家の中に旦那、娘、息子、と3人もアトピーの人間がいる家というのは珍しいだろうか。「子供がアトピーという難病を患ったため、わたしは全力で闘っている」と金銭問題で大トラブルに巻き込まれた社長のごとく力強く語る人がいる。アトピーはそれほど重大な病気なのだろうか? なぜアトピーは起こるのだろうか? 

■ そもそもアトピーって何?
そもそも「アトピー」とは「場所が特定されない」というギリシャ語の「アトポス」から由来しており、「アトピー性皮膚炎」のことをさすことが多い。小学校などでは、アレルギーの他の疾患、喘息や鼻炎などと区別するために、「アトピー」ではなく「アトピー性皮膚炎」と健康カードには記載する。通常は5歳ぐらいに発病し、学童時期に自然治癒するものであるとされてきた。

現象を端的に紹介すれば、皮膚の関節部分にかゆみを伴う炎症が起こり、時には出血やイボのようなできものができ、白い粉が出たり、透明な組織液が漏れだしてきたりする。風邪のようにアトピーが悪化した肌を触っても感染することはない。

■絶対にうつらないわけではない。「とびひ」になると注意が必要。
が、アトピーが悪化し「とびひ」となった場合は話しが別だ。漢字では「飛び火」と書き、まるで火事の飛び火のように感染が広がっていくことからそう呼ばれる。これはアトピー性皮膚炎で掻きこわした皮膚へ、黄色ブドウ球菌が付着することによって起こる。抗生物質などを飲んで対処するが、これを発病すると子供は全身かきむしり収拾がつかなっていく。感染の危険性を考え子供同士でもグラスは共用せず、発症の予兆があった場合は同じ部屋で寝かせないなどの配慮が必要となる。

■ 成人の発症
アトピーは子供だけの病気ではない。アレルギー疾患によっても起こり、幼児期にアトピーを発症していなくても、その後強烈なアレルギー物質を体内に取り込むとアトピーを発症する。旦那の場合はダイカストの工場などでのアレルギー物質を体内に大量に摂取した結果発病したのではないかと診断された。

工場でのアレルギー物質は自然界の数百倍。気がつけば日に焼けた黒い肌は赤い発疹に覆われ、かゆみを抑えるためにステロイド剤を塗布するようになっていた。「これは一生直らない」ドライヤーで炎症する皮膚を乾かしつつ、日々アトピーと戦っている。

■ 10年前のアトピー 
娘がアトピーを発病したのは2歳のころ。当時は「幼児の医療費」も大和市では「1歳児のみ」であったので、まずは費用面での困難が待ち受けていた。そして「皮膚科の専門医」ではなく「小児科医」に通っていたため、専門的な治療が遅れたこと。そして「ステロイドは身体に良くない!」といった「医療行為とは関係のない情報」「アトピービジネス」の情報に踊らされ、かなり苦労をした。
(アトピーベイビー/池田 智子)

アトピー性皮膚炎とは


アトピー性皮膚炎は、特徴的な湿疹の分布と寛解・増悪を繰り返す慢性・反復性の経過を特徴とする掻痒(かゆみのことです)性皮膚疾患です。患者さんの多くは、アトピー素因をもつといわれています。

ありふれた外界抗原に対する儀織▲譽襯ー反応が皮膚に起こり、慢性・再発性の掻痒を伴う湿疹が起こると考えられています(乳幼児期においては食物が抗原となることが多く、それ以後ではダニや花粉が抗原となることが多い)。

乳幼児の疾患であり学童期には自然軽快するものとされていましたが、最近では思春期や成人に至っても治癒しない慢性難治例が増加しているといわれています。全体の患者数も増加し、罹患率は全人口の約5%にのぼるといわれます。

アトピー性皮膚炎のピークは小児期と思春期の2つにあり、どちらの場合も自然治癒傾向を示すため、老人のアトピー性皮膚炎はほとんど存在しません。

アトピー性皮膚炎の発症に関与する遺伝的背景を変えることはできませんが、実際の皮膚病変の発症はこのように人生の限られた時期のものであり、病気をやりすごしてしまう治療を行うことが基本となります。

アトピー性皮膚炎の診断

症状としては、激しい掻痒を伴う湿疹が特徴です。頭部、顔面、体幹、および四肢のうち、特に肘・膝の屈側部などに出現します。

また、下眼瞼の皺襞形成〔Dennie-Morgan(デニー・モルガン)徴候〕や眉毛部外側の脱毛〔Hertoghe(ヘルトゲ)徴候〕などもみられます。ちなみに皮膚症状は、年齢により変化します。

乳幼児期では、顔面,頭部に紅斑や丘疹が出現し、次第に全身に拡大します。この時期では湿潤傾向が強いです。小児期では、皮膚は次第に乾燥性となり、苔癬化局面がみられます。思春期・成人期では、皮膚はさらに乾燥化し、角化性丘疹、落屑、肥厚、苔癬化も著明となります。

このように、年齢に応じた皮膚症状の確認と、鑑別疾患の除外が診断では重要です。鑑別疾患としては、接触皮膚炎と脂漏性湿疹、魚鱗癬、皮脂欠乏性湿疹、主婦手湿疹などがあります。接触皮膚炎では、原因物質の接触部位に一致した湿疹病変や、接触源の確認、パッチテストなどが行われます。

脂漏性湿疹では、脂漏部位に一致した湿疹がみられ、通常あまりかゆくないです。魚鱗癬は、アトピー性皮膚炎の約40%に合併がみられ、四肢伸側の魚鱗状の鱗屑がみられます。冬期に目立つという特徴があります。

皮脂欠乏性湿疹は、冬期など空気の乾燥した時期、高齢者にみられ、四肢、特に下肢を中心とした皮膚の乾燥、湿疹性病変がみられます。主婦手湿疹は、手荒れと湿疹反応です。アトピー性皮膚炎の一症状としてみられることがあります。

合併症として、喘息、アレルギー性鼻炎、結膜炎などがみられ、診断の一助となります。眼合併症としては、白内障、網膜剥離が重要で、重症アトピー性皮膚炎患者さんの20%前後にみられます。

ウイルス感染症としては、単純ヘルペスウイルスによるKaposi(カポジ)水痘様発疹症、モルスクムウイルスによる伝染性軟属腫(みずいぼ)がしばしばみられます。ほかにも、細菌感染症で、伝染性膿痂疹(とびひ)などがみられます。通常、黄色ブドウ球菌によりますが、最近では溶血性連鎖球菌性もみられ、この場合腎合併症に十分注意する必要があります。

アトピー性皮膚炎の治療

アトピー性皮膚炎の治療としては、以下のようなものがあります。
基本的には、対症療法が中心となります。ですが、多くの症例では加齢とともに自然寛解も期待されます。

症状がない、あるいはあっても軽微であり、日常生活に支障はなく薬物療法もあまり必要としません。あるいは、軽微ないし軽度の症状が持続するも急に悪化することは稀で、悪化しても遅延することはないという状態を保つことが治療の目標となります。

治療の中心は、外用療法です。ステロイド外用剤は、ランクでストロンゲスト、ベリーストロング、ストロング、ミディアム、ウィーク(強い順)に分類されます。これらを個々の皮疹の重症度に応じて適宜使い分けます。

重症の皮疹には強いステロイド外用剤が必要となります。一方、軽症の皮疹にはミディアムクラス以下のステロイド薬が基本となります。海外で数千例を対象とした全身へのタクロリムス軟膏0.1%(プロトピック軟膏)単独の治験では、アトピー性皮膚炎に非常に有用であるといわれています(ただ、国内では特に、顔面、頸部などでの使用が推奨されている)。また、濃度を低くした小児用プロトピック軟膏0.03%が国内でも使用可能となっています。

顔面のアトピー性皮膚炎治療には現在、タクロリムス軟膏(プロトピック)が主に使われています。ただし、プロトピックは傷があると使い始めに刺激感(ほてり、ひりひり感、痒みなど)を生じ、薬を塗れないこともありますので、傷がある場合には短期間(3〜4日)症状に応じたステロイド外用薬を塗り、症状を良くしてからプロトピックの使用を開始します。

一般には塗り薬を使う時には、痒みを軽くする抗ヒスタミン薬の内服を一緒に行います。また、顔面のアトピー性皮膚炎が生じる原因を医師とともに考えて、可能な範囲で避けることも大切です。洗顔や洗髪の方法や現在使用している石鹸、シャンプーなどを見直すことが必要な場合もあります。

まずは皮膚科専門医を受診し、こうした治療を行ってみることが重要であると考えられます。

【関連記事】
顔のアトピー性皮膚炎に悩む23歳女性

歯科治療で用いた金属が難治性皮膚病の原因に−掌蹠膿疱症