読売新聞の医療相談室で、以下のような相談がなされていました。
胃の内視鏡検査で「バレット食道」と告げられました。治療法がないとの説明にショックを受けています。どんな病気で、どうすればいいのか教えてください。(79歳女性)

この相談に対して、島根大病院・消化器内科教授である木下芳一先生は以下のようにお答えになっています。
バレット食道とは、胃と接している食道の部分に炎症が起こり、食道の粘膜が胃や腸に似た別の粘膜に変質する病気で、とてもよく見られます。原因は胃液が食道に逆流して胸やけなどの症状が表れる「逆流性食道炎」と考えられていますが、多くは症状がなく、胃の内視鏡検査でたまたま発見されるのが一般的です。

質問者は朝、口の中がカラカラになるようですが、これも胃液の逆流で起きる場合があります。こうした症状や胸やけなどがある方は、逆流性食道炎と同様に胃酸を減らす薬を飲めば、多くの場合は症状が軽くなります。

バレット食道自体の治療は、変質した粘膜を内視鏡を使って焼き、食道本来の粘膜の再生を誘導するいくつかの方法が開発中です。どのような方が治療を受けるべきか、どの治療法が最も有効で安全性が高いかなどが検討されています。


バレット食道とは


バレット食道とは、胃液による逆流性食道炎などが原因で、難治性潰瘍の治癒再生過程に、円柱上皮が胃噴門部から連続して食道粘膜と入れ替わったものをいいます(要は、慢性的に胃液などが付くことで、粘膜が別の組織に変わる)。

定義としては、「本来、重層扁平上皮が存在すべき食道が、胃側より連続して円柱上皮(Barrett粘膜)で覆われており、その長さが食道胃接合部より3cm以上存在するもの」とされています。

臨床症状は、逆流性食道炎と似ており、慢性に経過し出血や瘢痕狭窄を来しやすいです。胸やけ、呑酸(口が酸っぱくなる感じ)が代表的ですが、逆流により非心臓性胸痛、嗄声、咽喉頭違和感、呼吸器感染症、気管支喘息なども起こることがあります。

バレット食道の治療とは


バレット食道の治療としては、以下のようなものがあります。
バレット食道で問題になるのは、粘膜が変質した範囲が3センチ以上になると将来的にがん化の恐れがあることです。そのような方は多くはないものの、例えば年に1回などと定期的に内視鏡検査を受ける方がよいでしょう。一方、3センチ以下なら危険性は低くなりますので、検診の間隔を長めにできると考えられています。

ただ、3センチ以上でも胸焼けなどの自覚症状がない方はたくさんおられます。消化器に詳しい医師に、将来的ながん化の危険性について相談し、定期的な検診の計画を立ててもらってください。

バレット食道で逆流性食道炎を合併する場合には、逆流性食道炎に対する治療を行います。バレット上皮からの発癌予防には、アルゴンプラズマ凝固やレーザーを用いた焼却法や、PPI(プロトンポンプ阻害薬)の有効性が報告されていますが、現在のところ研究段階です。

基本的に腺癌の発生を念頭において、内視鏡検査で経過観察(6ヶ月〜1年に1回)を行います。

Barrett食道からは、腺癌が生じやすく、その頻度は扁平上皮から扁平上皮癌が生じるのに比べて数倍から数十倍との報告が多いです。しかも腸上皮化生を伴うに高頻度に腺癌が生じることが知られています。

そのため相談者の方は、内視鏡検査などの検診を受けることが重要であると考えられます。

【関連記事】
食道潰瘍による狭窄で、嚥下困難を生じた30歳女性

食道癌が再発し、治療継続を悩む76歳男性