NEJM誌の「Long-Term Mortality after Screening for Colorectal Cancer」によると、便潜血検査を用いた大腸癌検診による大腸癌死亡リスク低減効果は、30年間の長期にわたり持続し、年1回の検診を11回受けた人々では死亡リスクが32%低下することが示されたそうです。

Minnesota Colon Cancer Control Studyに登録された被験者の最新のデータを収集して分析しています。同試験は、50〜80歳の4万6551人(割り付け時の平均年齢は62歳、女性が52%)を、ランダムに対照群(1万5394人)、便潜血検査による検診を年1回受ける毎年群(1万5570人)、隔年で検診を受ける隔年群(1万5587人)に割り付けて、各群における大腸癌死亡リスクを前向きに比較したもの。

検診は1976年から82年と、86年から1992年に実施され、毎年群には計11回、隔年群には計6回の検診機会が提供されています。一度でも検査で潜血が認められた被験者は、大腸内視鏡検査による精密検査を受け、ポリープが見つかった場合には、内視鏡下で切除を受けています。

さて、その結果は以下の様なものだったそうです。
便潜血検査による検診は、30年間の大腸癌死亡リスクを有意に減らしていました。相対リスクは、毎年群が0.68(95%信頼区間0.56-0.82)、隔年群は0.78(0.65-0.93)で、毎年群と隔年群をまとめて対照群と比較した場合の相対リスクは0.73(0.62-0.85)だったそうです。

対象者を年齢と性別で層別化し、サブグループ解析を行って検診の利益を調べたところ、女性より男性の方が大腸癌死亡リスクの低減効果が大きい傾向が見られたようです。

なお、大腸癌の健康診断を郵送できるキットもネット販売しています。

自分でできる郵送検診申込セット 大腸がん
自分でできる郵送検診申込セット 大腸がん
日本医学 2006-08-21
売り上げランキング : 25886


Amazonで詳しく見る


【関連記事】
健康診断の便潜血検査で、大腸癌の死亡率が減少