お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

かゆみ

皮膚が痒くて仕方がないという方に−その予防や治療

教えて!gooに、「肛門が痒いんですが・・・。」という相談が掲載されていました。
肛門の痒みは、今から半年ぐらい前から続いています。学校でも痒くなることがありますが、流石に学校では掻けないので、我慢しています。どうしても痒い場合は、ムヒソフトというのを使用しています。

肛門も皮膚だと聞いたので、ムヒソフトに痒みを押さえる成分が入ってるとかいうことなのでつけているんですが、まったく効果ありません;ギョウチュウがいるんではないかと、痒いときに鏡で見ましたが、白いものは見えませんし・・・。 一体何が原因なのでしょうか?

肛門近くに痒みを現す病変の総称を、「肛門そう痒症」と言います。特発性(明かな原因が見あたらない)と続発性(何らしらかの病気に付随して起こる)に大別されます。

特発性の背景因子には過敏症、肛門部皮膚知覚異常、嗜好品などがあります。続発性は、肛門疾患(痔核、痔瘻など)、皮膚疾患(湿疹、乾癬)、感染症(カンジダ症、白癬症)などが原因となりえます。

肛門だけでなく、発疹がなく皮膚に痒みを感ずる疾病を「皮膚そう痒症」と言います。

全身にそう痒をきたす「汎発性皮膚そう痒症」と、「限局性皮膚そう痒症」とに分けることができます。「汎発性皮膚そう痒症」は、環境の乾燥や高齢による皮膚の乾燥、薬物、食品、内臓疾患などにより生じます。

内臓疾患としては、肝障害、腎障害、甲状腺機能異常のほかホジキン病などの悪性腫瘍があり、問診が重要となります。薬剤はモルヒネなど、食品は魚介類などのヒスタミン遊離物質が痒みを起こしえます。

高齢者には皮膚の乾燥によるものが多く、腹部背部下肢に症状が強いです。皮膚が乾燥して皮溝に一致して鱗屑のみられることがあります。

「限局性皮膚そう痒症」は外陰、肛門周囲に多いです。肛囲は痔、蟯虫(ぎょうちゅう)症、下痢などにより、女性では閉経後の皮膚乾燥によるもの、腟カンジダ症により発症します。ちなみに、蟯虫症の場合は、雌成虫が普段は盲腸に寄生していますが、肛門周囲、会陰部で移動しながら産卵するために、夜間に特に痒みをきたします。

このような痒みの治療としては、以下のようなものがあります。続きを読む

アトピー性皮膚炎も「電流」で分かる?

皮膚にごくわずかな電流を流すと電気刺激でかゆみが起こる現象を利用して、東北大学医学系研究科皮膚科学分野の相場節也教授と小沢麻紀研究員が、アトピー性皮膚炎などかゆみを伴う病気の新しい診断方法の開発に取り組んでいる。

小沢研究員らは、通常、電流を流して手足のまひの状態などを調べる市販の検査装置を使用。健康な12人を対象に、最高1・5ミリアンペアの電流で電気刺激を与えた結果、この装置でかゆみを誘発できることを確認した。

病気で皮膚が過敏な状態になると普段より少ない電流でもかゆくなる一方、症状が改善すればかゆみを起こすのに必要な電流は増えるとみられ、皮膚の状態を電流で把握できる可能性があるという。

アトピー性皮膚炎の場合、見た目は正常な皮膚でも、かゆみが起きやすいかどうかの診断は難しい。

この装置を使って継続的に測定すれば、肌の状態が把握しやすくなり治療にも役立つという。

相場教授は「電流という分かりやすい尺度で、皮膚が、どの程度かゆみに過敏なのかを推定できる。装置は簡単に利用でき、安全性も高い」と述べ、早期の実用化を目指している。
(アトピー診断に朗報!皮膚のかゆみを電流で把握)


アトピー性皮膚炎の場合、かゆみ→掻く→皮膚が傷つき、かゆみに敏感になる→掻く→さらに、かゆみに敏感に…という悪循環に陥ってしまいます。

ですから、初期段階でどれだけ痒みが強いかを把握することで、病気が進行することを防ぐことが出来るかも知れません。

特に、冬場などの乾燥する時期は、痒みが強くなってしまいます。しっかりと保湿剤などを用いて、乾燥させないことが重要です。また、痒いときには、掻かずに、アイスバッグなどで冷やすと、痒みがひきます。とにかく、引っ掻いたりして、肌を傷つかないようにご注意を。

【関連記事】
シメジがアトピー性皮膚炎を改善?

血液をO型に変える酵素、ハーバード大などが開発
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧