2013年5月に米カリフォルニア州では、18歳未満の室内日焼けを全面禁止しています。そこで、室内日焼け施設338カ所を対象として、「17歳です」と偽って電話を掛け、その結果、店側がどのように対応するか、調査してみたそうです(Compliance by California tanning facilities with the nation's first statewide ban on use before the age of 18 years.)。

結果、過半数(77%)が紫外線日焼け設備の使用不可を回答しましたが、大部分が紫外線日焼けの危険性を否定し(61%)。ビタミンD生成(44%)、皮膚疾患治療(22%)、将来の日焼けの予防(17%)などの健康利益を主張したそうです。

日焼け−皮膚癌の関係性


皮膚癌、特に悪性黒色腫は、国内で年間1,500人〜2,000人が発症し、転移すると90%が5年以内に死に至るといわれており、転移を生じやすく、きわめて悪性度の高い腫瘍であることが分かるかと思われます。発生頻度は人種差が大きく、人口10万に対して白人10〜20、日本人1〜2、黒人1以下と、かなりの開きがあります。

頻度としては、世界的に増加傾向が著しいがんの1つであるといわれています。その誘因の1つに、過度の紫外線照射が挙げられています。
日焼けマシンの利用で、皮膚癌のリスクが2倍になるということも言われています。

皮膚科医が勧める日焼け止めの使い方」を参考にして、しっかりと日焼け止めクリームを利用し、日焼け対策を行う必要があると考えられます。