お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

ニュース・ヘッドライン

09/2/1 医学ニュースヘッドライン

娘の美容整形費用捻出のため母が自宅売却、英国で賛否両論。
美容整形には問題点や反感が少なくないが、「キレイになって自信を持てる」などさまざまなプラス効果も報告されている。その一方で、ネックとなるのが手術費用だ。看護師の母マレーネさんは娘に皮膚のたるみを取る美容整形手術を受けさせようと自宅の売却を決意
子供のために、何かをしてやりたいというのは、万国共通なのでしょうね。

300年前の下肢切断手術とは
麻酔のない時代。その時代の手術がいかに大切か、想像に難くないです。

2回目の調査委開催 大阪・国立循環器病センター
患者側の同意を得ないまま補助人工心臓の治験(臨床試験)を行ったのではないか、という問題について。10人以上の関係者からヒアリングを行う予定とのこと。

新生児集中治療室「1年以上入院」が全体の3.8%
退院できない理由では、在宅療養の担い手がいないなど「家族の都合」が24%、「療育施設の不足」が22%で、いわゆる「社会的入院」が半数近くを占めた。「症状が重い」などの医学的原因は34%にとどまった。
主治医によると、8割近くが退院が望ましいとのこと。ですが、受け皿となるものの存在を探すのは難しそうです。続きを読む

09/1/31 医学ニュースヘッドライン

彼の顔がよく見える!川島なお美、視力矯正
川島なお美さんも、レーシック手術を受けたそうです。視力が0.1から1.2になったそうです。

医学部実習でO157感染 群馬大の学生3人
保健学科の女子が培養を行ったところ、3人が感染、1人が入院に至ったそうです。

「リレンザ」処方の高2男子が転落死
異常行動と、インフルエンザ治療薬との因果関係は明らかになっていませんが、こうしたことがあるのだと認識し、目を離さないようにすることが重要なようです。

頭痛を記録しよう
頭痛の継続時間や、痛みの生じた位置などを記録していると、診断の助けになります。また、自身にとっても頭痛が発生する原因を取り除くことの助けにもなりそうです。続きを読む

09/1/26 医学ニュースヘッドライン

チェックリストで外科手術後の合併症が減少、生存率が向上
声に出して読み上げる1ページのチェックリストを開発した。このリストは、「タイムアウト(timeouts)」と呼ばれる時間帯(麻酔開始前、最初の切開の前、患者を手術室から搬出する前)に、手術室の全スタッフに患者の重要な情報を確実に伝えるように作られたもの。
「ありえない」という単純なミスが、実際には起こりうるものなのでしょう。それを未然に防ぐことが、このリストによってできるようです。

肝炎治療の助成利用伸びず、受給要件を緩和 09年度から
来年度から所得などの要件を緩和することを決めた。
約1年間にわたって、月約7万円を自己負担する必要があったと考えると、かなり負担の軽減にはなると思われます。ぜひ治療を受けていただきたいと思います。

安全性高いiPS細胞、遺伝子を使わずに作製 米ハーバード大
山中伸弥教授らがiPS細胞を作るときに使った3つの遺伝子を置き換えられる複数の化合物を発見
遺伝子を使わないということで、癌化するリスクが低減できるのではないか、ということなのでしょう。再生医療の研究を、より加速してくれることが期待されます。

微量の薬で効果・副作用を予測 新薬開発に新たな手法
すでに承認された約20種の薬で、服用量の100分の1以下を飲んでもらい、放射性同位体や陽電子放射断層撮影(PET)などを用いて、体内での吸収や分布、代謝などを調べる。これで実際の効果や副作用をどの程度、予測できるかを検証する。
体内での代謝に近い形でトレースできるため、信憑性は高いのではないか、と考えられます。続きを読む

09/1/24 医学ニュースヘッドライン

多剤耐性菌、23人が院内感染−福岡大病院
重症患者23人が、抗生物質が効きにくい細菌「多剤耐性アシネトバクター」に院内感染していた。
感染源、そして感染ルートの究明や再発防止策の検討が求められます。

世界初、ES細胞治療の臨床試験…脊髄損傷患者に注入
臨床試験の第1段階は今夏に開始。損傷から1〜2週間の患者8〜10人を対象に、中枢神経を保護する細胞に育つ細胞を注入する。治療の安全性を確かめるのが目的だが、マヒした感覚や運動機能の回復など、治療効果も同時に調べる。
安全性の問題など、多くの課題はあると思いますが、再生医療は非常に大きな魅力ある研究であると思われます。

「ピロリ菌いれば全員除菌を」学会が新指針
新指針では、ピロリ菌が胃粘膜にいる状態を「ヘリコバクター・ピロリ感染症」と位置づけ。除菌は胃潰瘍の治療や胃がん予防に役立つなど、「強い科学的根拠があり、強く勧められる」とした。
プロトンポンプ阻害薬(ランソプラゾールまたはオメプラゾールまたはラベプラゾール)+ クラリスロマイシン + アモキシシリンの3剤併用が健康保険の適用となっています(ただし、胃潰瘍と十二指腸潰瘍がある場合のみ)。

コレステロール…基準値 性差に配慮を
LDLの数値の変化は、男女で大きく異なる。一般的に若いうちは、男性の方が高いが、女性は閉経すると一気に上がり、男性を抜く。女性ホルモンにLDLを下げる働きがあるためだ。
数値は、あくまでも目安の一つとしてご活用してください。

高血圧ガイドライン改定
家庭での血圧測定や、高血圧の治療について改訂がみられました。続きを読む
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧