2013年12月18日放送の日本テレビ系の番組『ザ!世界仰天ニュース』にて、「亀の背中を持つ少年」という先天性母斑の少年について特集されていました。



南米コロンビアに住むある少年ディディエの背中には謎のできものがあり、成長するにつれ巨大化し、やがて背中全体を覆い尽くした。母のルースは2005年に観測された日食を見ていて、妊娠中に日食を見ると呪われると村で言われていることから自分を攻め続けていた。

ディディエルの家は貧しく、大きな病院に連れて行くことはできなかった。こうして6年もの間、なにもできないまま、ディディエルは苦しんできた。母は懸命に育てている中、父親は逃げだし、学校で「亀」といじめられていた。

そんな時、ディディエルの人生を変える出来事が起きた。コロンビアのテレビ番組がディディエルを番組で紹介したのだ。

「亀の背中を持っている少年」がいると、話題が広がったころテレビ番組スタッフが家を訪ねてきた。スタッフは、ディディエのドキュメンタリー番組を企画していると提案をしてきて、母は治療のきっかけになるかもしれないとテレビ出演を果たした。

テレビ出演によりディディエの姿が医療関係者の目に止まり、医療関係者の目にも止まり、ディディエの治療が行われることになった。母親とディディエは治療を受けるためコロンビア・ボゴタへ向かい、イギリスの外科医、ニール・ブルストロード医師は「先天性色素性母斑」と診断した。

先天性色素性母斑はホクロのこと。ディディエの体が手術できる状態か診断され、摘出手術が行なわれることになった。

背中に巨大な黒い膨らみを持つディディエの膨らみはホクロだった。手術の日になり、ホクロの全摘手術を行い人工皮膚を貼り付け、体全体から皮膚を切り取って貼り付け再生させる事になった。問題は大量の出血から命の危険があったが、ホクロが背中の筋肉にも食い込んでいて摘出を困難にしていた。

5時間に及ぶ手術は成功した。手術から4ヶ月後にディディエは手術を無事終えたが、医師たちは原因はわからないと説明した。ディディエたちは4ヶ月ぶりにアルゴドン村へ戻り、現在は元気に学校に通っていた。

先天性色素性母斑とは


色素細胞母斑とは、発生異常に基づく奇形の一種で、母斑細胞の増殖したものを指します。発生時期により先天性と後天性に分けられ、臨床像、組織像とも特徴を有します。上記のケースでは、生まれつきであり、先天性色素細胞母斑であると診断されています。

先天性色素細胞母斑は、生下時または生後早期に現れ、体の成長に伴ってゆっくり拡大します。20cm以上に及ぶ巨大母斑は悪性化の頻度が高いといわれています。

通常、巨大なものを除けば2、3個はみられます。直径2〜3mmまでの比較的小さな黒子から体の大部分を占める獣皮様母斑までさまざまなものがあります。褐色から黒色を呈し、扁平なものから丘疹状に隆起するものまであり、疣状を呈したり有毛性のものもあります。

巨大母斑の場合、悪性黒色腫(いわゆる皮膚癌)の発生が問題となります。形状や色調の変化、隆起性の有無などを問診する必要があります。また、神経皮膚黒色症を考慮し、頭蓋内圧亢進症状の有無も重要です。

検査としては、ダーモスコピーや病理組織検査などを行います。ダーモスコピーでは、規則性のある網状斑上に黒褐色塊が多数存在します。病理組織検査では、複合型が多いです。境界部活性が高く、真皮下層まで母斑細胞が増殖します。脈管、付属器周囲にもみられるのが特徴です。

先天性色素性母斑の治療


小さい限局性母斑では、外科的に切除します。そうした場合、単純切除、縫縮術などが行われます。または、分割切除および植皮、皮弁形成、皮膚伸展法(expanded skin flap)などが行われます。

皮膚剥削術やレーザー治療などが行われることもありますが、取り残す可能性が高いともいわれています。ただし、広範囲例では切除などは難しく、レーザー照射、皮膚剥削、雪状炭酸圧抵を行います。太田母斑などでは、Qスイッチルビーレーザーやアレキサンドライトレーザーが著効するといわれています。

【関連記事】
巨大色素性母斑に対するレーザー治療を望む少女