お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

生活と医学

20歳で夜尿症(おねしょ)に悩まされている女性

yomiDrの医療相談室にて、「夜尿症の良い治療法は」という相談が寄せられていました。
20歳の娘は幼い頃から夜尿症に悩まされています。中学時代に治療を受けたことがあり、薬物療法や小さい膀胱ぼうこうにできるだけ尿をためる訓練などをしましたが、改善しませんでした。良い治療法はないでしょうか。(66歳男性)

この相談に対して、大野泌尿器科院長である津ヶ谷正行先生は以下のようにお答えになっています。
夜尿症は主に、夜間の尿量の多さ、就寝中の膀胱容量の低下、睡眠中に尿がたまっても起きられない、といった要因が絡み合って起こります。

多くは、膀胱や体が年齢に応じて大きくなり、自然に治ります。ただ、成人以降も続くことがあり、海外の研究では0・5%とも報告されています。

薬物療法では、抗コリン薬なども使いますが、主体となるのは、水なしでも服用可能な抗利尿ホルモン薬です。夜間の尿量を大幅に減らし、7割近くの患者さんに効果があります。

抗利尿ホルモンとしては、デスモプレシン酢酸塩(製品名 ミニリンメルトOD錠)があります。通常、1日1回就寝前にデスモプレシンとして120μgから経口服用し、効果不十分な場合は、1日1回就寝前にデスモプレシンとして240μgに増量することができます。
このほかにも、夜尿を探知するとアラームが鳴り、家族に起こしてもらう治療法があります。排尿を抑える力を高め、膀胱容量を増やすと考えられており、最低3か月は続けます。

日中に食事や飲み物から多めに水分をとって尿量を増やし、夕方から就寝まではカフェインを含むコーヒーやお茶などを避けて、夜の尿量を減らす生活改善も重要です。

また、日中の尿意を我慢したり、起床後に初めて排尿したりした時の「最大尿量」が200ミリ・リットル未満なら、膀胱や尿道の病気が潜んでいることもあります。

治療には数年を要することも珍しくなく、諦めないことが重要です。日本夜尿症学会夜尿症ナビなどのホームページで、成人の診療が可能な医療機関を調べて問い合わせてみてください。
続きを読む

今季もインフルエンザが流行中、昨年より1週間遅れ

都道府県がまとめているインフルエンザ定点当たり届出数によると、第51週(12月16日から22日)の全国の定点当たり届出数が1.39人となり、流行の目安とされる「1人」を超え、流行入りしています。全国的な流行入りは、昨シーズン(第50週)より1週遅れとなりました。

東京都も1.11人と全域で流行入りし、埼玉県が2.30人、栃木県が1.43人、千葉県が1.35人、茨城県が1.04人、神奈川県が1.03人となっています。

続きを読む

胃薬を飲まれている方は、貧血にご注意を。

米国医師会雑誌(JAMA)に、「Proton Pump Inhibitor and Histamine 2 Receptor Antagonist Use and Vitamin B12 Deficiency」という論文が掲載されていました。この論文では、胃薬であるプロトンポンプ阻害薬(PPI)とH2ブロッカーの長期使用は、その後のビタミンB12(VB12)欠乏症のリスク因子となり、ひいては貧血などの原因となる可能性がある、と指摘されています。

ガストール錠
【第2類医薬品】ガストール錠 60錠

ビタミンB12が欠乏し、見逃され治療されないままだと、認知症や神経損傷、貧血などの深刻な合併症を引き起こす危険性があるといわれています。実は、胃酸分泌抑制薬は胃酸の分泌を抑制し、これによりビタミンB12の吸収不良を引き起こす可能性があることが指摘されています。以前から、この現象は胃癌の患者さんで、胃を摘出した方に多く起こることは知られています。

この論文の研究では、1997年1月から2011年6月に、VB12欠乏症と初めて診断された18歳以上の患者の中から、ビタミンB12欠乏症に直接関係する疾患と診断された場合や、PPIまたはH2ブロッカー使用歴が2年未満を除外して、ケースを抽出しています。続きを読む

ドライマウス…口が乾く症状にお困りの方に

yomiDrの医療相談室に「ドライマウス マスク欠かせない」という相談が寄せられていました。
ドライマウス(口腔こうくう乾燥症)と診断され、マスクをしないと外を歩けず、つらいです。今後もこのまま症状が続くのでしょうか。何かいい治療法はないでしょうか。(74歳女性)

この相談に対して、NTT東日本関東病院歯科口腔外科ドライマウス外来志村デンタルクリニック副院長である志村真理子先生は、以下のようにお答えになっています。
口の中は唾液により潤っていますが、その唾液の分泌量が低下して口の中が乾燥した状態をドライマウスといい、50歳以降の女性に多くみられます。

唾液の働きには
1) 粘膜を保護する。
2) 粘膜の傷の修復を早める。
3) 細菌を抑える。
4) 歯を丈夫にする。
5) 食べ物ののみ込みを助ける
――などがあります。唾液量が減るとこれらの作用が低下するため、口が乾く、ネバネバする、舌や口の粘膜が痛い、食べ物がのみ込みにくいなどの症状が表れます。

唾液量低下の原因として加齢、ストレス、薬の副作用、がん治療のための放射線療法などがあります。さらに膠原こうげん病の一つであるシェーグレン症候群が原因のこともあります。

診療は、口の中の乾燥状態を確認し、専用の保湿計で舌や口の粘膜の潤い度を計測します。また検査用のガムをかんでもらい、吐き出す量を調べ、口の状況に合わせた指導を行います。

相談者のように、症状が消えないことを不安に思う方が大勢います。口内炎には、粘膜の荒れを修復するうがい薬を処方したり、唾液の成分を含む保湿剤、低刺激の歯磨き粉など、薬以外のドライマウス専用のケア用品を利用したりすることでかなり改善します。

よくかんで食べる、舌や口の運動をする、十分な睡眠をとる、部屋の湿度を調整する、リラックスする時間をもつなど生活環境の改善も大切です。毎日行う歯磨きのほかに今後は保湿対策も加えてください。
続きを読む
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧