<食物アレルギー>子供の過剰制限は逆効果 栄養障害誘因も
食物アレルギーを起こしやすい卵や乳製品などを子供が食べるのを過剰に制限した結果、アレルギーの悪化や栄養障害を起こす事例が出ていることが、複数の調査で分かった。保護者らがアレルギーの発症を過剰に恐れている実態があるようだ。19日から横浜市で開かれる日本小児アレルギー学会で発表される。

東京都立小児総合医療センターでは、食物制限後にO脚などを発症した子供が、過去5年間に5人受診。うち4人に、栄養障害で骨が変形する「くる病」の症状を確認した。5人とも湿疹やアトピー性皮膚炎を治すために卵と乳製品を除去しており、魚も取らせていない例もあった。3人は保護者が自己判断しており、こうした食事の結果、ビタミンDが不足したとみられる。
くる病(骨軟化症)は、骨端線閉鎖以前(骨の端にある軟骨が骨にかわってゆく境目の部分。ここが閉鎖すると成長が止まる)に発症し、軟骨・骨基質への石灰化障害により石灰化しない骨基質・類骨が増加し、また骨の成長障害および骨格や軟骨部の変形がみられるものです。

原因としては、ビタミンDの不足(ビタミンD欠乏性くる病)、活性化障害(ビタミンD依存性くる病儀拭法∈醉僂琉枉錙淵咼織潺D依存性くる病況拭砲砲茲襪發痢い気蕕砲録嫻∈抓匹砲けるリン再吸収障害に伴ったもの(低リン血症性ビタミンD抵抗性くる病)などがあります。

症状としてO脚、肋軟骨部の腫脹、成長障害、テタニー(手足に起きる痺れ)、筋緊張低下、筋力低下などがみられます。

調査した清水麻由医師は「不必要だった食物除去で、逆に病気を生んでしまったが、親は『子供のため』と思っていた」と語る。
東京都八王子市の松本勉医師の調査でも、アトピー性皮膚炎などを改善するため食物除去をしていた147人のうち、逆にアレルギー反応が強まった子が複数あり、うち2人は強いアナフィラキシーと呼ばれるアレルギー反応を起こしていた。明らかに皮膚炎が改善したのは10人だけだった。

国立成育医療研究センターの大矢幸弘・アレルギー科医長は「最近は、こうした食物の摂取を遅らせる方がアレルギーを起こしやすくなるとの研究もある。食物除去は必要最低限にすべきだ」と訴えている。


もちろん、小児科医師の指導のもとで、食事制限や摂取の判断をしたほうがいいとは思います。その上で、どのような食べ物を子供に食べてもらうか、考えていくべきでしょう。

あまりにもアレルギーを恐れて、十分な栄養が摂れないのでは、上記のようなくる病のように、様々な弊害が起こりえます。アレルギーに詳しい小児科医師に、栄養面に関しても相談しましょう。

【関連記事】
花粉症などアレルギーの症状が夜に悪化するワケ

アトピー性皮膚炎発症のメカニズム解明される