お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

不妊症・不妊治療

不妊症治療の進め方−タイミング法

「出産日が近づき、わくわくします」 群馬県の主婦A子さん(36)は、大きくなったおなかをさすりながらにっこり笑う。来月、待望の第1子を出産予定だ。24歳で結婚したA子さんは子供を望んで2年たっても妊娠しなかった。検査を受けたが、子宮や卵管に異常はなかった。

不妊治療を始めて1回だけ妊娠したが、すぐに流産した。
これまで約10年間、採取した夫の精子を子宮に注入する「人工授精」を10回、体内から卵子と精子を取り出して行う「顕微授精」を4回繰り返したが、だめだった。

昨年、夫の転勤に伴い初めて受診した前橋市の横田産婦人科医院(今月から横田マタニティーホスピタルに改称)で、超音波検査の結果、子宮に米粒大のポリープが見つかった。同院理事長の横田佳昌さんは「いつポリープができたのかはわからないが、着床を妨げている可能性がある」と判断し、切除器具で取り除いた。その上で、排卵日に合わせて性交する「タイミング法」を勧めた。

A子さんはすぐに妊娠。この時は流産したが4か月後、再び妊娠した。「まだ気が早いけど、あと1人は欲しいかな」。A子さんの表情は明るい。夫婦で子供を望んでも2年間、妊娠しないことを「不妊」と言い、その原因は男女ほぼ半々だ。検査で夫婦にはっきりした異常がみられなければ、通常、タイミング法から始める。横田さんは、「半年程度は続ける」と話す。

読売新聞が全国の不妊治療施設に行ったアンケートで、タイミング法の継続期間を聞くと、30歳代前半が6周期(1周期はおよそ28日)、30歳代後半は3〜6周期、40歳以上は3周期という回答が多かった。

タイミング法で妊娠しなかったり、活発に動く精子の数が少なかったりする場合は、取り出した精子を子宮に注入する人工授精を行う。横田さんの施設で1年間に妊娠する不妊の患者約400人のうち、75%はタイミング法か人工授精で妊娠している。横田さんは「不妊だと思っても卵管や精子などに問題なければ、自然妊娠できる場合は多い」と説明する。

自然に近い形での妊娠を重視する施設もあれば、早い段階で体外受精や顕微授精を始める医療機関もあり、治療の進め方はまちまちだ。不妊治療のあり方を考える。
(初めは「タイミング法」)


不妊の定義(WHOによる)は、「避妊なしで2年以内に妊娠に至れない状態」となっていいます。妊娠に至れない状態を原発性不妊、一度以上の妊娠・分娩後妊娠に至れない状態を続発性不妊と区別する場合もあります。

不妊の分類としては、女性不妊、男性不妊、両性に原因がある複合不妊があり、それぞれおよそ1/3の頻度だといわれています。女性不妊としては、排卵障害、卵管性不妊(通過障害や卵管采のpickup障害など)、子宮性不妊(筋腫、腺筋症、内膜発育不全、内腔癒着など)、精子・頸管粘液不適合(免疫因子を含む)、子宮内膜症などがあります。男性不妊としては、乏−無精子症、無力精子症、奇形精子症、性交障害などがあります。

不妊症の検査としては、女性ならば基礎体温測定、経腟超音波検査、子宮癌検診、感染症検査(クラミジアなど)のほか、月経周期の適切な時期に内分泌検査、卵管疎通性検査(子宮卵管造影など)、性交後試験、子宮内膜日付診などを行います。他にも、必要に応じて腹腔鏡検査、MRIなどの画像検査、自己抗体検査などを行います。男性ならば、精液検査を行います。

こうした検査で原因が特定された場合、その治療を行うことになります。ただ、これらの検査を行っても、原因を特定できない原因不明不妊も10%程度存在しています。上記のように、検査で夫婦にはっきりした異常がみられなければ、通常、タイミング法から始めます。

タイミング法とは、以下のようなものを指します。続きを読む

代理母出産で起こった問題

以下は、ザ!世界仰天ニュースで扱われていた内容です。

1977年 アメリカ、ミシガン州。この町で暮らすビル38歳とブリジット45歳はとても仲の良い夫婦だった。夫のビルは元・海兵隊員で退役後は軍の食肉処理場で働いていた。やさしくて働き者の夫と一緒になれてブリジットはとても幸せだった。しかし、夫婦にはある悩みがあった。実はブリジットには離婚歴があり前の夫との間には娘もいた。しかし、ビルと再婚後、子宮摘出の手術を受け、子供を産めない体になっていたのだ。以前は養子をもらうことも考えて、2人で役所に相談に行ったこともあるのだが、ミシガン州の州法では夫婦のどちらか一方でも40歳を超えていると里親になる事ができないという。この法律の壁が、2人が養子をもらうことを拒んだのだ。

そんなある日、ある夫婦が、子供を産んでくれる「代理母」を求めているという内容の記事を新聞でみつけた。当時、アメリカで始まったばかりの代理母制度。ブリジットにとってまさに希望の光。しかし、ブリジットは子宮だけでなく、卵巣も摘出していたため、卵子も代理母のものを使う出産となる。ブリジットの遺伝子は子供に受け継がれない。二人は慎重に話し合った。そして二人は代理母出産を決意し、新聞にあったある人と連絡をとった。その人物とはアメリカで初めて代理母契約を成立させたノエル・キーン弁護士だった。相談の結果、テレビに出演して事情を訴えるという手があることを知り、夫婦は「フィル・ドナヒュー・ショー」というテレビ番組に出演した。夫婦の訴えに、行動を起こした一人の女性がいた。キーン弁護士は、すぐにその女性と面会した。女性の名前はダイアン。31歳。2歳の男の子を持つシングルマザーだった。

10月、夫婦はダイアンの住むテネシー州ノックスビルへ飛び、面会することになった。ダイアンは何冊ものアルバムにまとめた息子の写真を見せ、子育てでの苦労と楽しさを二人に話してくれた。子供が大好きな優しくておだやかなダイアン。この女性が代理母をつとめてくれるなら安心だ。2人に迷いはなかった。必要な経費のほかに報酬といったものはお支払いすることは出来ないことを確認するも、ダイアンは快く納得していた。

そしてビルは薬局で注射器などの必要な器具を買い求めた。当時は人工授精と言っても病院でのシステムは確立しておらず、当人たちが個人で行うものだったのだ。渡された精子を彼女自身が注入することで妊娠を待つ。そして40日後、ダイアンから見事妊娠の連絡が。これで自分たちの子供が抱ける。ブリジットとビルの2人は喜びでいっぱいだった。夫婦は再びダイアンのもとに飛び、ノエル弁護士が作成した正式な契約書を取り交わした。それにはダイアンは子供を出産したら、すぐに夫婦に引き渡すこと。それ以降子供の親権は一切主張しないことなどが明記されていた。サインの後、夫婦はダイアンと別れた。2人とってダイアンはまさに赤ちゃんを運んでくれるコウノトリのはずだった。2人は、赤ちゃんをその手に抱ける日が待ち遠しかった。ところが、一か月後に思いもしなかったことが始まる。

ダイアンからブリジットへの電話の内容は、クリスマスに息子を連れてボストンの母親を訪ねたいが、旅費を都合してもらえないかという相談だった。ブリジットはビルに相談した。契約上、経費以外の金は支払う必要はなかったが、子供を授かっているダイアンを助けるために2人はすぐに旅費を送金してあげた。ところがその数日後、再びダイアンからの電話が。料金はこちら払いのコレクトコール。なんと家に泥棒が入り、送ってもらった400ドルのほか、明日、食べ物を買うお金も全部盗まれたという。泣き出すダイアンの声を聞き、夫に相談してお金を送るからと告げ電話を切ったがブリジットは疑っていた。

それから次々と、階段からすべって足をひどくねんざした治療費、息子が病気になって病院に連れていく診療代、交通事故にあってクルマの修理代など、度重なる金の無心をした。2人は疑いながらもわが子を宿している彼女を責めることができず言われるままに金を送り続けた。コレクトコールの料金だけで月に400ドル以上。さらに500ドル、600ドルとダイアンに送金し続けた。裕福とは言えない生活を送っていた二人はたちまち金銭的に困るようになった。夫がいくら残業をしても追いつかないのだ。

そして、ダイアンが妊娠7ヶ月ほどになった時だった。その夜、ダイアンはかなり酔っているようだった。再び金の無心をするダイアンに、もうお金の要求をするのはやめてほしいとビルが告げると、ダイアンは恐ろしい本性をむき出しにする。私が金に困って自殺したらお腹の赤ちゃんも死ぬのよ。と、腹の赤ちゃんを人質にして脅迫を始めたのだ。さらにこの後ダイアンの要求はエスカレートした。拒否するすべのない夫婦がその頃までにダイアンに送った金は1万3,000ドルにのぼっていた。とうとう夫婦の間にも亀裂が入り始めた。ダイアンの出産予定日が近づいていた。だが、金の要求は止むことはない。

なんとしても自分たちの赤ちゃんを受け取ると、ダイアンのへ乗り込んだ。しかし、そのダイアンの家から出てきたのは見たことも無い女性だった。ダイアンはビッキーという同居人と暮らし始めていた。そしてリビングには臨月の大きなお腹をしたダイアンが横になっていた。やはり事故を起こして拘置所にいるという電話はウソだったのだ。驚くことにダイアンはドラッグづけの生活をしており、金の大半はそれに費やされていた。

それから、奇妙な同居生活がはじまった。何とか少しでもいい状態で生んでほしいと、2人はダイアンに24時間貼りついた。ついに、陣痛が始まった。元気な男の赤ちゃんが出産された。少しの間だけ薬物依存治療を受けなければならなかったが、薬物の影響は心配するほどのものではなく、問題ないとの医師の診断だった。

一方、ダイアンは赤ちゃんの顔を見ることもなく、翌日退院していた。5日後、ようやく退院を許された赤ちゃんと夫婦は病院近くのホテルに滞在。いよいよ明日はこの子を連れて我が家へ帰ることができるという日、ダイアンがホテルにやってきた。

ダイアンは自分が生んだ赤ちゃんに全く興味を示さず、出産したばかりで仕事ができないと、またも金の無心をしてきた。ビルが計400ドルを渡し、赤ちゃんを産んでくれたことは感謝するが、次、連絡してきたら訴えると念を押すと、そのままダイアンは、2人の元から姿を消し、二度と金の無心をしてくることもなかった。それから30年、生まれた赤ちゃんはビルジュニアと名付けられ幸せに暮らしている。一方「代理母」ダイアンは、今はどこでどうしているのか、全く行方が分からないという。


代理出産とは、妻の生殖器に異常があるため妊娠や出産ができず(先天的に子宮を欠損している女性や子宮摘出を受けた場合)、第三者の女性と代理母契約を結び、夫の精子で人工授精し子供を生んでもらうことを指します。

方法としては、上記のように代理母は妻以外の女性に夫の精液を注入する方法(人工授精)と、妻の卵子と夫の精子を体外受精させ、それを妻以外の女性の子宮に戻す方法(体外受精)とに分類されます。

前者は、人工授精(artificial insemination with husband's sperm:AIH)によって行われ、排卵日に合わせて女性の体内に精子を注入する治療です。上記のケースでは、そのまま注射器に入れて注入していますが、現在では、比重遠心法やスイムアップ法で、精漿成分や病原体の除去と運動良好精子の濃縮を行い、注入します。

後者は、先天的に子宮を欠損している女性や子宮摘出を受けた場合に適応となり(卵巣の機能には問題がないような場合)、生物学的には夫婦間の子供といえます。体外受精(IVFと略されます。In Vitro Fertilizationのことです)により、通常は体内で行われる受精を体の外で行います。卵子を採取し(採卵)、体外で精子と受精させ(媒精,顕微授精)、培養した胚を子宮腔に戻す(胚移植)という作業が行われます。

具体的には、まず複数の成熟卵子を採取するため、内因性ゴナドトロピンをGnRHアゴニストで抑制しつつFSH/hMG製剤にて卵胞発育を促します。主席卵胞径が18mmに達したら、FSH/hMG製剤を終了し、LHサージの代用となるhCG製剤を投与して卵成熟を促します。

hCG投与の34−36時間後に、採卵します。局所麻酔または静脈麻酔のもと経腟超音波ガイド下に卵胞を穿刺し、卵胞液とともに卵子を吸引します。

卵子を2〜4時間培養した後、最終運動精子濃度が10万/mL程度になるよう精子浮遊液を加えて媒精します。顕微授精では、第2減数分裂中期に達した成熟卵に対してICSI(卵細胞質内精子注入法)を行います。

その後、培養していきますが、胚盤胞の孵化が始まる6日目以降の胚移植では、妊娠率が低下するため、臨床的に培養期間は5日間が限界となります。胚移植は、カテーテルに形態良好胚を入れ、経頸管的に子宮腔に注入することになります。

代理母出産を巡っては、現在は以下のような扱いになっています。続きを読む

体外受精における受精卵、原則1個に−日本産科婦人科学会

日本産科婦人科学会は12日の総会で、双子など多胎妊娠を防ぐため、不妊治療の体外受精でできた受精卵を子宮へ戻す数について「原則1個とし、35歳以上、または2回以上続けて妊娠できなかった女性などには2個戻すことも許容する」という案を正式決定した。
(子宮に戻す受精卵は1個 正式決定)


日本産科婦人科学会は02月23日、理事会で体外受精して「子宮に戻す受精卵を原則1個」にする見解案を承認していました。35歳以上か、2回以上続けて妊娠しなかった患者は、2個まで戻すことを容認する、という部分も同様でした。
 
当初の学会指針は「3個以内」でしたが、2007年12月の理事会で「2個以内とし、可能な限り1個を目指す」とする見解案が承認され、さらに「原則1個」と決定されていました。今回の総会で、正式に決定されました。

35歳からは妊娠率が低下するため、「2個」を容認する選択肢も残しています。成功率との兼ね合いで考えると、不妊治療の経済的負担が増す可能性もありますが、母体の安全を重視した方針になっています。

体外受精(IVFと略されます。In Vitro Fertilizationのことです)とは、不妊治療の一つで、通常は体内で行われる受精を体の外で行う方法です。受精し、分裂した卵(胚)を子宮内に移植することを含めて体外受精・胚移植(IVF-ET)といいます。卵子を採取し(採卵)、体外で精子と受精させ(媒精、顕微授精)、培養した胚を子宮腔に戻します(胚移植)。

具体的には、まず複数の成熟卵子を採取するため、内因性ゴナドトロピンをGnRHアゴニストで抑制しつつFSH/hMG製剤にて卵胞発育を促します。主席卵胞径が18mmに達したら、FSH/hMG製剤を終了し、LHサージの代用となるhCG製剤を投与して卵成熟を促します。

hCG投与の34−36時間後に、採卵します。局所麻酔または静脈麻酔のもと経腟超音波ガイド下に卵胞を穿刺し、卵胞液とともに卵子を吸引します。

卵子を2〜4時間培養した後、最終運動精子濃度が10万/mL程度になるよう精子浮遊液を加えて媒精します。顕微授精では、第2減数分裂中期に達した成熟卵に対してICSI(卵細胞質内精子注入法)を行います。

その後、培養していきますが、胚盤胞の孵化が始まる6日目以降の胚移植では、妊娠率が低下するため、臨床的に培養期間は5日間が限界となります。胚移植は、カテーテルに形態良好胚を入れ、経頸管的に子宮腔に注入することになります。

多胎妊娠の問題点としては、以下のようなものがあります。続きを読む

アメリカにおける代理母出産の現状

3月31日発売の米誌ニューズウィークが、第三者の子供を産む「代理母」に、軍人を夫に持つ女性が志願するケースが急増していると報じた。テキサス州やカリフォルニア州では、代理母の半数を占めるという。

「米兵は給与も格安で、新兵の年間基本給は最高でも約2万9000ドル(約290万円)。自衛隊員の平均給与の半分以下で、中には年収2万ドル未満の兵士もゴロゴロいます。これに対し、代理母への報酬は、2万〜2万5000ドル(約200万〜250万円)」(在米ジャーナリスト)

仲介業者も心得ており、米軍向け新聞などに代理母の募集広告が目立つという。
(代理母の半数は「米兵の妻」稼ぎは夫の年収分)


2008年01月、日本学術会議「生殖補助医療の在り方検討委員会」の作業部会が、代理出産を新法で禁止すべきだとする報告書素案をまとめました。

素案では、夫婦の精子と卵子を用いた代理出産について検討し、代理母となる女性が被る身体的・精神的負担や、生まれてくる子供の心に与える影響などの問題があり、代理母が危険を承知で引き受けたとしても「自己決定が十分といえるか疑問がある」としています。結果、営利目的での代理母出産に対して、実施に処罰を検討する、といった内容になっています。

代理母出産については、生殖補助医療の進展を受けて日本産科婦人科学会が1982年10月に決定した「会告」により、自主規制が行われているため、国内においては「原則」として実施されないことになっています。

ところが、諏訪マタニティークリニック(長野県下諏訪町)の根津八紘院長が、国内初の代理母出産を実施し、2001年5月にこれを公表しています。こうした代理母出産を巡る動きを受け、厚生労働省の審議会が2003年にとりまとめた『精子・卵子・胚の提供等による生殖補助医療制度の整備に関する報告書』および、日本産科婦人科学会の会告によって、規制の方向に乗り出しています。

代理出産とは、妻の生殖器に異常があるため妊娠や出産ができず(先天的に子宮を欠損している女性や子宮摘出を受けた場合)、第三者の女性と代理母契約を結び、夫の精子で人工授精し子供を生んでもらうことを指します。

方法としては、体外受精(IVFと略されます。In Vitro Fertilizationのことです)にあたり、通常は体内で行われる受精を体の外で行います。卵子を採取し(採卵)、体外で精子と受精させ(媒精,顕微授精)、培養した胚を子宮腔に戻す(胚移植)という作業が行われます。

一般的な妊娠同様に、子宮外妊娠が起こる可能性もあります。子宮外妊娠とは、受精卵が本来着床すべき子宮の内腔以外の場所に着床し生育した状態を指します。発生部位は卵管妊娠がほとんどで、98%以上を占めています。中でも80%は卵管膨大部妊娠であるといわれています。

さらに、体外受精の問題点として、以下のようなことが指摘されています。続きを読む
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧