモン感受性乳癌に対しては、術後5年間のタモキシフェン投与が有用であるといわれています。また、閉経前乳癌であれば、卵巣機能抑制療法が有用であり、LH-RHアナログが推奨されています。

樹木さんの場合、しこりに気づいて受診なさったようですが、できればその前に早期発見できるほうが望ましいです。そのためには、ぜひとも乳癌検診を受けることが望まれます。

【関連記事】
有名人の症例集

乳癌に続き、膵癌を発症した−作家・栗本薫さん