皮膚で作られるタンパク質「インターロイキン33(IL−33)」が過剰に作り出されると免疫細胞を刺激してアトピー性皮膚炎を発症するメカニズムを、兵庫医科大と三重大の研究チームがマウスを使った実験で明らかにし、5日付の米科学アカデミー紀要電子版に発表した。アトピー性皮膚炎の患者は国内で約37万人に上るとされるが対症療法しかなく、IL−33の増加を止める治療薬の開発につながると期待される。

IL−33は皮膚表面の細胞内に存在し、アトピー性皮膚炎の患者にはIL−33が通常より多いことが分かっていたが、発症との詳しい因果関係は不明だった。

研究チームはIL−33を通常の約10倍多く作るマウスを遺伝子操作で作製。すると、生後6〜8週間で顔や手足などに皮膚炎を発症し、顔などをかきむしる様子が観察された。かゆみを引き起こす化学物質「ヒスタミン」を分泌する肥満細胞が通常マウスの約3倍に増加。皮膚や血液にはアレルギーに関係する特殊な2型自然リンパ球も増え、湿疹のもととなる好酸球を増やすタンパク質「IL−5」を作り出していた。

一方、IL−5の作用を中和させる抗体を投与すると症状は改善したという。
兵庫医科大の山西清文主任教授(皮膚科学)は「IL−33がアトピー性皮膚炎の発症に極めて重要な役割を果たすことが明らかになった。IL−33や自然リンパ球を標的とした治療薬の開発が期待される」と話している。
(アトピー発症メカニズム解明 兵庫医大などのチーム)

アトピー性皮膚炎とは


アトピー性皮膚炎は、特徴的な湿疹の分布と寛解・増悪を繰り返す慢性・反復性の経過を特徴とする掻痒(かゆみのことです)性皮膚疾患です。患者さんの多くは、アトピー素因をもつといわれています。

ありふれた外界抗原に対する儀織▲譽襯ー反応が皮膚に起こり、慢性・再発性の掻痒を伴う湿疹が起こると考えられています(乳幼児期においては食物が抗原となることが多く、それ以後ではダニや花粉が抗原となることが多い)。

乳幼児の疾患であり学童期には自然軽快するものとされていましたが、最近では思春期や成人に至っても治癒しない慢性難治例が増加しているといわれています。全体の患者数も増加し、罹患率は全人口の約5%にのぼるといわれます。

アトピー性皮膚炎のピークは小児期と思春期の2つにあり、どちらの場合も自然治癒傾向を示すため、老人のアトピー性皮膚炎はほとんど存在しません。

症状としては、激しい掻痒を伴う湿疹が特徴です。頭部、顔面、体幹、および四肢のうち、特に肘・膝の屈側部などに出現します。

また、下眼瞼の皺襞形成〔Dennie-Morgan(デニー・モルガン)徴候〕や眉毛部外側の脱毛〔Hertoghe(ヘルトゲ)徴候〕などもみられます。ちなみに皮膚症状は、年齢により変化します。

乳幼児期では、顔面,頭部に紅斑や丘疹が出現し、次第に全身に拡大します。この時期では湿潤傾向が強いです。小児期では、皮膚は次第に乾燥性となり、苔癬化局面がみられます。思春期・成人期では、皮膚はさらに乾燥化し、角化性丘疹、落屑、肥厚、苔癬化も著明となります。

このように、年齢に応じた皮膚症状の確認と、鑑別疾患の除外が診断では重要です。鑑別疾患としては、接触皮膚炎と脂漏性湿疹、魚鱗癬、皮脂欠乏性湿疹、主婦手湿疹などがあります。接触皮膚炎では、原因物質の接触部位に一致した湿疹病変や、接触源の確認、パッチテストなどが行われます。

脂漏性湿疹では、脂漏部位に一致した湿疹がみられ、通常あまりかゆくないです。魚鱗癬は、アトピー性皮膚炎の約40%に合併がみられ、四肢伸側の魚鱗状の鱗屑がみられます。冬期に目立つという特徴があります。

皮脂欠乏性湿疹は、冬期など空気の乾燥した時期、高齢者にみられ、四肢、特に下肢を中心とした皮膚の乾燥、湿疹性病変がみられます。主婦手湿疹は、手荒れと湿疹反応です。アトピー性皮膚炎の一症状としてみられることがあります。

合併症として、喘息、アレルギー性鼻炎、結膜炎などがみられ、診断の一助となります。眼合併症としては、白内障、網膜剥離が重要で、重症アトピー性皮膚炎患者さんの20%前後にみられます。

ウイルス感染症としては、単純ヘルペスウイルスによるKaposi(カポジ)水痘様発疹症、モルスクムウイルスによる伝染性軟属腫(みずいぼ)がしばしばみられます。ほかにも、細菌感染症で、伝染性膿痂疹(とびひ)などがみられます。通常、黄色ブドウ球菌によりますが、最近では溶血性連鎖球菌性もみられ、この場合腎合併症に十分注意する必要があります。

IL(インターロイキン)-33とは


インターロイキン(Interleukin)は、一群のサイトカインで、白血球によって分泌され、細胞間(inter-)コミュニケーションの機能を果たすものです。免疫系の機能は多くをインターロイキンに負っており、自己免疫疾患や免疫不全の多くの難病もインターロイキンに関係しています。

細胞間(inter-) ・白血球(leukocyte → -leukin) よりInterleukinと名づけられました。現在までに30種類以上のインターロイキンが同定され、発見された順番に番号が付与されており、中にはケモカイン (IL-8)やインターフェロン
(IL-28/29) など他のサイトカインにも分類されているインターロイキンもあります。

IL-33は、IL-4、IL-5やIL-13などのTh2細胞に関連するサイトカインを誘導し、複数の炎症に関連した生物反応を引き起こします。

ヒトにおけるIL-33の発現様式については、内皮細胞、上皮細胞や脂肪細胞、胃・肺・皮膚・リンパ節・腎臓など様々な組織や細胞においてその存在が確認されています。IL-33は寄生虫防御や、喘息・鼻炎・副鼻腔炎などのアレルギー性疾患、関節炎・糖尿病・炎症性腸疾患・SLEの発症、さらにはアルツハイマー病や心疾患の発症にも関与していることから、様々な疾患に幅広く関与していると考えられています。

【関連記事】
生活の中の医学

顔のアトピー性皮膚炎に悩む23歳女性

アトピー性皮膚炎の症状と治療とは