お笑いタレントの出川哲朗(45)の体がとんでもないことになっていることを、自身のブログに書いている。

人間ドックに行った結果があまりにも酷かったのだ。
・中性脂肪:E
・コレステロール:E
・ガンマGTP:E
・結石発見

ここで言う「E」とは「治療が必要と判断される異常が認められます」というレベルのダメージ。さらに、出川の体内にはとんでもない数のピロリ菌がいるとのことだ。

だが、出川は「デガチャンマンは大好物のコーラとマヨネーズがやめられない正義のヒーローが、成人病だっていいじゃないか頑張れ! デガチャンマン 成人病のヒーロー! デガチャンマン」と開き直っている。

そんな出川の態度に対し、コメント欄では「そんなにやばいんですか?! 元気な出川さんが大好きなので体は大事にしてくださいっ」「俺、てっちゃんの事好きだから、お願いだから長生きして~」「いやいやいや…しっかり治しましょうよ(苦笑)俺らは病気になった出川さん見たくないですから。それに、ピロリ菌は笑い事ではないですよ。ほんとにコワいんですから。治せるものはしっかり治しましょう!」と出川のことを心配するコメントが続々と寄せられている。
(出川哲朗 体内にとんでもない数のピロリ菌がいた)

高脂血症とは


高脂血症とは、空腹時の血清中の総コレステロール濃度が 220 mg/dl以上(LDL-コレステロール濃度が 140 mg/dl以上)、中性脂肪濃度が150 mg/dl以上の状態をいいます。高脂血症は、家族性あるいは特発性に発症する原発性と、基礎疾患がありそれに随伴して発症する二次性とに分類されます。

高コレステロール血症とは、血中のコレステロール値が増加する状態を指します。空腹時の総コレステロール(TC)値が220mg/dL以上、LDLコレステロール(LDL-C)値が140mg/dL以上の場合を指します。

LDLコレステロールはいわゆる「悪玉コレステロール」、HDLコレステロールは「善玉コレステロール」といわれ、前者はその値が高いと問題となり、後者は少ないことが問題となります。現在、HDLはコレステロールの逆転送にかかわると考えられており、低HDL血症は粥状動脈硬化のリスクファクターの一つとされています。

高コレステロール血症は、20歳以降に加齢に伴い徐々に増加していきます。特に女性では、更年期を機に急速に増加する傾向にあります。

総コレステロール値は、LDL、HDL、VLDL中のコレステリルエステルの総和となっています。つまり、総コレステロール値が基準範囲内であっても、LDLの値が高い(その際、HDLが少ない状態であるとも考えられる)、という状態も考えられ、注意が必要となります。

高コレステロール血症は、それ単体では自覚症状を伴いません。ですが、高HDLコレステロール血症以外の高コレステロール血症は、虚血性心疾患や脳梗塞、閉塞性動脈硬化症といった動脈硬化性疾患の最も重要なリスクファクターであると考えられています。

そのため、これら疾患の予防または再発予防のために、高コレステロール血症の治療を行うことは非常に重要です。

一方、高トリグリセリド(中性脂肪)血症は、高コレステロール血症に比べると冠動脈疾患などの危険因子としての重要性は低いものとの評価がなされがちでありましたが、いくつかの大規模臨床試験の結果から、高トリグリセリド血症は明らかに冠動脈疾患の独立した危険因子であり、特に糖尿病では積極的な薬物療法により冠動脈疾患の発症・進展が予防されるとされています。

また、血清トリグリセリド値が2,000mg/dLに達すると、急性膵炎のリスクが急激に増加するため、注意が必要です。

さらに、高トリグリセリド血症では、RLP-Cに代表されるレムナント分画やsmall、dense LDLなどの動脈硬化惹起性リポ蛋白の増加、低HDLコレステロール血症、高血圧や耐糖能異常を合併し、いわゆるメタボリックシンドロームを呈することが多く、このことが冠危険因子としての高トリグリセリド血症の重要性を支持するものとなります。

高脂血症の治療


高脂血症の治療としては、以下のようなものがあります。
まず、食事療法、運動療法などによるライフスタイル改善が根幹にあります。カロリー制限・栄養素配分などに加え、1日3食の配分をほぼ均等にし、間食をしないなどの食生活の改善も重要です。

3〜6ヶ月観察しても管理基準に達しない場合には、薬物療法を開始します。ただ、動脈硬化性疾患を生じた症例や、LDL-C値が200mg/dLを超えておりライフスタイル改善のみではコントロール困難な症例では、早期から薬物療法を開始します。

薬物療法としては、HMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)、陰イオン交換樹脂、プロブコールのいずれか単独、あるいは適宜併用にてコントロールを図ります。ただ、高脂血症治療として、LDLコレステロール値が優位に上昇している場合はスタチン、中性脂肪値が優位に上昇している場合にはフィブラート系薬剤、あるいはニコチン酸誘導体を第1選択薬として用います。

スタチンは、コレステロール生合成系の律速酵素であるHMG-CoA還元酵素を特異的かつ拮抗的に阻害するといわれています。つまり、スタチンは体内でのコレステロール合成を阻害し、血清コレステロール値を低下させることで高コレステロール血症を治療する薬と言えると思われます。

こうした作用は、コレステロール合成の主要臓器である肝臓、小腸に選択的であり、血清コレステロール値を低下させ、血清脂質を改善させるといわれています。

ただ、副作用として筋肉痛、CK(クレアチニンキナーゼ)上昇、横紋筋融解が起こる可能性があり、とくに腎機能低下例、フィブラート系薬剤やエリスロマイシンとの併用時には注意が必要であると考えられています。さらに、肝機能異常も起こりえます。

まずはしっかりと生活習慣を見直して、出来ることならば定期的に通院して経過をみていくことが望まれます。

【関連記事】
高脂血症治療薬「スタチン」開発者・遠藤章氏にラスカー賞

BMIが痩せでも、高血糖や高脂血症など血液検査異常の可能性