お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

医療注目ニュース

内科?耳鼻咽喉科?「地震酔い」はどこを受診すべきか

地震が起きているわけではないのに、体が揺れているような感覚やめまいなどを感じる「地震酔い」。3月22日に気象庁が発表した報道資料によれば、岩手県沖から茨城県沖で3月18日12時から22日12時までの4日間に発生した余震の数はマグニチュード5.0以上のものが318回にも及ぶとしています。

東北や関東を中心に余震は現在も続いているため、本当の地震なのか、揺れているように感じてしまうだけなのか戸惑ってしまう人も多いようです。

医師に相談できるQ&Aサイト「アスクドクターズ」には、「地震酔い?」というタイトルで地震後から常に揺れている感じがおさまらないという相談が寄せられています。
「地震後から、常に揺れている感じが治まりません。気持ちが悪いとかはないです、ただ恐怖です。歩いてると、ふらつく事もあります。頭痛や肩凝り、脇の下が痛み、動悸が激しく、特に胃がキリキリ痛んだり、掴まれたような感覚があります(胃の痛みは、食後4時間後くらいから)ぐおっっとなります。地震も怖いし、会社も危ないし、常に揺れているし、脇は痛いし、動悸はするし、胃は痛いしで、どうにかなってしまいそうです。元々心配性でしたが、もっと現実に辛く苦しい人はたくさん居るはずなのに、たいした被害もない自分がこうなる事も情けないです。病院に行こうと思いますが、果たして何科を受診すればいいですか?」

この質問に対し、アスクドクターズでは、以下のように答えられていたようです。
「これは地震で揺れが持続して平衡器官がバランスを失い起こる『動揺病』というものだと思います。ストレスが症状を助長します。乗り物に常時ゆられてめまいや吐き気が起こるのが乗り物酔いであり、今回は地震酔い、これがともに「動揺病」なのです。耳鼻科受診が理想ですが、内科でも結構です。乗り物酔いに効くトラベルミンが地震酔いにも効く可能性があります。内科でも処方可能です」

(「地震酔い」、何科を受診すべき?)


動揺病(加速度病)とは、乗り物に乗ったりすることで生じるめまいのことです。このめまいは、三半規管、耳石器の過剰刺激と視運動眼反射による視覚の乱調が組み合わさって生じます。簡単に言えば、耳(回転や加速度を感じ取る内耳)と、目で見ている景色とのズレで生じると考えられています。

ちなみに、(内耳の)半規管では、回転運動の加速度を膨大部にある「前庭感覚細胞」が感知し、耳石器は「球形嚢」という部分が垂直加速度、「卵形嚢」という部分が水平加速度を感知します。

船、車やバスなどでよく生じますが、電車や自転車では少ないです。(内耳の)三半規管と耳石器が乗り物の動きによって過剰な刺激を受けるため、前庭眼反射による眼振の出現、前庭自律神経反射による悪心・嘔吐、前庭脊髄反射による平衡失調が生じるといわれています。

動揺病は、船では乗船するかなりの人に生じますが、激しく酔う人と、そうでない人がいます。車酔いの生ずる人は少ないですが、酔いやすい人も存在します。慣れる人と慣れの生じない人がいます。女性や小児では乗り物酔いが生じやすいといわれています。

症状は、副交感神経症状が強いです。自律神経は、交感神経と副交感神経があります。副交感神経は、ヒトが不安がなく休んでいる時ないし寝ている時に強く作用しています。すなわち血圧を下げ、呼吸を弱くし、脳および内臓に血液を十分に供給して疲労回復をはかり、また消化運動を盛んにします。

動揺病では、前庭自律神経反射が、前庭眼反射および視運動眼振と同時に生じるため、嘔気と嘔吐が主症状となります。冷汗、低血圧、顔面蒼白なども生じます。平衡障害が生じるわけではないですが、気力が失われます。

動揺病の治療としては、さらに以下のようなものがあります。続きを読む

医師による救援活動レポートを掲載するサイト

MedPeerは25日、東北地方太平洋沖地震の被災地で救援活動に従事する医師による現地リポートの一部を公開した。対象となる医師は、同社が運営する医師向けコミュニティサイト「MedPeer」の登録会員で、23日より募集されたレポートは、24日15時現在で371件となるという。現在でもレポートの募集を継続している。

以下は医師による現地レポートの一部抜粋。

「現地での状況はテレビ報道や新聞記事の比ではありません。悲惨そのものでとても言葉で言い表せるものではありません。死因はほとんど溺水による窒息で、被害は地震の揺れよりも津波によるものが多かったようです」(一般内科、総合診療、他)

「親を亡くして立ち尽くす子へどのように接したらいいか分からない、PTSDに関してアドバイスができない。(一部省略)小児に対する“心のケア”“治療”ができるスタッフを同行させた方がよい」(小児科)

「急患の多くは低体温・感染症・外傷。薬や点滴注射の不足が深刻。医師より薬剤師支援が望まれる」(宮城県若林区の中小病院・一般内科)

「現在は電気や水は復旧したものの、放射線による被曝を最小限にすべくマスクや服装他、飲料水等に気を使う毎日です」(眼科)

「検査は単純レントゲンと採血がなんとか使えますが、CTなどは当然動いていませんでした。野戦病院というより生き地獄でした」(一般内科、総合診療、他)

「慢性疾患の通常薬がないという訴えや、トイレ、水分の問題から便秘が多くみられました。また、コンタクトや皮膚の軟膏などの需要も高かったです」(脳神経外科)

「DMATで出勤しました。空港で中等症患者の診療に当たりましたが、診療中も地震があったりして、被害にあっていない私たちでさえ、トラウマになりそうな状況でした」(一般内科、総合診療、他)

これらのレポートには、被災地の医療現場の様子や必要な物資などが具体的に記載されている箇所もあり、何らかの形での支援を試みるうえで、参考になるだろう。現地レポートは今後も続く予定で、同社コーポレートサイトや「MedPeer」に掲載される。
(被災地医師による現地レポート)


上記のコメントを読むだけでも、苦境にある被災者の方々や、医療従事者たちの様子がまざまざと体感できると思われれます。どんな疾患が多くみられ、そしてどんなものが必要となるのか、など一読するだけで非常に勉強になります。

検査できることも少なく、単純レントゲン検査、採血などで対処しなければならないなど、限られた資源の中で医療行為を行うには、日頃からの診察技術や問診の重要性が高く、大事なものだと再認識させられました。

ただ、身体の問題だけでなく、上記では心の問題、特にPTSDなどのケアの重要性について指摘されているように思われます。PTSDとは、以下のようなものを指します。続きを読む

深部静脈血栓症(エコノミー症候群)にご注意−被災地での予防を

自動車の中で避難生活を送っている人は、エコノミークラス症候群(静脈血栓塞栓(そくせん)症)に注意が必要だ。

長時間動かずにいた時などにできる血の塊(血栓)が肺の血管に詰まり呼吸困難を起こす病気で、重度になれば死亡することもある。04年の新潟県中越地震では車内で避難生活をしていた人に死者が出ており、足をこまめに動かし、定期的な水分補給をするなどして予防したい。

飛行機のエコノミークラスの座席など狭い場所で椅子に座った姿勢で長時間足を動かさずにいると、足の静脈の血流が悪くなり、血液がたまる。その結果、足に血栓ができ、血流に乗って肺の血管を塞いでしまう危険がある。厚生労働省によると、初期症状で足が赤くなったり、むくんだりするといい、すぐに医療機関を受診する必要がある。症状が進むと胸の痛みや息切れ、失神などの症状が出て、最悪の場合死亡する。中高年の女性に多いというデータもある。

窮屈な場所で手足を縮めて寝泊まりを続けると症状が発生しやすいが、新潟大学などの調査では、07年の新潟県中越沖地震で避難所生活を送っていた被災者にも症状が確認された。限られたスペースで寝起きするためとみられ、車中泊と同様に注意が必要だ。

厚労省が勧める予防法は、
1) 長時間同じ姿勢を取らない。
2) 1時間に1度はかかとの上下運動(20〜30 回)をする、歩く(3〜5分)などの足の運動をする。
3) 血液が濃縮されないよう定期的に水分補給する。
4) 時々、深呼吸する。

などを挙げている。やむを得ず車中泊をする場合は、
1) できるだけゆったりとした服装にする。
2) 足を何かの上に上げた状態で寝る。

などが効果的とされる。
(東日本大震災:サポート情報 エコノミー症候群対策は)


肺動脈に、形成された血栓により閉塞された病態を「肺血栓症」、静脈系から肺動脈へ流入した物質により肺動脈が閉塞された病態を「肺塞栓症」といいます。これら両者をまとめて「肺血栓塞栓症」と呼びます。

「エコノミークラス症候群」としても知られるように、長時間、同じ姿勢のまま過ごすと起きやすいことで知られています。新潟県中越地震では、被災地で車中泊をしていた人が多く発症したことが報告され、有名になりました。

男女比は5:4で、あらゆる年齢層に発症する可能性があります。ただ、高齢になるほど多く、60歳以上が患者全体の約50%を占めます。

静脈系から肺動脈へ流入した物質により肺動脈が閉塞である「肺塞栓症」が大半です。急性肺血栓塞栓症は、その90%以上が、下肢あるいは骨盤内の静脈に生じた血栓が原因であり、それらの血栓が肺動脈を閉塞することにより生じます。

症状としては頻度の高いものとして、急に発症する呼吸困難(約80%)、多呼吸(約80%)、頻脈(約60%)などがあります。広範な塞栓の場合にみられる場合、不整脈や狭心症様の胸部重苦感、失神などが起こります。肺梗塞・肺水腫を伴う場合は、胸膜炎様胸痛、咳嗽、発熱などが起こることもあります。

治療としては、以下のようなものがあります。続きを読む

人工透析患者の受け入れ病院探し、急務へ

福島県いわき市から、人工透析が必要な患者の新潟県内への受け入れが進んでいる。
18日までに12医療機関が協力を申し出ており、約150人の患者全員が1回目の透析を終えた。人工透析は、週2、3回受けなければ命にかかわるだけに、患者は一様に安堵(あんど)の表情を見せた。

福島県から患者の受け入れ要請を受けた新潟県は17日、胎内市の協力で宿泊施設を確保し、新潟大医歯学総合病院に対応を依頼した。第二内科の成田一衛教授らが、透析設備がある県内の医療機関にメールや電話で協力を要請し、受け入れ可能な患者数を把握していった。

同日午後、患者と医師、看護師ら計約170人がバス7台で県庁に到着。そこから県が用意したバス5台に分乗し、信楽園病院(新潟市西区)や長岡赤十字病院(長岡市)などに向かった。透析には大量の水が必要なため、患者は当分の間、県内で透析を続ける見通しという。

このうち、県内の透析治療の中核病院である信楽園病院は、同日夕方に30人の患者を受け入れた。全員の透析終了が深夜となるのに、患者が夕飯を食べていないことが分かり、急きょ食事を作って提供した。同病院の調理職員や、日勤の看護師、臨床工学技士などが夜間も出勤して対応した。

皆川信院長は「率先して協力するのは当然。ガソリン不足で物流が不安定になったり、医薬品の製造工場が被災したりと、うちにも不安はあるが、人工透析には最優先で取り組みたい」と話す。

透析を受け、胎内市内の避難先に戻った元漁師の志賀功さん(69)は、地震発生直後に高台に上って難を逃れたが、海岸沿いあった自宅は跡形もなくなった。福島県内の避難所に妻と長女を残してきたといい、「治療を受けられて良かった。家族が心配なので、できるだけ早く帰りたい」と話した。須藤重幸さん(52)は「向こうに残る人たちを早く助けてほしい」と訴えた。

医療関係者によると、いわき市以外の被災地からも透析患者が県内に避難を続けており、「このままだと、県内の病院だけでは対応しきれなくなる可能性もある」と事態を憂慮する声も出ている。
(透析患者、150人受け入れ…新潟)


現在、透析療法が導入されている患者さんは、全国で約28万人おり、毎年新たに約3万人が透析導入を余儀なくされています。原因疾患の1位は、糖尿病に合併する糖尿病性腎症です。

腎機能の低下が起こってくると、老廃物の蓄積や水・電解質の不均衡から生体内の恒常維持ができなくなり、いわゆる尿毒症症状を呈してきます。被災地では透析療法が受けられないとなると、命に関わってくる問題となります。


尿毒症の主たる原因物質(尿毒症性物質)として、グアニジン、フェノール、インドールなどの低分子物質、アルカロイド、脂肪族アミン、副甲状腺ホルモンをはじめとするホルモン、ポリペプチドなどが挙げられています。こうしたものを除去する方法として、人工透析があります。

透析療法とは、以下のようなものです。続きを読む
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧