演歌歌手の松原のぶえ(47)が4日、都内の病院で生体腎臓移植手術からの退院会見を開き、順調な回復ぶりをアピールした。手術は5時間10分に及び、所属事務所社長で実弟の廣原伸輝氏(45)の左腎臓を移植。入院中には、かつて公私ともに親しかった作曲家の三木たかしさん(享年64)ら身近な人々も亡くし「一緒に(あの世に)連れていかれるかとも思った」と、死を意識した当時の心境を涙ながらに明かした。

ポロポロとこぼれ落ちる涙をぬぐい、松原は苦笑いした。三木たかしさんが亡くなったのは、5月14日の手術日の3日前。また、入院中には母方のおば、そしてペットの犬が2匹、次々と他界したという。「(入院中に)一気に大切なものが亡くなってしまった。一緒に連れていかれるかと思った」。死を覚悟した当時を思い、安どの涙が止まらなかった。

デビュー前から抱えていた腎臓病は、胸の内に隠して活動してきた。「歌の世界が好きで(芸能界に)入った。弱いところを見せて同情されたくなかった」と説明。所属レコード会社にまで病気を隠し、入院直前の4月下旬まで新曲「夢の星屑(かけら)」(9月2日発売)のレコーディングを行っていた。

実は1年前から透析なしでは生活できなくなり、孤独な闘病が始まっていた。顔は土色になり、足を伸ばせないため正座で寝たこともある。今年に入ってからは、1日おきに通院。「尿毒が頭に回って死ぬ一歩手前だった。ここ1年は人間をやってるのも嫌だった」という。

弟の左腎臓を松原の右腎臓に移植する手術は5時間にも及んだが、術後の経過は良好。透析の煩わしさからも解放され「トイレの仕方を忘れてました」と笑う顔は以前よりも白くなり、眼球の黄ばみも消えている。
(松原のぶえ「死ぬ一歩手前だった」)


腎不全とは腎の器質的もしくは機能的障害により、体液の量的・質的恒常性を維持できなくなった状態を意味します。数日から数週間で発症する急性腎不全と、数ヶ月から数年で完成する慢性腎不全に大別されます。

そもそも腎臓は、血液を濾過し、余分な老廃物や塩分を取り除くという、重要な役割を担っています。さらに、赤血球を作るホルモン、エリスロポエチンを作り、全身に酸素を行き渡らせたり、血圧を調整したりするなど、生命を維持する上で欠かすことのできない臓器です。腎不全では、こうした機能が喪失されてしまうわけです。

慢性腎不全とは、機能ネフロンが減少して不可逆性の腎機能低下を起こし、体液の恒常性を維持できなくなった状態を指します(慢性に経過し、かつ不可逆的に進行する腎機能障害)。

原因疾患としては、原発性腎疾患と続発性腎疾患があります。前者にはIgA腎症などの糸球体腎疾患と間質性腎疾患があり、後者には糖尿病、膠原病、アミロイドーシスなどがあります。

こうした腎機能障害の進展に伴い、以下のような症状を呈するようになってきます。Ccrとは、クレアチニンクリアランスのことであり、腎臓の濾過機能をみる有用な指標です。基準値は91〜130mL/分となっています。この値が低下することで以下のような症状がみられるようになります。
/婬’集詐期(Ccr>50ml/分):臨床的には無症状である。
代償性腎不全期(30<Ccr<50ml/分):夜間尿、軽度の貧血、軽度高血圧を示す。
H鸞綵性腎不全期(10<Ccr<30ml/分):全身倦怠感、多尿、中等度の貧血、高血圧がみられる。
で毒症期(Ccr<10ml/分):浮腫、肺水腫、高度貧血、重症の高血圧がみられる。

このように病態は多彩で、体液増大、血圧上昇、電解質異常、酸塩基平衡破綻、腎性貧血などにより各種の症状を呈することになります。機能するネフロン数の減少とともに進行していきます。

CRFの病期は機能するネフロン数の減少とともに進行していきます。上記のように、一般にCCrが50%以上に維持されていれば無症状で体液の恒常性も保たれます。CCrが50〜30%に低下すると、症状はみられないものの軽い高窒素血症や尿濃縮力障害などが出現します。

CCrが30%を切ると高窒素血症、貧血、高リン血症などがみられ、夜間多尿、易疲労感などの症状が発症します。CCrの低下とともに腎不全徴候は進行し、5〜10%以下になると末期腎不全(尿毒症)に陥ってしまう可能性があります。

尿毒症とは、末期腎不全にみられる尿毒症性毒素の蓄積と、生体の恒常性維持機構の破綻から生じる全身の諸臓器障害を指します。具体的な症状としては、
’毒症性脳症や尿毒症性精神病などの中枢神経障害
下肢静止不能症候群、灼熱足症候群などの尿毒症性末梢神経障害
腎性網膜症や尿毒症性黒内障、尿毒症性視力障害(弱視)などの眼障害
ぬ3个簷務个猟祺
デ戮Δ歎譴版擔綣霑である尿毒症性肺臓炎や尿毒症性胸膜炎、心不全、尿毒症性心膜炎などの呼吸・循環障害
η毒症性口臭(アミン臭)、食欲不振、悪心・嘔吐、下痢、消化性潰瘍、消化管出血などの消化器症状
などがみられます。

治療としては、以下のようなものがあります。
まずは食事療法として、蛋白制限、エネルギー必要量の確保、水・食塩摂取量制限、高カリウム食・高リン食の回避が必要となります。場合によっては必須アミノ酸併用を行います。

体重当たり0.6g/kg/日以下の蛋白制限と、これを補う高エネルギー食(35kcal/kg/日以上)が基本となり、BUN/Cr10以下を目標とします。高血圧や浮腫出現時には5g/日以下の食塩制限が、高カリウム血症時にはK制限も必要となります。

また、腎不全における治療としては、原因疾患に対する治療、血圧管理、腎性貧血の管理、腎保護作用を有する薬剤の使用などが重要となります。

慢性糸球体腎炎や間質性腎炎による慢性腎不全では、それらの原因が何か、生検組織の結果で細胞性半月体の存在や間質の炎症所見などによっては、ステロイド薬や免疫抑制薬による治療が適応となる場合があります。

原因疾患の如何にかかわらず、ACE阻害薬やアンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)は腎保護作用があるといわれています。ACE阻害薬の中では肝腎代謝のものが使用しやすいと考えられ、吸着性炭素であるクレメジンも進行抑制効果があるといわれています。ただ、クレメジンは吸着剤であり(投与量の少ない医薬品は吸着されやすい)、他剤との同時服用は避けて単独で服用するようにする必要があります。

降圧薬を使用し、十分な降圧はほかの合併症予防・進展阻止のみならず腎機能保護にも有用となります。ACE阻害薬やARBだけでなく、Ca拮抗薬や利尿薬も有用であると考えられます。

対症療法としては、高尿酸血症に対し尿酸生成阻害薬、高リン血症にP吸着薬(炭酸Caなど)、高カリウム血症に陽イオン交換樹脂、代謝性アシドーシスに炭酸水素Naが経口投与されます。

低カルシウム血症や高PTH血症に活性型ビタミンD製剤が投与されることもありますが、腎機能低下を促進する懸念があります。腎性貧血には遺伝子組み換えエリスロポエチンが使用されます。

こうした薬物療法でも治療継続が難しくなれば、透析療法の導入となります。末期腎不全に対しては、血液透析療法、腹膜透析療法(CAPD)、腎移植などが治療として考えられます。

ただ、血液透析の場合、一般的には毎回、最低4時間を必要とします。さらに、腎機能が廃絶している場合は、週に3回程度、透析療法が必要となり、多くの時間を治療に用いなくてはならないという状況になります。都市部ならばまだしも、透析可能な病院が遠いとなれば、透析のために多くの時間を必要とし、生活に支障をきたすことが考えられます。

腹膜透析の場合も、一日に数回腹腔内に透析液を注入・交換する必要があります。頻繁な通院から解放され、血液透析と比較すると拘束される時間が少ないという利点がありますが、透析を必要とする、ということには変わりなく、自宅を離れるといったことになれば、難渋すると思われます。

こうした難点があり、腎移植を望まれる患者さんも少なくないと考えられます。ですが、慢性的なドナー不足の問題もあり、そう簡単にも移植ができるというわけでもありません。

松原さんは幸いにも弟さんがドナーとなり、移植治療ができたようです。今後もしっかりと加療なさって、再び元気な姿を拝見できれば、と思われます。

【関連記事】
透析療法導入を遅らせることができる?取手方式

病気腎移植:癌か透析からの自由か…「生きる」ための選択