お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

今日の一問一答

心筋炎

-------------------------------------------------------------------
今日の一問一答(2007/03/15):各論V-6「心筋・心膜疾患,心臓腫瘍,外傷」
心筋炎はアデノウイルス感染症である。
-------------------------------------------------------------------
答え:×(正答率 75.6%)

解説:心筋炎とは、種々の原因により心筋が局所的もしくはびまん性に炎症性変化を示した状態である。細菌、ウイルス、リケッチア、真菌、原虫などあらゆる種類の感染症において起こりうるものであり、またリウマチ熱、その他の膠原病にもみられる。

主な原因ウイルスはコクサッキーウイルス、エコーウイルス、アデノウイルスなどだが、そのほか、多くのウイルスが心筋炎を起こしうる。近年ではコクサッキーB型、エコー、C型肝炎ウイルスなどの感染による心筋炎が注目されており、またウイルスによる心筋炎の発生に自己免疫の関係している可能性も考えられている。

急性心筋梗塞の早期合併症

-------------------------------------------------------------------
今日の一問一答(2007/02/23):各論V-5「虚血性心疾患」
急性心筋梗塞の早期合併症(2週以内)として心室瘤がある。
-------------------------------------------------------------------
答え:×(正答率 70.1%)

解説:心室瘤とは、左室梗塞を起こした心室壁が心内腔からの圧力によって外方へ膨張したものである。原因としては、心筋炎や心筋症でも見られるが、心筋梗塞によるものが最多である。特に貫通性の前壁梗塞の慢性期合併症として起こりやすい。心筋梗塞後、1ヶ月〜1年で発見されることが多い

【関連記事】
陳旧性広汎前壁心筋梗塞

不安定狭心症

陳旧性広汎前壁心筋梗塞

-------------------------------------------------------------------
今日の一問一答(2007/03/12):各論V-5「虚血性心疾患」
陳旧性広汎前壁心筋梗塞では群擦鯆絢茲垢襦
-------------------------------------------------------------------
答え:○(正答率 76.9%)

解説:第群は心尖部で聴かれ、拡張早期に心室が急速に血液で充たされるために生じた低周波性過剰心音である。若年者では生理的であるが、高齢者では主に僧帽弁閉鎖不全症で聴取される異常所見である。意義としては、心室拡張期の容量負荷を示し、1)房室血流の増加(絶対的) 2)心室コンプライアンスの低下(相対的)を示す。

前壁梗塞は、左冠動脈前下行枝の閉塞により生じ、左心不全をきたす。結果、心室コンプライアンスの低下をきたし、第群擦鯆絢茲垢襦

不安定狭心症

-------------------------------------------------------------------
今日の一問一答(2007/03/06):各論V-5「虚血性心疾患」
不安定狭心症では心外膜炎を合併しやすい。
-------------------------------------------------------------------
答え:×(正答率 74.0%)

解説:不安定狭心症の合併症では、急性心筋梗塞、致命的な不整脈による突然死などがある。ちなみに、心外膜炎が起こるのは、心筋梗塞の合併症でみられる。心筋梗塞後症候群(Dressler症候群)発症数週間後に生じる自己免疫性心外膜炎が起こる。

補足:ちなみに、「じゃあ、"安定"狭心症とどう違うの?」かといいますと、狭心症を経過の観点から分類して、

・安定狭心症
発作が軽快する傾向にあるもので、ほとんどが労作性狭心症である。

・不安定狭心症
治療に抵抗し、急性心筋梗塞に移行しやすいもの。

と分けることができる。
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧