「ダウンタウン」の浜田雅功(50)の長男でロックバンド「OKAMOTO’S」のベーシスト、ハマ・オカモト(22)が2日、尿管結石で救急搬送されていたことが分かった。3日付の自身のブログで明かした。

 ハマ・オカモトは3年前にも尿管結石を患っていたことを明かし、「“もうこないんじゃね?”と思っていた、僕がバカだったのです」と激痛に苦しんだ朝を振り返った。

 午前4時過ぎ、寝ようとベッドに横になると「起きていたはずなのに、強盗が入ってきたのです。気がつくと、僕の脇腹は太い銛で刺されていました」と痛みに襲われた感覚を説明。「3年ぶりの石の気配。体内を転がり、這う石。のたうち回る僕。鳴きわめく蝉。」とアーティストらしい表現で振り返った。

 ハマ・オカモトは母のタレント小川菜摘(50)を起こして救急車を呼び、目を覚ました父の浜田に体をさすられながら家を出て病院へ。その後は「気がつけば病院で、わりと若い女性の看護婦さんに、問答無用で座薬をぶち込まれた所しか、記憶がハッキリしていないです」とユーモアまじりにつづった。

 点滴と座薬が効き、現在は痛みはないという。しかし医師に「逆サイドにもう1つ石がある」と告げられ、「石と絡むのは1回で十分なのに…」とボヤきつつ、「みなさんも、本当に本当に気をつけてください。お水を、、、、お水を沢山飲んでくださいね、、、、!!!!!!!」とファンに呼び掛けている。
(ハマ・オカモト、尿管結石で救急搬送 父・浜ちゃんに体さすられ…)

オカモトズに夢中
オカモトズに夢中(初回生産限定盤)(DVD付)
左端がハマ・オカモトさん。

尿路結石の有名人



尿路結石の有名人としては、

清原和博さん
マラドーナさん
さかなクン
桑原和男さん
などがいらっしゃいます。


尿路結石とは


尿路結石とは、その名の通り、「尿路(腎、尿管、膀胱、尿道)に結石のある状態」を指します。ちなみに、腎・尿管結石を上部尿路結石、膀胱・尿道結石を下部尿路結石と呼び、分ける場合もあります(95%が上部尿路結石、5%が下部尿路結石といわれています)。

生涯罹患率は10人に1人程度といわれ、増加しつつあるようです。5年再発率は約40%であり、繰り返しやすいのも特徴です。20〜50歳代が大半を占め、男女比は 2〜3:1です(下部尿路結石では、6:1と圧倒的に男性に多い)。

結石の種類としては、シュウ酸カルシウム結石のほか、シスチン結石や尿酸結石(両者ともX線透過性)、尿路感染で形成されやすいリン酸マグネシウムアンモニウム結石、リン酸カルシウム結石(遠位型尿細管性アシドーシスの存在を疑う)などがあります。

原因としては、上記のような生活習慣や基礎疾患の存在(原発性上皮小体機能亢進症、ビタミンD中毒、長期臥床、クッシング症候群など)があります。また、尿酸結石などの場合、高尿酸尿症、痛風、白血病などが原因となります。

症状は排尿時痛、血尿、排尿障害などがあります。膀胱結石の内尿道口閉塞や尿道結石では、尿閉となります。診断は超音波検査、KUB(腹部単純撮影)、CT、尿道膀胱鏡などで行います。

疼痛、血尿、結石自排が3主徴であるといわれています。
まず、疝痛発作といって、結石が腎盂や尿管に嵌頓して尿流を遮断すると、腎部に激しい痛みをきたします。鼠径部から陰嚢に放散します(背部痛をきたすこともあります)。悪心・嘔吐、冷汗などの症状を伴うこともあります。下部尿管結石でも腎部に疼痛を感じ、嵌頓しない限り疼痛はありません。肋骨脊柱角(costovertebral angle; CVA)叩打痛(CVA tenderness; CVAT)がみられることもあります。

血尿もみられ、肉眼的または顕微鏡的血尿がみられます。感染結石では膿尿、細菌尿、となり尿pHも重要です。腹部骨盤CT、腹部超音波断層法(エコー)も行われます。水腎症を伴うことが多いです。

静脈性尿路造影では、結石陰影と尿流停滞、水腎症がみられます。X線陰性結石では陰影欠損となります。血液尿生化学検査では、血清Ca、尿酸、1日尿Ca、P(リン)、シュウ酸、尿酸、クエン酸排泄量などで成因を検討します。

尿路結石の治療


尿路結石の治療としては、以下のようなものがあります。
治療としては、自排を待つ、体外衝撃波結石破砕療法、内視鏡手術、溶解療法などがあります。
自排は、横径 6 mm 以下の結石ならば可能と考えられます。飲水と運動を行い、疝痛発作に対しては鎮痙薬を投与します。

体外衝撃波結石破砕療法(extracorporeal shock-wave lithotripsy; ESWL)は、衝撃波を体内の結石に集束させて破砕します。2 cm以下の結石が対象で、疝痛発作にも有効となります。合併症として、破砕片の嵌頓、腎被膜下血腫があり、妊婦は禁忌となります。内視鏡手術では、破砕不能な結石は尿管鏡手術または経皮的腎盂鏡手術で破砕、摘出します。

溶解療法では、尿酸、シスチン、キサンチン結石は尿pHを上げることにより溶解できます。重曹、クエン酸塩などが用いられます。シスチン尿症にはチオプロニン、D-ペニシラミンを投与します。

結石が尿道内に嵌頓し尿閉状態になれば、緊急に解除する必要があります。尿道カテーテルや尿道鏡で膀胱内に押し戻し、後日に砕石します。それまでは再度の嵌頓を予防するため、バルーンカテーテルを留置したりします。

小結石は内視鏡で確認しながら、結石把持鉗子で摘出します。多くの結石は、レーザーやリトクラストなどで破砕した後に摘出します。

また、結石の除去のみではなく、原因となった疾患の治療が必要となります。排尿困難となった原因を、しっかりと診療する必要があります。

【関連記事】
有名人の症例集