お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

ニュース・ヘッドライン

09/1/21 医学ニュースヘッドライン

闘病と日常生活
小児がんの子供はかわいそうという特別な目で見るのではなく、普通の子供と同じように好奇心旺盛で、遊びたいし、治れば普通の生活ができるのだということを知ってもらいたい。
「チャイルド・ケモ・ハウス」理事長の楠木重範医師も、小児がん(リンパ腫)を患った過去があるそうです。現在、小児科医をされているとのこと。

冬は「マスク」で自己防衛 立体、保湿、色や香り…多彩に
マスクをつけると子供のインフルエンザ発症率を5分の1に低減できる
まだ続く受験シーズン。マスクによる保湿効果などで、しっかりと風邪やインフルエンザ対策をして頑張ってください。

冬の厳しい寒さから足を守るには
専門医が冬季によく診療する症例の一部に、積雪や地面の凍結のほか、不適切な履物に起因する足の不調がある
お心当たりがあれば、改善の参考に。

過敏性腸症候群…便秘型 女性悩ます
症状にも男女差があり、男性は下痢型、女性は便秘型か、便秘と下痢を繰り返す混合型になることが多い。現状では、ストレス対策や食物繊維の多い食事、腸の働きを良くする適度な運動などが回復の近道になる。
この症例ではマグラックス(便を軟らかくする)といった、普通の下剤が処方されているようです。特殊な治療ではなく、ストレス改善や下剤などが必要になるようですね。続きを読む

09/1/18 医学ニュースヘッドライン

笑顔の度合いを数値に「スマイルスキャン」−オムロンが開発
接客の研修用などとしてサービス業や医療機関へ売り込む。第1弾は病院に納入する。
顔だけを繕っても仕方ありませんが、医療もサービス業。見た目も重要ですね。

粘膜が細菌感染防ぐ仕組み解明 たんぱく質が作用
腸内などの粘膜が細菌の感染を防ぐ仕組みを解明した。体内にある「インターロイキン17F」と呼ばれるたんぱく質が細菌の活動を抑えていた。
IL-17Fは、炎症反応を起こさないため薬剤として利用できる可能性が高いそうです。

ニキビ抑える新薬
新しく認可された塗り薬「ディフェリン」(一般名アダパレン)。ディフェリンは、ニキビのできる初期段階において、毛穴が固くなるのを抑え、皮脂がたまるのを防ぐ働きがある。
保険適応もあり、悩んでいる方がいたら是非。

医療ドラマ全盛時代
医療ドラマは通常ドラマの倍以上は制作費がかかることだ。リアリティーが勝負の医療ドラマはごまかしが利かない。
たいてい医師が監修していますね。続きを読む

09/1/15 医学ニュースヘッドライン

"虫刺され"と診断 実は5cmの針
アビーさんには激しい背中の痛みと一過性のしびれに突然襲われる疾患があり、針は裁縫の授業で倒れた際に刺さったものと見られている。
頸部の痛みなどを訴えていることなどから、詳細な問診をすべきであったということでしょうかね。レントゲン検査にて発見され、事無きをえたようです。

小児ぜんそく ハンドブック作成、日常生活の注意点盛り込む
喘息に関する概論的なことではなく、日常生活に即した内容であり、平易に説明されたものだそうです。お子さんと一緒に、気を付けるべき点を学ぶのにはいいかもしれませんね。

がん、最後まで闘病 患者81%、医師は19% 東京大研究グループ
望ましい死を迎えるために、がん患者の81%は「最後まで病気と闘うこと」が重要と回答したが、医師は19%だったとの結果を、東京大の研究グループが14日、発表した。
副作用との兼ね合いもあり、「これ以上、辛い(延命効果に乏しい)治療を続けるよりは、緩和ケアなどをしたほうが…」と医療者側が考えていても、患者さんは最期まで治療を望む、という解離があるようです。

片頭痛…月経時 長く強い痛み
月経の時には、効果が続く時間が24時間と最も長い「ナラトリプタン」。効き始めるまで時間がかかるので、消炎鎮痛薬も一緒に飲む。外出を控えてすぐに治したい時は、効き目が早い「リザトリプタン」を選ぶ。
月経周期との関係性もあり、こうした工夫が症状緩和には良いという人もいるようです。頭痛でお困りの方は、自分の症状の現れ方を見直すことも大事かもしれませんね。続きを読む

09/1/13 医学ニュースヘッドライン

ワンコインで健康診断 フリーターらに人気
検査内容は、大きく分けて「血糖値」「総コレステロール」「中性脂肪」「身長、体重、骨密度、血圧など」の4つ。1回の検査は数分で各500円(ワンコイン)、セットでは1500円で受けることができる。
「健康診断のハードルを低くする」のが目的の一つであるとしているそうで、生活スタイルなどの見直しの契機となれば、と考えられます。

国立がんセンター、がん対策のサポーター募集
患者や市民の視点を、がん対策に取り入れるのがねらい
病院側の理屈のみで動くのではなく、さまざまな視点から意見が取り入れられることが期待されます。逆に、病院側の苦労や限界を知っていただける機会にもなりうると思われます。

都内歯医者"1日1軒ペース"廃業
保険廃止の理由としては、▽経営不振▽移転▽法人化▽病気・高齢などによる開設者の変更−などが考えられるという。
最近では、歯冠修復・欠損補綴以外の自費診療と保険を一緒に行うと混合診療となり、保険分を否定されるようになってきている。これが徹底されるようになれば、保険廃止の数は今の2−3倍どころではないだろう


禁煙 「挑んでは失敗」の繰り返し…
喫煙男性のがん発症危険度は肺が非喫煙者の23.3倍、口腔・咽頭10.9倍、食道6.8倍
最近では代替療法や、禁煙外来などもあります。思い立ったら行動してみるのも、良いかもしれませんね。続きを読む
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧