“暗黒の臓器”といわれる膵臓とあって、膵臓ガンは早期発見が難しい。検査が難しいだけではなく、膵臓ガン特有の症状もない。

検査が難しいのは膵臓が多くの臓器に囲まれているからである。

症状には「腹痛」「背中の痛み」「食欲不振」「体重減少」などがあるが、これらは膵臓ガンでなくとも他の消化器疾患でも起きる、ごくありふれた症状。「胃が痛い」と訴えてある病院を受診した患者は、たまたま胃の検査で胃潰瘍が見つかり、膵臓ガンは見逃されてしまった。

平均でも、患者が症状を訴えて膵臓ガンがわかるまで、約3カ月はかかっているといわれている。

発見が遅れやすいだけに、着実に膵臓ガンの死亡者は増え続け、2004年には2万2260人となっている。

その1人に仲間入りしないためには、膵臓ガン発生のリスク要因を知っておくことである。リスク要因には、(1)「遺伝的要素」、(2)「糖尿病」、(3)「ヘビースモーカー」、(4)「慢性膵炎」など。

たとえば糖尿病の場合、本人は血糖コントロールをしっかりと行っているにもかかわらず、血糖値が大幅に乱れてしまうことがある。それは、膵臓にガンができたことで血糖コントロールがうまくできなくなるからである。

糖尿病でない人が急に血糖値が高くなったときも、膵臓ガンを疑ってみるべきである。このほか、白眼が黄色くなる黄疸で発見されることもある。この場合は、状況によっては早期に発見される。

いずれにしても、健康診断を受けるときは膵臓ガンを頭の片隅においておくべきである。

膵臓ガンの治療は「手術療法」「化学療法」「放射線療法」が3本柱となっている。患者のガンの進行状態によって、手術単独、手術+化学療法、手術+放射線療法などの組み合わせが行われる。

ただ、今日では手術の根治性を損ねることなく、残せる臓器はできるだけ残して術後のQOL(生活の質)を悪くしないようにしている。

膵臓は長さ20センチくらいの人参型の臓器で、十二指腸側から3つに分けられ、「膵頭部」「膵体部」「膵尾部」と呼ばれている。

たとえば手術療法の場合、以前はガンが膵頭部にできると「膵頭十二指腸切除」といって、膵頭部、十二指腸、胃を切除していた。それが今は、十二指腸の入り口3〜4センチと胃すべてを残す「温存膵頭十二指腸切除」に進歩している。

それでも、膵管にできる進行した膵管ガンでは、全摘を行っても良い結果に結びつかないので、化学療法や放射線療法が加わる。

が、膵臓ガンの国際的対応策はまだまだ研究途上とあって、やはり早期発見を心がけるべきである。
(膵臓ガン)

膵癌とは


膵臓は膵液を産生する腺房、膵液を運ぶ膵管、および内分泌腺であるランゲルハンス島などからなりますが、膵癌の約90%は膵管から発生する膵管癌(ductal cell carcinoma)で、通常「膵癌」といえば膵管癌を指します。

原発性に膵に発生する上皮性の悪性腫瘍を指し、これは外分泌系と内分泌系の腫瘍に分けられます。外分泌系の腫瘍が大多数を占め、これと異なる病像を示す内分泌系腫瘍は別に論ずることが多く、しばしば狭義に「膵癌」は膵外分泌系の悪性腫瘍に用いられます。

発生部位によっても膵癌は分けられ、
1)膵頭部癌
2)膵体部癌
3)膵尾部癌(膵体部癌、膵尾部癌を合わせて膵体尾部癌)
4)膵全体癌

に分類されます。膵臓の中でも、膵頭部癌が約2/3で多く、周囲組織へ浸潤していきます。見つかりにくく(検診などでは普通、あまり膵臓癌を疑って検査をする、ということも少ないため)、診断時にはほとんどが進行癌です。

膵臓癌は、進行が早く、きわめて予後が悪いとされています。発生率は約1,000人に1人で、60〜70歳代の高齢者に多く、増加傾向にあるといわれています。

厚生労働省の人口動態統計(2002年)によると、臓器別に見た悪性新生物による死因では男性で5番目、女性で7番目となります。近年増加の傾向にあり、年間2万人が死亡、年代別では60歳代に最も高頻度にみられます。男女比は1.6:1と男性にやや多い傾向があります。

原因は明らかではありませんが、外部環境因子としては喫煙、食習慣、飲酒などが、内部環境因子としては糖尿病、慢性膵炎などが注目されています。

膵癌の診断


初発症状としては無痛性の黄疸が多く、皮膚黄染とともに右上腹部に胆嚢を触知します。基本的に、黄疸は血中のビリルビン濃度が2〜3 mg/dLを超える程度になると気づかれるようになります。黄疸では、黄色調の白目や皮膚と同時に褐色尿を訴え、患者さんによっては尿の色の変化を主訴に来院することもあります。皮膚の痒みを訴える場合もあり、黄疸の重要な徴候の1つとなっています。

他にも、腹痛、体重減少、黄疸、耐糖能異常などがありますが、初期には無症状のことが多いため、発見が遅れやすいとされています。進行癌になると背部痛、腹痛、下痢が出現します。中でも、膵臓の障害による2年以内の糖尿病発症、急激な体重減少は有力な診断の手掛かりとなります。

血液生化学検査では、黄疸の程度と並行して血清総ビリルビン値の上昇を認めます。閉塞性黄疸か否かは、直接ビリルビンの増加で鑑別できます。腫瘍マーカーでは、CEA、CA19-9、DUPAN2など種々の血清中腫瘍マーカーが上昇してきます。なかでも、CA19-9の陽性率は60〜80%と高いといわれています。

一般に、術前に腫瘍マーカーが高値の症例では腫瘍の切除により腫瘍マーカーは低下するので、術後再発のモニターとして有用です。腫瘍径が1.0cm以下の膵癌での陽性率は低く、CA19-9でも早期診断の有用性は低いです。

画像診断では、超音波検査、CT、ERCP、MRCP、EUSなどが存在診断や局所進行度、リンパ節転移の有無などの広がりの診断に重要です。

超音波検査では、腫瘍そのものをとらえる直接所見としては、低エコーを示す腫瘤像がみられます。腫瘍による間接所見としては、膵管の閉塞・拡張、胆管の拡張などがあります。

超音波検査はスクリーニングに適しており、通常型膵管癌は内部低エコーないし不均一な斑状エコーを呈する腫瘤として描出されます。腫瘍より上流の胆管や膵管の拡張所見は有用です。

CT検査では、腫瘍はlow density massとして描出されます。その尾側膵管は拡張し、膵実質は萎縮しています。また膵前面、後面への腫瘍の浸潤の程度、門脈や上腸間膜動脈への浸潤の有無、転移リンパ節の有無も判定できます。

腹部血管造影では一般に血管に乏しくで腫瘍濃染像はみられません。血管への浸潤を反映する癌性狭窄や門脈造影所見は手術適応の判断や術式の選択に有用です。

内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)は、膵管の狭窄、圧排、閉塞あるいは断裂、拡張像などにより腫瘍の存在診断が可能となります。その際、十二指腸内腔を観察し、癌浸潤によるびらん、潰瘍の有無を把握します。

最近では、ERCPに代わって比較的鮮明な膵管、胆管像が得られるMRCPが施行されます。ERCPでは得られない閉塞部より末梢の膵管拡張が描出されることもあります。

確定診断は、膵液細胞診で癌細胞が検出されたり、各種の画像診断で腫瘤の浸潤所見が明らか(特に胆管、胃十二指腸壁、脈管への浸潤所見)が認められて判断できます。

膵癌の治療


膵癌の治療としては、以下のようなものがあります。
膵頭部癌に対しては、一般的に第2群のリンパ節郭清を伴う膵切除術が行われます。さらに、後腹膜・大動脈周囲リンパ節や神経叢の広範囲郭清を伴う拡大郭清の手術も行われます。膵体尾部癌に対しては遠隔転移、高度リンパ節転移、周囲血管浸潤がなければ、膵体尾部脾切除術を行います。

化学療法としては、膵癌に対して確実に治療効果を示す抗癌剤は今のところないといわれています。ですが、Low dose FP療法(5-FU+低用量CDDP)や、Gemcitabine(商品名:ジェムザール)を基本薬剤として、GEM+5-FU、GEM+epirubicin、GEM+CDDP、GEM+TS1の併用療法が行われ、比較的高い奏効率が報告されています。

また、放射線療法が行われることもあり、術中照射、術後の体外照射など合計50グレイを照射します。最近は少量の化学療法とあわせた放射線化学療法が広く行われています。

ただ、治療成績は不良であるといわざるをえないでしょう。根治的治療として手術が行われますが、切除率が20〜40%と低く、切除できても5年生存率は10〜15%程度にとどまるといわれています。

予防のため、まずは出来ることから。禁煙を行い、お酒を控える、肉類摂取に伴う高脂肪食を控える…こうしたことが重要であり、実践しやすいものではないでしょうか。

【関連記事】
膵癌のリスクになる?焦げた肉にご注意

膵癌との闘病生活を語る−作家・栗本薫さん