yomiDrの医療相談室に、「がんで胃を全摘 体重が激減」が掲載されていました。
7年前に胃がんで胃の全摘手術を受けてから、体重が減り続け、手術前よりも15 Kg 以上少ない36 Kg です。体力を落とさないために4〜5 Kg増やしたいのですが、良い方法はないでしょうか。(62歳女性)

この相談に対して、胃を切った人友の会 「アルファ・クラブ」会長 慈恵医大客員教授である青木照明先生は以下のようにお答えになっています。
胃を切除すると、ほとんどの人は体重が減り、全摘した人では9割以上が、5年以上経過しても手術前の体重に戻りません。胃を失うことで、栄養の消化吸収の機能が悪くなるためと理解されていますが、原因はそれだけではありません。

胃は、食欲ホルモンである「グレリン」の9割以上を分泌する臓器であり、切除されることでグレリンが激減します。グレリンの量が急に減ることで、骨や筋肉などの代謝が低下し、体重減少につながることがわかってきました。

こうした病的な体重減少は、脂肪だけでなく、筋肉・骨量が減って運動機能に悪影響を及ぼし、貧血も起こします。

これまでは、胃を失っても、時間が経過すれば、腸が代わりを果たして食べられるようになると言われていましたが、食べられる量が増えても、胃酸やペプシンなどの消化液の分泌は失われています。これらとともに作用する膵液すいえきや胆汁などの消化液の働きも著しく阻害され、消化不良と栄養吸収障害が起こります。

対策としてはまず、よくかむこと。唾液には消化酵素が含まれており、小腸での消化を助ける働きがあります。さらに、医師から消化酵素薬を処方してもらい、常に食事と一緒に服用します。必要な栄養をバランス良く摂取できる流動食型の栄養補助食品も積極的に活用してください。

これらに加えて、吸収された栄養を取り込むため、適度な運動習慣を身につけることも必要です。
胃を切った人 友の会 アルファクラブ」では、「胃がん手術後の食べ方リハビリ」と題し、具体的な方法が掲載されています。

上記ページでは、胃癌術後になにを食べたらいいのか、不快感や体調不良を防ぐ方法はどのようなものなのか、など実際の患者さんの状態に即したアドバイスが多数紹介されています。

特にダンピング症候群といって、食後20−30分以内に冷汗、動悸、めまい、熱感、顔面紅潮などの全身症状と、腹鳴、腹痛、下痢、腹部膨満など腹部症状が4〜5分持続する早期の症状と、食後2〜3時間後に低血糖症状を伴う後期の症状が起こることがあり、このような合併症についても対策が掲載されていました。

ご家族の方ができる対策もあり、ご参考にされてはいかがでしょうか。

【関連記事】
生活の中の医学