ステーキはよく焼いたものを好む人も多いが、焦げ目のついた肉を食べると膵癌リスクが増大する可能性のあることが、新しい研究で示された。

今回の研究では、前立腺、肺、結腸直腸、卵巣(PLCO)多施設スクリーニング試験の参加者約6万3,000人を対象とした肉の摂取、調理法や焼き加減の好みに関するデータを使用。9年間に208人が膵癌を発症した。よく焼いた(well done)ステーキを好む人は、あまり焼いていないステーキを好む人やステーキを食べない人に比べて膵癌になる比率が60%高かった。さらに、肉の総摂取量および焼き加減の好みに基づいて発癌物質の摂取量を推定した結果、最も摂取量が高い群は、最も低い群に比べて膵癌リスクが70%高かったという。

肉を焦げるまで炒めたり、グリルやバーベキューで焼いたりすると、オーブン料理や煮込み料理では生成しない発癌物質ができることがあると、研究を行った米ミネソタ大学公衆衛生学部(ミネアポリス)准教授のKristin Anderson氏は説明している。今回の研究は、米デンバーで開催された米国癌学会(AACR)年次集会で発表された。

A nderson氏は、肉を調理する際には、細菌が死滅するようによく火を通すべきだが、焦げさせないようにと勧めている。また、肉をグリルで焼く前に電子レンジで数分間過熱して肉汁を落とすと、発癌物質の前駆物質を減らすことができるという。「焦げた肉に生じる発癌物質によってリスクが増大するとは断言できないが、肉を調理するときは火を弱くするか、焦げた部分を切り落とすほうがよい」と同氏は述べている。
(焦げた肉は膵癌リスクを増大させる)


膵癌は、膵臓から発生した悪性腫瘍(上皮性悪性腫瘍)です。進行が早く、きわめて予後が悪いとされています。発生率は約1,000人に1人で、60〜70歳代の高齢者に多く、増加傾向にあるといわれています。

膵臓は膵液を産生する腺房、膵液を運ぶ膵管、および内分泌腺であるランゲルハンス島などからなりますが、膵癌の約90%は膵管から発生する膵管癌(ductal cell carcinoma)で、通常「膵癌」といえば膵管癌を指します。

発生部位により、膵癌は
∞稿部癌
∝溝良癌
g紅部癌(↓を合わせて膵体尾部癌)
ょ港澗隆
に分類されます。膵臓の中でも、膵頭部癌が約2/3で多く、周囲組織へ浸潤していきます。見つかりにくく(検診などでは普通、あまり膵臓癌を疑って検査をする、ということも少ないため)、診断時にはほとんどが進行癌です。

初発症状としては無痛性の黄疸が多く、皮膚黄染とともに右上腹部に胆嚢を触知します。基本的に、黄疸は血中のビリルビン濃度が2〜3 mg/dLを超える程度になると気づかれるようになります。黄疸では、黄色調の白目や皮膚と同時に褐色尿を訴え、患者さんによっては尿の色の変化を主訴に来院することもあります。皮膚の痒みを訴える場合もあり、黄疸の重要な徴候の1つとなっています。

他にも、腹痛、体重減少、黄疸、耐糖能異常などがありますが、初期には無症状のことが多いため、発見が遅れやすいとされています。進行癌になると背部痛、腹痛、下痢が出現します。中でも、膵臓の障害による2年以内の糖尿病発症、急激な体重減少は有力な診断の手掛かりとなります。

原因は明らかでありませんが、外部環境因子として喫煙、食習慣、飲酒、産業関連発癌物質などとの関係が示唆されています。特に、日本では肉類摂取に伴う高脂肪食および喫煙との関連が指摘されています。

内部環境因子としては、従来では糖尿病、慢性膵炎ないし膵石症、胆道疾患などとの関連が注目されておりますが、明らかな因果関係はなお立証されてはおりません。

治療としては、以下のようなものがあります。
膵頭部癌に対しては、一般的に第2群のリンパ節郭清を伴う膵切除術が行われます。さらに、後腹膜・大動脈周囲リンパ節や神経叢の広範囲郭清を伴う拡大郭清の手術も行われます。膵体尾部癌に対しては遠隔転移、高度リンパ節転移、周囲血管浸潤がなければ、膵体尾部脾切除術を行います。

化学療法としては、膵癌に対して確実に治療効果を示す抗癌剤は今のところないといわれています。ですが、Low dose FP療法(5-FU+低用量CDDP)や、Gemcitabine(商品名:ジェムザール)を基本薬剤として、GEM+5-FU、GEM+epirubicin、GEM+CDDP、GEM+TS1の併用療法が行われ、比較的高い奏効率が報告されています。

また、放射線療法が行われることもあり、術中照射、術後の体外照射など合計50グレイを照射します。最近は少量の化学療法とあわせた放射線化学療法が広く行われています。

ただ、治療成績は不良であるといわざるをえないでしょう。根治的治療として手術が行われますが、切除率が20〜40%と低く、切除できても5年生存率は10〜15%程度にとどまるといわれています。

上記の研究が、果たして本当に正しいのかどうかは分かりませんが、日常でちょっとした注意を行えば良いだけですので、できるだけ食べないように工夫されてはいかがでしょうか。

【関連記事】
膵癌との闘病生活を語る−作家・栗本薫さん

この40年で10倍に増えた膵臓ガン