なにかと注目のアラフォーは、40歳前後の「女性」を意味する言葉ですが、この世代の女性は、タイムリミットを前に結婚・出産・仕事といった人生における選択の“岐路”にあるといわれます。しかし実は、「男性」にとってもアラフォーは重要な“ターニングポイント”であるのです。

昨年から始まったいわゆるメタボ検診も、40歳以上の男女を対象としています。メタボリックシンドロームは、40歳以上の、特に“男性で”急増することがわかっています。

メタボリックシンドロームは心臓病のリスク要因の集合状態で、動脈硬化症の発症に通じて、心臓発作や脳卒中、糖尿病の発症リスクを増加させます。しかし、これは、生活習慣の見直しによって予防と改善が可能です。

実際に、男性では40代になると、ライフスタイルの要因が健康に大きなインパクトをもつようです。

男性は40代になると、高齢の人々と同様に、喫煙や高血圧、コレステロール値や血糖値のような原因が脳卒中のリスクを高めるという研究結果を、先日、フィンランドのヘルシンキ大学病院の研究チームが報告しました。一般に若い人々の脳卒中の原因は、年配の人々と異なると考えられています。

さらに男性は、脳卒中で倒れる危険性が、40代になると、特に44歳から急激に増加することもわかりました。1000人以上の15〜49歳の若い脳卒中の患者のデータを分析した結果です。女性では年齢による明らかなボーダーはありませんでした。

加えて、脳卒中などのリスクを高める動脈硬化症も、男性では35歳から増加し始めることもわかりました。

「男性の35〜44歳、つまりアラフォー世代は、脳卒中の予防のための重要な対象である」と、この研究者は述べています。40歳から始まるメタボ検診まで待ってはいられません。35歳になったら、生活習慣を見直しましょう。

「男性の更年期」という言葉はご存知だと思いますが、これも、40代から60代の男性でおこる、集中力や気力の低下、性機能の障害などの状態をさします。

しかし、40代の男性の性機能障害ED(勃起障害)は、むしろ“心臓発作の前兆”かもしれません。デリケートな問題でもあり、「もう更年期かな」と放置しては危険です。
(40代のEDには、“知られざる”リスクも)


最近では、男性機能科学の認識が高まり、男性不妊症やED(erectile dysfunction;男性性器機能障害)といった疾患概念がクローズアップされてきています。また、PADAMS(partial androgen deficiency syndrome;男性更年期障害)という新しい疾患概念も重要視されてきています。

男性更年期障害(PADAMS)とは、中年期から初老期にかけて男性ホルモン分泌低下などの内分泌環境の変化に伴う種々の不定愁訴を訴える時期を指します。ですが、女性の閉経のように明確な徴候はなく、症状も多様であり、年齢も個人的ばらつきが大きいという特徴があります。

上記のように、集中力や気力の低下、性機能の障害などが起こってきます。診断としては、札幌医科大学の伊藤直樹准教授による「男性更年期障害チェックリスト」や、「男性の老化症状に関する質問票」などがあります。

具体的には、「元気がなくなってきましたか?」「体力あるいは持続力の低下がありますか?」といった10項目の質問があり、3項目以上該当などにより診断されます。

治療としては、以下のようなものがあります。
治療法としては、男性更年期障害は男性ホルモン(テストステロン)の減少が引き金になっていると考えられているので、その補充を行います。カウンセリングを行うとともに、男性ホルモンの低下症例にはホルモン補充を行います。ホルモン補充に関しては、前立腺癌では癌の増殖を促してしまうため、あらかじめ確認する必要があります。また、お酒やタバコを控え、運動をする習慣を持つことも重要です。

国内で認可されている男性ホルモン薬は、注射薬のエナント酸テストステロンがあります。125〜250mgを2〜4週に1回筋注します。副作用として多血症が挙げられていますので、採血し、男性ホルモンと一緒に血色素濃度を測定する必要があります。

ただ、男性ホルモンは前立腺癌を悪化させたりする恐れがありますので、こうした病気がない人が治療の対象となります。

この時期の男性は、働き盛りである一方、生活習慣病といった影響が出やすく、心筋梗塞や脳梗塞といった疾患を発症しやすいとも考えられます。健康診断などを機に、しっかりとライフスタイルを見直し、疾患予防を行っていただきたいと思われます。

【関連記事】
メタボリックシンドロームは、糖尿病への近道か−治療と予防

男性ホルモンの減少が、生活習慣病や鬱病のリスクに?

自宅で糖尿病の検査ができる郵送キット