アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の主役、碇シンジ役などで知られる声優の緒方恵美さんが、「自分は、知らないうちに鬱病にかかりかけていた」と2009年5月12日付けのメルマガで告白している。どんな状態だったのだろうか。

「1日中、ただぼーっとリビングの床に座っているだけ」「約1カ月間、何をする気力もおきませんでした。仕事に行く時だけ空元気で、それ以外は1日中、ただぼーっとリビングの床に座っているだけ。音楽を聴く気も、テレビをつける気も、ご飯を食べる気も、眠る気も、何もおきない」緒方さんは09年5月12日付けのメルマガでこう綴っている。

アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の主役、碇シンジ役や、「幽☆遊☆白書」の蔵馬役などを務め、歌手としても活躍している。順風満帆な緒方さんに何があったのか、と巨大掲示板「2ちゃんねる」でも話題になっている。

メルマガによると最近、緒方さんに大きな変化があったようだ。
1月からやってきたライブツアーが3月に終わり、8年続けてきたインターネットラジオも同月で終了した。特にライブは毎回、「ここで死んでもかまわない」と思うくらいに頑張ってきた。「ちょっと、頑張りすぎてしまいました」ともいう。その反動なのだろうか。

緒方さん曰く、何かを成し遂げた後に感じる「心地よい空虚感」ではなく、「何をする気も起きない、できない」という状態だった。

そんな時、たまたま精神科医・医学博士の斎藤茂太さんの「捨てる力がストレスに勝つ」という本を読み、「自分は、知らないうちに鬱病にかかりかけていたのだと知りました」。

緒方さんの所属事務所に今の様子などについて取材したが、答えは得られなかった。

「何事にも興味がわかず、楽しくない」「気力、意欲、集中力の低下を自覚する」「寝つきが悪くて、朝早く目がさめる」「食欲がなくなる」「人に会いたくなくなる」などがうつ病の代表的な症状だ。

日本精神科病院協会の常務理事を務め、あいせい紀年病院理事長の森隆夫医学博士は「うつ病は誰でもかかります。初期症状は『不眠』ですが、頭痛がする、食欲がなくなる、目がかすむ、といった内科的な症状が出てくることもあります。もちろん、これらの症状が出たら100%うつ病、ということではありませんが」
と説明する。

また、一生懸命、仕事などに打ち込んだ後に、うつ病になるケースは「荷下ろしうつ病」と呼ばれている。

「緒方さんの場合がどうかはわかりませんが、一般的な話として、荷物を抱えている時は気が張っていて元気だが、荷を下ろし、気が抜けた時にうつになるパターンで、昔からよくあります。何かに打ち込んだ後は、要注意です」
類似しているのが「引っ越しうつ病」だ。引っ越しが完了して、「さあ、これから新しい生活を始めよう」という時にうつになる。

「荷下ろしうつ病」は仕事ができる真面目な人がかかりやすい。ただ、根がしっかりした人だけに自分で回復する力を持っていて、3〜6ヶ月もすれば治るのが一般的だそうだ。

しかし最近、若者に増えている「逃避型うつ病」はストレスを受けている最中にうつになる。本人の弱さが根底にあるため、「慢性的になりやすく、治りにくい」そうだ。
(「エヴァ」声優緒方恵美が告白 「うつ病にかかりかけていた」)


「荷おろし抑うつ」は、第二次世界大戦で捕虜となった兵士が帰還した後、精神的あるいは肉体的負荷から解放されているにもかかわらず、うつ病になる例が多いことから検討がなされた、といった経緯のある疾患です。

1951年にシュルテ(Schulte W)が提唱したもので、引越し抑うつ、根こぎ抑うつなどと並んで、うつ病の状況論の先駆的存在となりました。今日では、躁うつ病の発病に状況や誘因(近親者が亡くなるなど)が関与していることは常識になっていますが、それを裏付ける一つの説となっています。

うつ病とは、悲哀、不安、抑うつ感などの気分の障害と、集中困難、全身倦怠感、活動性低下などの思考ならびに意欲の障害を特徴とする感情障害とされています。

発生頻度は、一般人口の 2〜3%といわれています。つまりは、100人に3人程度はうつ病になるという計算です。また、うつ病相に加えて、躁病相をもつ双極性障害は、0.5〜1%であるといわれています。平均発症年齢は20歳代後半〜30歳代といわれています。一般には20代以降に多く、女性が男性よりも2倍近く多い傾向があります。

うつ病の病因はまだ明らかではありませんが、これまでの研究からは神経伝達系、特にセロトニン神経系とノルアドレナリン神経系の関与が考えられてきております。また、最近の研究では抗うつ薬や抗躁薬が神経栄養因子を増加させることや、これらの薬剤が神経新生を促進することが明らかにされつつあり、新たな病因・病態仮説が提起されています。

その症状としては、
抑うつ気分:憂うつ感、悲哀感、不安・焦燥感、自責感など、朝方が悪い傾向にあります。
思考の異常:思考遅延、自己過小評価、とりこし苦労などがあります。
意欲・行動の異常:集中力・決断力の低下、動作緩慢、ときに不安焦燥による徘徊などがみられます。
身体症状:不眠、全身倦怠感、頭重感、胸内苦悶、息苦しさ、便秘、口乾、寝汗、性欲減退、月経不順などがあります。
といったものがあります。

また、その診断としてはDSM-犬箸い辰真巴粘霆爐あり、大うつ病エピソードの骨子は、〕泙Δ諜な、興味または喜びの喪失、B僚展詐、ど毀押↓ゾ覗腓泙燭論止、Π徃莽性または気力の減退、無価値感または罪責感、┿弭洋呂篏乎耄呂慮座爐泙燭老菽悩て顱↓希死念慮・自殺企図の9つの症状のうち5つが2週間の間に同時期に存在し、かつそのうち少なくとも1つは,泙燭廊△任△襪海箸箸気譴討い泙后

治療としては、以下のようなものがあります。
うつ病に対しては、抗うつ薬の服用が行われ、臨床的にその効果が実証されていると考えられています。ただし抗うつ薬の効果は必ずしも即効的ではなく、効果が明確に現れるには1〜3週間の継続的服用が必要です。

抗うつ薬のうち、従来より用いられてきた三環系あるいは四環系抗うつ薬は、口渇・便秘・眠気などの副作用が比較的多いです。これは、抗コリン作用、抗α1作用なども併せ持っているため、こうした副作用が現れると考えられます。

さらに、三環系抗うつ薬の場合、大量服用時にQT延長や急激な徐脈などの致死的な不整脈をきたす可能性があります。四環系抗うつ薬では、抗コリン作用や心毒性が比較的弱いといわれています。

近年開発された、セロトニン系に選択的に作用する薬剤SSRIや、セロトニンとノルアドレナリンに選択的に作用する薬剤SNRI等は副作用は比較的少ないとされています。ですが、臨床的効果は三環系抗うつ薬より弱いとされています。また、不安・焦燥が強い場合などは抗不安薬を、不眠が強い場合は睡眠導入剤を併用することも多いです。

ただ、SSRIであるフルボキサミン、パロキセチンはセロトニン受容体を刺激するため、投与初期に不安、焦燥や不眠を引き起こしたり、性機能障害などを生じることがあります。

また、肝臓の薬物代謝酵素チトクロームP450の阻害による薬物相互作用をきたしやすく、セロトニン症候群や薬物中止による離脱症状の可能性もあります。さらに、パロキセチンが18歳未満の大うつ病性障害患者において自殺念慮、自殺企図のリスクを増加させるとの報告があり、使用を控えるべきであるといわれています。

最近では、SSRI薬と攻撃性の高まりとの関連性が指摘されています。服用に際しましては、ご注意いただければ、と思われます。

さらにうつ病患者さん・家族の方におきましては、うつ病は医学の対象となる脳の病気であり、治療法として多くの選択肢があり,必ず回復すること、治療により症状が改善しても6ヶ月〜1年に及ぶ維持療法が必要であることをご理解いただければ、と思います。

また、励ましたり、「旅行に行ってみては」などと言うことは逆効果です。つかず離れず、放って置くが見放さない、といった様子で支えていただくことがよろしいかと思われます。

上記のケースでは、果たして現状がどういったものなのか、など詳細は不明ですが、症状からはうつ病が疑われるようです。しばらくは治療・静養なさっていただければ、と思われます。

【関連記事】
長引くうつ病…もしかしたら、気分変調症?

産後うつ病のメンタル・ケアや治療の拡充を