世界保健機関(WHO)が新型インフルエンザ(インフルエンザA/H1N1)が類例なく速いスピードで広がっていることを懸念する声明を出した。今まで100カ国から9万4000人以上の患者と400人の死亡者が発生した。

過去、インフルエンザウイルスがここまで拡散するのには半年以上かかったのに比べ、今回は6週間もかからなかったという。「追加拡散を到底的に阻めない状況」とし、各国政府に積極的な予防措置を促したマーガレット・チャンWHO事務総長の言葉に耳を傾けるべきだと判断される。

WHOの懸念とは違い、韓国社会は新型インフルエンザの症状が風邪程度と弱く、死亡率が低い点をあげ、大げさには考えない雰囲気だ。しかし油断は禁物なのだ。妊婦やぜんそく、高度肥満など慢性疾患がある患者たちは、重い症状を見せたり、ひどければ死に至ったりすることがあるというのがWHOの警告だ。

さらに警戒されるのは変種ウイルスの出現の可能性だ。過去に大流行したインフルエンザの場合、人どうしの転移過程を通じてより強力な形態に再拡散される前例が多かったという。保健専門家たちが北半球に寒風が吹き始める今秋を懸念する理由だ。実際に冬真っ盛りの南米では最近、死亡者と感染者数がどんどん増加している状況だ。
(【社説】新型インフルエンザを風邪のように軽くみると大変)


インフルエンザウイルスにはA・B・Cの3型があり、このうちA型(香港型H3N2、ソ連型H1N1)とB型がヒトのインフルエンザの原因となります(C型は小児期に感染し、呼吸器感染症の原因となる。ただし、明確な流行の形をとらない)。

一本鎖ネガティブRNAを遺伝子としてもち、A,B型は8分節(HA、NA、PA、PB1、PB2、M、NP、NS)、C型は7分節HE、PA、PB1、PB2、M、NP、NS) からなっています。このRNAは容易に組み換えがなされ、たとえば、1つの細胞に2種類のインフルエンザウイルスが感染していた場合など、新たなウィルス形成が容易にできてしまうという特性を持つと考えられています。

A、B型では、粒子表面に赤血球凝集素(HA)とノイラミニダーゼ(NA)が存在します。A型インフルエンザウイルスにはHA(赤血球凝集素)とNA(ノイラミニダーゼ)の変異が特に多く、年によって流行するウイルスの型はかなり異なります。そのため、A型は世界的に大流行が起こる可能性が高いと言われています。

今年、流行がみられている「新型インフルエンザ」は、A型インフルエンザウイルスであるといわれています(ブタ由来インフルエンザA/H1N1)。

インフルエンザによる臨床像やその診断については、以下のようなものがあります。
インフルエンザウィルスに感染すると、1〜2日の潜伏期の後、突然の発熱(38℃以上)、頭痛や全身の筋・関節痛などで発症し、鼻汁・鼻閉や咽頭痛、咳嗽などの呼吸器症状を呈します(B型よりもA型のほうが症状は強い)。

39〜40℃の発熱が 3〜5日持続し、急速に解熱しますが、倦怠感などが残ります。筋肉痛や関節痛、悪心・嘔吐、下痢、腹痛も起こりえます。下気道への進展例は咳、痰、胸痛などが起こることもあります。

通常、約1週間の経過でこうした症状は、自然に軽快しますが、高齢者や慢性肺疾患などの基礎疾患をもつ患者では肺炎球菌やインフルエンザ桿菌などによる二次性の細菌性肺炎、小児では中耳炎を合併する場合があるので注意が必要です。また、乳児などでは発熱以外に症状も少なく、非典型的な症状であることも多いです。

診断としては、今回の新型インフルエンザでは、新型インフルエンザA(H1N1)ウイルス感染の症例定義によると、
新型インフルエンザA(H1N1)ウイルス感染が確認された症例(confirmed case)は、インフルエンザ様症状を有し、次に示す検査のうち1つ以上のもので新型インフルエンザ感染を検査室で確定したヒトと定義する:
1.リアルタイムRT-PCR
2.ウイルス培養
新型インフルエンザA(H1N1)ウイルス感染の疑いが濃厚な症例(probable case)は、インフルエンザ様症状を有し、インフルエンザA型陽性であるが、インフルエンザのRT-PCRでH1及びH3が陰性であるヒトと定義する。
となっています(改訂版が出されている可能性もあります)。

今後も流行が危惧される疾患だけに、各国連携の上、しっかりと封じ込めや治療・予防の研究が必要になると考えられます。

【関連記事】
インフルエンザ対策−ワクチンへのアレルギーにご注意

どうしてインフルエンザは、毎年流行するのか?