梅雨から夏の暑い時期になると、各種食中毒の話を耳にするようになる。昔と違って今はその頻度も少なくなったが、だからといって地球上から無くなったわけではないので、用心するにこしたことはない。

それら食中毒の中でも良く聞くのが「サルモネラ症(サルモネラ菌による食中毒)」。サルモネラ菌に汚染された食品を食べることで起因するもので、重度の下痢や腹部の痛みを伴う、非常に辛いものだ。

HealthDayではアメリカの疾病対策センターの話として、サルモネラ症について次の情報・注意事項を挙げている。気をつけておくと、リスクを低めることができるだろう。
・サルモネラ症は野菜をはじめ多くの食品が原因となる。特に卵や牛乳、牛豚鶏などの食肉において、「汚染」されることが多い。
・ペットの排出物がサルモネラ菌に汚染されていることもある。ペット自身やその排泄物の世話をした後に手を洗わないと、その人を経由してサルモネラ菌が他人に感染することもある。
・食品を十分に加熱することで、通常はサルモネラ症を予防できる(※卵の場合、70度で20分以上加熱調理をすれば死滅する卵殻表面汚染サルモネラの侵入性と加熱調理法による食中毒予防について)。
・加熱していない食肉と調理済みの食品との接触を防ぐ(感染の可能性があるため)。
・食品を準備、調理する時やしたあとで、手や調理器具をこまめに洗うこと。
サルモネラ症云々は別にしても、清潔な食環境を維持するには必要不可欠なことばかり。特に生ものの食品周りにおいては、夏場は注意した方がよい。

意外と油断してしまいがちなのが「まな板」。いくら食品に気を使っても、その食品を調理するまな板が菌だらけでは意味がない。洗剤や熱湯消毒への注意を怠らないのはもちろん、「まな板は常にきれいにする」ことを習慣づけるのが一番である。
(サルモネラによる食中毒を避けるために注意すべき5項目)

サルモネラ感染症とは


サルモネラは菌種の代わりに血清型で分類されます。現在、2,300以上ありますが、ヒトによくみられるのは約20種の血清型です。サルモネラの保菌動物は多く、食肉、卵、乳製品などの食品、ミドリガメ、イヌ、ネコなどのペット、ヒトの患者、保菌者などが感染源となります(人獣共通感染症であるため制圧は困難)。

Salmonella Enteritidisがここ10年間最多を占め、鶏卵関係食中毒に多いです。以前は、S.Typhimuriumが多かったですが、現在では第2位となっています。

1)胃腸炎、2)菌(敗)血症、3)局所感染症、4)チフス症、5)保菌者の異なる病型があります。胃腸炎が最も多いですが、胃腸炎に2)菌(敗)血症、3)局所感染症の合併、1)〜4)群の病後に保菌者となるなど、病型を単純に分けられないこともあります。

サルモネラは食品衛生法に基づく食中毒菌であり、行政的な調査・対応が必要な場合には保健所に24時間以内に届け出る必要があります。特に腸チフス、パラチフスは2類感染症であり、直ちに保健所に届け出る必要があります。

従来、発症には10^6〜10^9個程度の大量の菌が必要とされてきましたが、実際には10^1〜10^4の少ない量でも発症することがわかっています。年齢の両極端である小児と高齢者、基礎疾患をもつ易感染性宿主が罹患しやすく重症化しやすいため、予防が重要となっています。

サルモネラ感染症の診断


臨床像は多彩ですが、通常は胃腸炎症状がみられます。時に、腸管外感染を引き起こし、一過性の菌血症はまれではありません。さらに、髄膜炎、骨髄炎、関節炎、心内膜炎などの病巣感染を起こすことがあります。

無症状の保菌者も多く、胃腸炎の場合、12〜36時間の潜状期後発症し、38℃以上の発熱、1日10回以上の水様性下痢、腹痛、嘔吐がしばしばみられ、血便の頻度は入院例では20〜30%となっています。

緑色の水様下痢便が高率にみられ、小腸性といわれる激しい水様性下痢のために、脱水からショックに陥り死亡することもあります。

回復も遅れがちで、発熱が数日にわたり、下痢回復まで1週間以上かかるなど、その他の感染性腸炎よりも重症化することが多いです。髄膜炎は新生児に多いです。

症状軽快後も排菌が続く、いわゆる病後保菌者が多いことも特徴的です。1〜3か月、時に6か月にわたることもあります。

サルモネラを細菌培養で証明・確定診断ができます。増菌用選択培地があり、疑わしい場合には、その検査を行います。便からの菌証明が基本で、抗菌薬使用前の適切な検体を得ることが大切ですが、病型により血液、尿、胆汁や局所(膿、髄液、関節液など)、食中毒では推定原因食品なども培養対象とする必要があります。

不明熱では抗菌薬を一時中止し、菌検査をすることもあります。菌不明胃腸炎でも治療中止・終了後に再排菌も多く、繰り返し便培養をすると菌陽性となることがあります。

サルモネラ感染症の治療


サルモネラ感染症の治療としては、以下のようなものがあります。
治療は、対症療法が原則となります。下痢がみられるため、輸液は十分に行いますが、強力な止痢薬は除菌を遅らせるので避けます。

サルモネラは試験管内では多くの抗菌薬に感受性ですが、実際に有効な薬剤はアンピシリン(ABPC)、クロラムフェニコール(CP)、ST合剤、ニューキノロン薬、ホスホマイシン(FOM)、一部の第三世代セフェム薬(セフォタキシム、セフトリアキソン、セフォペラジン)に限定されています。

耐性菌出現の問題と抗菌薬が腸内常在菌叢を乱し除菌が遅れるため、基本的には単純な胃腸炎には抗菌薬を投与しません。ただし、易感染性宿主や重症例に対しては適応があり、その際にはニューキノロン薬、ABPC、FOMが選択薬であり、3〜5日、長くても1週間の経口投与を要します。腸管外感染の場合にはチフス性疾患に準じます(CP、ABPC 、ST合剤が選択薬であり、耐性菌の場合にニューキノロン薬、一部の第三世代セフェム薬が用いられる。常用量の4/3量を2週間経口投与する方法が一般的)。

まずは予防が大事です。特に食品を扱う際には、手洗いはもちろんのこと、しっかりと器具の消毒や食肉の熱処理を見直していただければと思われます。

【関連記事】
大腸炎で体調を崩して静養中−高木ブーさん

食中毒を起こしやすい行為 1−腸管出血性大腸菌O-157食中毒

食中毒を起こしやすい行為 2-ウェルシュ菌食中毒