yomiDrの医療相談室に、「血圧の上下の差が100近く」が掲載されていました。
高血圧の薬を飲んでいます。上が160台の時は、下が70台といった状態で、上下の差が100近くあります。主治医は問題がないと言いますが、不整脈の持病もあり、不安です。(80歳女性)

この相談に対し、東京医大八王子 医療センター病院長である高沢謙二先生は、以下のようにお答えになっています。
心臓は、収縮と拡張を繰り返して血液を送り出しています。直径30〜40ミリの大動脈から段階を経て毛細血管に到達し、血液とともに酸素と栄養が体の隅々まで運ばれます。

一般的に血圧の測定値は、心臓が収縮して、血液を送り出した時の圧力(上の血圧)と、血液が戻り心臓が拡張する時の圧力(下の血圧)を指します。

加齢などにより動脈硬化が進むと、上の血圧が高いのに、下の血圧が下がる状態になります。これは、心臓に近く太い血管の動脈硬化が進行していることを意味しており、家庭で測る血圧の基準値(上が135以下、下が85以下)よりも低いからといって、安心はできません。

60歳代以降の場合は最近、血管全体にかかる圧力を示す「平均血圧」と、心臓が血液を送り出す拍動の大きさである「脈圧」の考え方が重要視されています。

平均血圧は、「下の血圧+(上の血圧―下の血圧)÷3」、脈圧は「上の血圧―下の血圧」の計算式で大まかに求めることが可能です。目標値は、平均血圧が90以下、脈圧が60以下です。 ご質問者は、平均血圧が100前後、脈圧が90以上であり、いずれも目標値を上回っています。心筋梗塞や脳卒中を起こす危険性が高い状態です。

上の血圧を130〜140に抑えることが理想ですが、まずは140〜150を目指してください。生活習慣の改善だけでなく、降圧薬の増量や薬剤の変更を主治医に相談した方が良いでしょう。

平均血圧とは


平均血圧は、動脈圧の1周期全体を通じての平均値です。「末梢の細い血管の動脈硬化を知るための指標」となります。平均血圧は100 mmHgを超えないよう、できれば95 mmHg未満であることが望ましいとされています。

平均血圧が高くなってきた=動脈硬化の始まり、とお考えいただき、心筋梗塞や脳卒中に気をつけた方がいいと考えられるわけです。

脈圧とは


「脈圧」とは、収縮期血圧(最高血圧)と拡張期血圧(最小血圧)の差です。簡単にいえば心臓が血液を送り出す時に生まれる圧です。送り出す血液の量が増えると大きくなりますが、脈圧を大きくする決定的な要因は、太い血管の動脈硬化です。

脈圧は、太い血管の動脈硬化が進むにつれて大きくなります。50〜60代になると、大きな脈圧の影響を受けて、
下の血圧が下がってくるからです。脈圧値はおおむね50 前後が目安ですが、上の血圧と下の血圧の差が大きくなり脈圧値が上がるほど、心筋梗塞などの心臓病を発症するリスクが増すと考えられます。

上の血圧が高いのに下の血圧が低い=動脈硬化が細い血管にも太い血管にも起きている、ということを示しています。

これら平均血圧、脈圧ともに把握し、動脈硬化にお気をつけていただき、特に中高年の方々は心筋梗塞や脳卒中のリスクを知っておく必要があると考えられます。

【関連記事】
生活の中の医学