血液がんの一種の悪性リンパ腫が起きる仕組みを、小川誠司・東京大病院特任准教授(血液腫瘍学)らが解明し、4日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。一部の悪性リンパ腫では、胃炎など慢性的な炎症が引き金だった。炎症抑制が悪性リンパ腫の治療につながる可能性を示す成果として注目されそうだ。

悪性リンパ腫は、免疫機能を担うリンパ球にできるがんで、国内で年約8500人死亡している。

研究チームは、遺伝子を構成する物質「塩基」の配列の個人差を高効率で検出する技術を開発、悪性リンパ腫患者約300人で調べた。すると、主に消化管にできる「マルトリンパ腫」など2種類の悪性リンパ腫では、約2割の患者が、遺伝子A20の配列に変異があり働いていなかった。

この遺伝子は、炎症発生時にリンパ球が際限なく増殖しないようブレーキ役となっている。A20が働かない悪性リンパ腫細胞をマウスに移植すると、リンパ球が異常増殖、がんを発症した。A20が機能しない悪性リンパ腫細胞も、炎症で生じる刺激物質がないと増殖せず、炎症の有無ががん細胞増殖を左右していることが判明した。
([悪性リンパ腫]慢性炎症が引き金 東大チーム解明)


悪性リンパ腫は、リンパ節や全身のリンパ組織(胸腺、脾臓、扁桃腺、リンパ管など)に存在する、リンパ球系細胞の悪性腫瘍です(腫瘍の起源や、腫瘍化の過程も単一ではありません)。

若年者にもみられますが、30歳以上では年齢とともに増加します。男女比は2:1で男性に多いです。日本の悪性リンパ腫の発生率は10万人当たり約5人であり、欧米の約12人に比べて低いです(この理由としては、節性リンパ腫であるHodgkin病と濾胞性リンパ腫の発生率が低いためです。節外性リンパ腫の占める割合が相対的に高くなっています)。

病理組織学的所見から、Hodgkin(ホジキン)病と非Hodgkinリンパ腫(NHL)とに大別されます。ホジキン病は、リード-ステルンベルグ(Reed-Sternberg)細胞の出現する特徴のあるリンパ腫です(ただ、その起源はまだ分かってません)。

非ホジキンリンパ腫の大多数は、Bリンパ球あるいはTリンパ球の腫瘍であることが判明しています。そこで、非ホジキンリンパ腫は、形態学的特徴(病理学的分類)、細胞系質的特徴(B細胞性、T細胞性、NK細胞性)、染色体・遺伝子情報などをもとに分類されます。また、発症してからの病気の進行速度によっても分けることができます(年単位で進行する低悪性度、月単位で進行する中悪性度、週単位で進行する高悪性度など)。

一般的に低悪性度のものには、濾胞性リンパ腫、MALTリンパ腫などが該当し、中悪性度のものにはびまん性大細胞性B細胞性リンパ腫や未分化大細胞リンパ腫など、高悪性度のものにはリンパ芽球性リンパ腫、バーキットリンパ腫などが該当します。

このように、「悪性リンパ腫」という病名は、さまざまなリンパ系組織の悪性腫瘍を大きくまとめて呼んでいます。それぞれ性質が異なるため、最適な治療を選択する上では、「悪性リンパ腫の中のどのようなタイプなのか」ということが非常に重要になってきます。

上記のような主に消化管については、以下のように説明できると思われます。
消化管リンパ腫は、節外性リンパ腫の35%を占め、ほとんどは非ホジキンB細胞リンパ腫です。好発部位は胃(40〜70%)、回腸(約30%)、大腸(約10%)で、食道と十二指腸の発生例は少ないです。

消化管リンパ腫の大部分はB細胞性リンパ腫に占められ、びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(diffuse large B-cell lymphoma:DLBCL)が最も多く、次いで低悪性度MALTリンパ腫のMarginal zone B-cell lymphomaが続きます。

胃MALTリンパ腫では、ヘリコバクター・ピロリ感染と関連がみられ、除菌により60〜80%が寛解します。ただ、t(11;18)(q21;q21)転座の本体であるAPI2-MALTキメラ遺伝子を有する症例では、除菌が無効であるといわれています。

ただ、実際にt(11;18)転座をすべての症例で検索するのは困難であるため、stage兇泙任猟祕性度のH.pylori 陽性胃MALTリンパ腫においては、治療の第1選択として除菌療法を行うのが現実的であると考えられます。

除菌無効例に対しては、胃全摘術や全胃放射線療法(30グレイ)、CHOP療法(シクロホスファミド、アドリアマイシン 、ビンクリスチン、プレドニゾロン )3〜5コースに、放射線療法30グレイや抗CD20抗体(リツキシマブ)を併用することが多いです。

腸管リンパ腫のほとんどは、MALT型B細胞腫であり、多くは小腸に発生し、大腸リンパ腫はまれ(約9%程度)です。腫瘤形成性腸管MALTリンパ腫の多くは、high gradeで胃MALTリンパ腫ほど予後はよくないといわれています。

治療法としては、限局期(Stage 機銑1)のhigh gradeリンパ腫では、腫瘤部を含む部分切除と術後CHOP3コースと放射線療法などが行われます。放射線療法困難例では、CHOP8コースを追加します。進行期での化学療法前の病変切除は胃リンパ腫ほど確立されておらず、化学療法が中心となります。

慢性炎症が、悪性リンパ腫のトリガーとなる可能性がある、というのは、ピロリ菌との関連性が指摘されていることを考えると、納得しやすいのではないでしょうか。今後、その機序が解明されれて詳細が判明すれば、新たな治療法開発に大きな一助となるのではないでしょうか。

【関連記事】
悪性リンパ腫の新薬−フルダラ、セヴァリン

皮膚悪性リンパ腫−赤い湿疹にご注意

悪性リンパ腫に対する放射線治療を受けた−愛華みれさん