タレントの大橋巨泉(79)が、中咽頭がんを発症し手術を受けていたことが25日、分かった。

大橋巨泉「第二の人生」これが正解!
大橋巨泉「第二の人生」これが正解!: 人生80年時代「後半生」を楽しく生きるための10の選択
関係者によると、11月の初めに本人が右耳の下に腫れを見つけ、診察を受けたところ、へんとうにできた悪性腫瘍がリンパ節に転移したものだと判明したという。進行していることを示す「ステージ4」だったというが、治療が可能で、既に先週に手術を受けてがんを摘出。

本人はいたって元気で、回復に向けて意欲を見せているという。今後はへんとうの腫瘍について放射線治療を受けるという。これらのことは、この日発売の週刊現代でも、本人が明かしている。巨泉は05年には胃がんの手術を受け、胃を半分程度摘出している。
(大橋巨泉 中咽頭がん手術)

咽頭癌とは


咽頭とは、鼻腔および口腔、食道および喉頭との間にある筋肉で構成された管を指します(ちなみに喉頭とは、食物の通路と呼吸のための空気の通路との交差点である咽頭の奥で、空気専用通路の始まりの部分を指します)。

咽頭は鼻に近いほうから上咽頭、中咽頭、下咽頭と下がっていき食道に続いていきます。

上咽頭癌とは、上咽頭から発生する上皮性悪性腫瘍です。未分化型扁平上皮癌が多い。中国南部、香港などの中国人に多く、発症にEBウイルスの関与が示唆されています。また、細胞性免疫能の低下が多くの例でみられます。

症状として鼻閉や鼻出血のほか耳管閉塞による滲出性中耳炎のための伝音難聴や耳閉感、耳鳴があり、頸部リンパ節転移に伴う頸部腫脹が多いです。進行すると頭蓋底浸潤による頭痛や下位脳神経麻痺(複視、顔面知覚異常、嗄声など)もみられます。診断は、症状より本疾患を疑うことが第1で、上咽頭を直接ファイバースコープなどで視診し生検で癌細胞を証明します。

中咽頭癌とは、中咽頭から発生する上皮性悪性腫瘍です。組織型は扁平上皮癌が多く、その他、未分化癌、腺癌、腺様嚢胞癌などがみられます。部位により側壁型(口蓋扁桃部)、前壁型(舌根部)、上壁型(軟口蓋部)、後壁型に分類されます。

発癌因子は不明ですが、男性に多く、喉頭・口腔・食道などとの重複癌が多いので、外的因子の関与が示唆されます。初期には咽頭違和感・咽頭痛・嚥下痛が、腫瘍が腫大すると構音障害・嚥下障害・呼吸困難などが出現する。

生検による診断確定後、画像診断により原発巣・頸部リンパ節転移・遠隔転移の拡がりを診断します。初診時頸部リンパ節転移の頻度は50%以上です。遠隔転移は肺、肝、骨に多いです。

咽頭癌の治療


早期癌では、放射線療法が行われることが多いです。頸部にリンパ節転移が明らかでない比較的早期の場合(I、挟)や、掘↓鹸でも手術ができない場合に放射線治療を行います。特に梨状陥凹原発、外向発育型腫瘍では放射線感受性が高くなっています。治療には、60 Gy以上の線量が必要となります。

ただ、下咽頭癌では、放射線や抗がん剤だけで完治する数は少なく、現時点において手術が下咽頭がん治療の中心となっています。

進行期では、喉頭を含む下咽頭の切除が必要になることが多いです。切除後の欠損部分には、形成外科的な再建(遊離空腸や前腕皮弁など)を行います。上記のケースでは、前腕皮弁が選択されたようです。

手術法としては、下咽頭・喉頭・頸部食道切除術や下咽頭・喉頭・全食道抜去術、下咽頭部分切除術、これらに頸部郭清術(頸部のリンパ節に転移していたり、転移している可能性が高い場合に行う手術)を組み合わせたりします。手術は、下咽頭喉頭切除術、頸部郭清術、咽頭再建術の3術式から成り立っています。

手術の場合、話したり、食物を飲み込んだりすることが難しくなったり、不可能になってしまいます(ただ、一部のT1症例では喉頭保存が可能)。また、大きく切除するほど、機能が悪くなります。上記のように、声を失ってしまうわけです。

そこで気管食道シャント法といったことが行われることもあります。これは、気道と食道をシリコン製チューブでつなぎ、肺からの空気を食道に送り込めるようにして、食道の粘膜を奮わせて発声する、というもののようです。

以前から行われている食道発声法(空気をのみ込み、げっぷの要領で空気を送り出して、食道の粘膜を震わせる)とは異なり、訓練などが不要となるようです。一方で、手術が必要であったり、日常的な器具の手入れが必要であったりといったデメリットもあります。ただ、発声できるメリットというのは非常に大きいと思われます。

【関連記事】
咽頭癌の手術後−体調が心配される与謝野大臣

横山ノックさん、中咽頭癌で亡くなる

咽頭癌で治療中に亡くなっていた−S・ウイリアムスさん