「睡眠中に目が覚めてしまう」「運動後によく起こって困る」といったことや、場合によっては薬の副作用や、糖尿病の方や、人工透析を受けられてる方でも起こりうる"こむら返り"。このこむら返りを訴える患者さんは、結構います。

決まった治療法はありませんが、いくつかの治すコツのようなものがあります。今回は、その5つの方法についてご紹介します。



1) 膝の下に枕を入れる


膝に直径 10−15 cmくらいの筒状の膝枕を入れて寝ると、足が攣らなくなる方が多いようです。これは、筋肉の緊張をとってやるという意味があるようです。

2) マグネシウムなどの電解質を補充


マグネシウムを補充する薬剤はありますが、日頃の食事に気をつけることでも、こむら返りは減らせるようです。全粒穀物、豆類、海産物(ひじき、のりなど)、緑色野菜、果物では特にバナナなどが勧められるようです。

3) ストレッチで足を伸ばす


痛いですが、痙攣している筋(ひらめ筋と腓腹筋)を伸ばします。具体的には、つま先を身体の方に引っ張ります。

つま先を持てない場合、タオルの端を左右の手に持ち、中央をつま先に引っ掛けます。それで身体の方に引っ張るという方法があります。この操作で改善しないときは、倒れたり転ばないように気をつけて、歩き回るという手もあるそうです。

4) 漢方薬


芍薬甘草湯や、五苓散という漢方薬があります。そうした薬を予めもらっておいて、使用すると良いかもしれません。

5) ビタミンB12の内服


ビタミンB12を毎食後内服します。すると、服用を開始して1〜2週間で有効な場合が多いです。即効性はありませんが、頻回に起こるようなこむら返りには、有効なようです。予防に近い方法かもしれません。

こむら返りを起こした場合、そのような方法を試してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】
肩こりを劇的に改善させる5つのコツ