11月8日、肝臓がんのため亡くなった島倉千代子さん(享年75)。3年前にがんが発覚し治療に努めてきたが、今年に入って肝硬変を併発。6月からは入退院を繰り返すようになり、今月8日に容態が急変。そのまま帰らぬ人となった。彼女の容体はごく限られた人しか知らなかったという。親交の深かった芸能評論家の鬼澤慶一さん(77)はこう明かす。

島倉千代子全曲集2013
島倉千代子全曲集2013

「実は彼女はもう20年以上前から肝臓を悪くしていて、自分で注射を打ちながら闘っていたんです。でも、彼女はどれだけ体調が悪くても決して弱音を吐きませんでした」

『人生いろいろ』などの曲で知られた島倉さんだが、その生涯は曲名同様、波瀾万丈だった。7歳のときに左腕を47針も縫う大怪我に見舞われた彼女は、’61年、ファンが投げたテープが目に当たり失明寸前の重症。このときの担当医の連帯保証人になり12億円ともいわれる借金を背負っている。’63年には元阪神タイガースの藤本勝巳氏(76)と結婚したが3度の中絶を経て離婚。両親はすでに他界し、姉も入水自殺している。そんな彼女を支えたものは、ほかならぬ歌だった。’89年、彼女はスポーツ紙にこう綴っている。

《断がいを歩いてきたような人生でした。時には死のうと思ったことさえありました。踏みとどまれたのは、歌があったからだと思います》

‘93年には乳がんが発覚。07年には、知人に資産を奪われ再び多額の借金を背負ったこともあった。声が出なくなると、それまで嫌っていたボイストレーニングに打ち込み、回復に務めた。’08年、島倉さんは『女性自身』で森昌子(55)と対談している。奇しくも、これが雑誌での“最後の対談”となった。そこで彼女は70歳を迎えた胸中をこう語っている。

《人生って、生きているってことには、涙はつきものだと考えているの。でも、涙をこぼしても一生、笑っても一生ならどっちを取るか。そう考えたとき、やっぱり笑って生きてったほうがいいよね、同じ生きるなら。涙は毎晩こぼれていますよ。でも、涙を流すだけ流して朝になったらスカッとして、大きな声で「おはよう!」って言うの。(中略)もう下を見ないの。いままでは(地面に)何か落ちてないかと思ってたけど(笑)。いまは上を向いて歩こうと思ってるの》(’08年11月18日号)

晩年は事務所兼自宅でスタッフ付き添いのもと過ごしていたという島倉さん。’10年に肝臓がんが発覚したが、今年6月には宮崎県延岡市でコンサートを決行している。10月に一度退院をしたが、11月6日に再入院。そこでも彼女は、来年の60周年に向けてレコーディングを行うなど精力的に活動していたという。最後まで歌に生きた人だったーー。
(島倉千代子「肝臓は20年前から…」“親友”明かす極秘闘病)

肝臓癌とは


肝臓癌では、肝細胞癌と胆管細胞癌が95%を占め、中でも肝細胞癌が最も頻度が高くなっています。肝細胞癌は原発性肝腫瘍の中では最も頻度が高く、肝細胞癌と胆管細胞癌の比は約26:1です。

原因としてはB型肝炎ウイルス(HBs Ag陽性15%前後)およびC型肝炎ウイルス(HCV陽性75%前後)の長期にわたる持続感染が大多数を占め(肝炎ウイルス感染の関与が9割以上を占めている)、原発性肝細胞癌の9割がなんらかの肝病変を併発しています。

その他の病因としては、アルコール性肝疾患、自己免疫性肝疾患、Wilson(ウィルソン)病、ヘモクロマトーシス、Budd-Chiari(バッド-キアリ)症候群、α1アンチトリプシン欠損症、原発性胆汁性肝硬変などが挙げられます。

肝癌に特有の症状は少なく、肝炎・肝硬変などによる肝臓の障害としての症状が主なものです。通常は併存した肝硬変の症状、検査所見を示します。日本の肝癌は、肝炎ウイルスの感染にはじまることが大部分であり、日本では80〜90%に肝硬変(主として乙型)を併存しています。

早期肝癌では、特有の症状は乏しく、併存した肝病変の症状を呈します。肝炎・肝硬変のために医師の診察を受ける機会があり、肝癌が発見されるというケースが多くみられるようです。

進行すると、上腹部ないし右季肋部の疼痛と肝腫大を示します。また、黄疸、腹水による腹部膨満、浮腫などがみられます。その他、発熱や腫瘍の腹腔内破裂の際は、急激な腹水の出現と血圧低下をきたします。

また、腫瘍随伴症候群として、稀ですが低血糖や赤血球増加症、高コレステロール血症、高Ca血症(腫瘍のホルモン様物質の産生、腫瘍代謝の異常など)をきたすことがあります。

身体的所見としては、肝硬変に基づいた所見以外に、腫瘍が著しく増大すると、肝腫大、腫瘤触知、圧痛、血管雑音がみられることがあります。腫瘍による下大静脈の圧迫がもたらされると、下肢のみの浮腫や腹壁の上行性の副血行路がみられます。

肝細胞癌では慢性肝炎や肝硬変の病態を反映し、ASTやALTなどの酵素が上昇していることが多いです。白血球や血小板は肝障害に伴う脾機能亢進症の状態を反映します。肝細胞癌が進行すると血清ビリルビンやALP、LDHが上昇することがあります。

肝細胞癌の腫瘍マーカーとしては、AFPとPIVKA-?があります。AFPは肝硬変でも上昇しますが、時間経過とともに上昇するようであれば肝細胞癌が疑われます。AFPとPIVKA-?は、ともに陽性率は約半数であり、両者の併用が望ましいと考えられます。

腹部長音波検査は、小腫瘍の検出に優れており、1cm前後またはそれ以上の径をもつ実質性の限局性異常を認めれば、悪性腫瘍を疑います。腹部単純CT検査では、low densityな腫瘍として描出されます。肝細胞癌は、急速静注法(ダイナミック CT)の早期相では腫瘍内部の結節が種々の濃度に造影され、後期相では腫瘍全体が再度low densityとなります。

MRI検査では、一般にT1強調画像で低信号、T2強調画像で高信号を示すことが多くなっています。血管造影が行われた場合、腫瘍血管の増生や腫瘍濃染が認められます。

腫瘍径2 cm以上の肝細胞癌は各種画像検査にて多数が診断に至りますが、腫瘍径2 cm 以下の鑑別診断不可能例には腫瘍生検は不可欠な検査となっています。

肝臓癌の治療


治療方針としては、肝細胞癌治療アルゴリズムに沿って基本的には行われます。
原則的には肝機能、腫瘍条件が許す限り、局所制御効果の最も高い肝切除が第1選択となります。肝切除後の5年生存率は50〜60%程度といわれています。切除の適応と術式は、腫瘍の位置、数と肝機能により決定されます。

具体的には、手術適応は遠隔転移がなく、肝障害度AまたはBで腫瘍の占拠範囲が術前評価により耐術可能な切除範囲内にあること、となっています。腫瘍数や腫瘍径、占拠部位、血管侵襲の有無とともに、術前の肝機能評価が重要となります。

経皮的エタノール注入療法(PEI)は、超音波映像下に細径針を用いて腫瘍を穿刺し純エタノールを直接注入することにより、癌部を瞬時に凝固壊死させる治療法です。腫瘍径3cm以下の小肝細胞癌で、3病巣以内の場合に適応となります。

経皮的ラジオ波照射熱凝固療法は、穿刺針を用いてラジオ波照射による熱凝固作用により腫瘍を凝固壊死させる療法のことです。腫瘍径3cm以下の肝細胞癌に対して治療回数1回で完全壊死が高率に得られる利点があります。

経カテーテル肝動脈塞栓療法(TAE)は、カテーテルを腫瘍支配動脈に選択的に挿入し、ゼラチンなどで塞栓して、腫瘍を阻血性壊死に至らせる治療法です。通常、門脈本幹ないし一次分枝に腫瘍栓がなく、多発病巣を有する症例に適応となります。

化学療法は、上記治療の適応とならない進行症例に適応となります。抗癌剤にはマイトマイシンC(MMC)、アドリアマイシン、シスプラチン(CDDP)などが用いられています。

【関連記事】
肝癌(肝細胞癌)にて入院・加療していた−安岡力也さん

C型肝炎で入院、治療を行っていた−オール巨人さん