お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

エコノミークラス症候群

本当は怖い行楽の移動−肺血栓塞栓症

以下は、最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学で放送されていた内容です。

4年前の夏休み、会社の同僚と栃木県へ1泊2日の慰安旅行に出かけたK・Yさん(66)。ワゴン車に乗った一行は、片道3時間半の道のりを休憩も取らず日光まで。

昼食後、名所を巡りながら夏の日光を満喫しましたが、車での移動を考慮して水分を控えていたK・Yさん。宿では露天風呂で旅の疲れをいやし、夜の宴会ではつい飲み過ぎてしまいます。翌日、帰路につくも渋滞に巻き込まれ、4時間以上も車中で過ごし旅を終えました。

そんな彼に最初の異変が現れたのは、旅行から帰った翌日のこと。日課の散歩に出かけると、突然、胸を締め付けられるような息切れに襲われました。そして2日後、ついに決定的な事態が訪れるのです。

具体的には、以下のような症状が現れていました。
1)息切れ
2)呼吸困難
急に強い息切れがみられ、立っていられませんでした。その場で座り込み、呼吸困難で救急搬送されることになりました。

このような症状がみられたため、K・Yさんは緊急搬送されることになりました。その結果、さまざまな検査で(確定診断は肺動脈造影にて行われたようです。右肺動脈に欠損像がみられ、血流が途絶していました)、「肺血栓塞栓症」と診断されました。

肺血栓塞栓症とは


肺動脈内腔に形成された血栓により閉塞された病態を肺血栓症、静脈系から肺動脈へ流入した物質により肺動脈が閉塞された病態を肺塞栓症といいます。これら両者をまとめて「肺血栓塞栓症」と呼びます。

男女比は5:4で、あらゆる年齢層に発症する可能性があります。ただ、高齢になるほど多く、60歳以上が患者全体の約50%を占めます。

臨床的には、後者(静脈系から肺動脈へ流入した物質により肺動脈が閉塞)である肺塞栓症が大半です。急性肺血栓塞栓症は、その90%以上が下肢あるいは骨盤内の静脈に生じた血栓が原因であり、遊離して肺動脈を閉塞することにより生じます。

その他、空気(外傷、カテーテル)、脂肪(骨折)、羊水(自然分娩、帝王切開)、敗血症性塞栓(薬物濫用、カテーテル感染、中絶・分娩後の骨盤部血栓性静脈炎)などがあります。

「エコノミークラス症候群」としても知られるように、長時間、同じ姿勢のまま過ごすと起きやすいことで知られています。新潟県中越地震では、被災地で車中泊をしていた人が多く発症したことが報告され、有名になりました。

一方で、病気や出産で入院したときなどにも起きやすく、手術で病気が治った直後の突然死、といったことが起こる可能性もあります。保険適応がなされるようになってから、術後に「間欠的空気圧迫法」と呼ばれる対策(空気圧で下肢に圧迫するもの)をとる病院が多くなってきたようです。

症状としては頻度の高いものとして、急に発症する呼吸困難(約80%)、多呼吸(約80%)、頻脈(約60%)などがあります。広範な塞栓の場合にみられる場合、不整脈や狭心症様の胸部重苦感、失神などが起こります。肺梗塞・肺水腫を伴う場合は、胸膜炎様胸痛、咳嗽、発熱などが起こることもあります。

肺血栓塞栓症の治療・予防

肺血栓塞栓症の治療・予防としては、以下のようなものがあります。続きを読む

エコノミークラス症候群:被災者30人以上に血栓

新潟県中越沖地震で避難している被災者らがエコノミークラス症候群を発症するのを防ぐための検診が28日、柏崎市と刈羽村の避難所計7カ所で行われた。3年前の中越地震では、「車中泊」が原因とみられる同症候群の疑いで3人が死亡している。この教訓から、行政当局やボランティアらが予防を呼びかけたこともあり、今回は車中泊の被災者が大幅に減少した。しかし、避難所での窮屈な生活でも発症する恐れがあり、専門家らは今後も注意が必要としている。

平成16年10月に発生した中越地震では、地震発生後数日が経過しても、余震での住宅の倒壊などの恐れから「家の中に入れない」という被災者らが、車の中で寝泊まりする姿が多くみられた。車中泊の場合、長時間にわたり同じ姿勢を取り続けるため、血液中に血栓が発生しやすくなる。最悪のケースでは、血栓が血管を詰まらせてしまうエコノミークラス症候群を発症する。

今回の中越沖地震でも、発生2日後の18日朝に柏崎市内で42台の車に58人が車中泊しているのが確認された。県は予防を呼びかけるチラシ約2万5000部を配布したこともありその後は徐々に減少、車中泊の被災者は、27日夕時点での柏崎署の調べでは確認されていない。

しかし、車中泊だけではなく避難所での窮屈な生活でも発症の恐れがある。今回の中越沖地震発生後の19〜22日の4日間、新潟大の医師を中心とする対策チームが柏崎市内の避難所で超音波検査を実施したところ、400人のうち26人が同症候群の目安となる脚の静脈に血栓が見つかっている。

柏崎市内などで28日に行われた、エコノミークラス症候群の検診には被災者ら242人が受診し、8人から血栓が見つかった。検診は29日も行われる。
(被災者30人以上に血栓 エコノミー症候群健診)
エコノミークラス症候群とは、下肢や上腕その他の静脈(大腿静脈など)に血栓が生じ、この血栓が血流に乗って肺へ流れ、肺動脈が詰まる疾患です(急性肺動脈血栓塞栓症ともいいます)。原因としては、脱水、感染、長期臥床、手術などがあります。飛行機の中など、ずっと一定の姿勢でいることで起こりやすいため、エコノミークラス症候群と呼ばれます(別に、エコノミークラスの乗客のみがなるものではないので、ロングフライト症候群と改名しようという動きもあります)。

2004年の新潟県中越地震では、車の中で避難生活を送る人たちの中に、エコノミークラス症候群の疑いで死亡するケースが相次いだことが上記の通り有名です。やはり同じ姿勢で車内に長時間いることや、十分に水分が摂れないといった状況ですと、発生しやすいと思われます。

今回の被災でもエコノミークラス症候群になられた方がいらっしゃり、車中泊だけではなく避難所でも発生しているということが、特に注意すべき点であると思われます。やはり、今回の中越沖地震は夏に発生したということもあり、どうしても汗によって水分が失われやすく、血液が濃縮しやすく、結果として血栓ができやすくなってしまう、ということもありそうです。

発症した後、症状としては、呼吸困難と胸痛があります。そのほか、動悸、冷汗、チアノーゼ、静脈怒脹、血圧低下、意識消失などを生じることがあります。深部静脈血栓症の症状としては、下腿が赤くなり、はれ・痛みなどがあらわれることがあります。こうした症状が出始めたら、エコノミークラス症候群を疑い、お近くの医療施設や救急センターに連絡をされるべきだと思われます。

治療としては抗凝固療法(ヘパリン、ワルファリンなどの抗凝固薬が用いられる)、
血栓溶解療法(ウロキナーゼ、組織プラスミノーゲン活性化因子[t-PAとよばれます]などの血栓溶解剤が用いられる)、血管内治療法(血管内カテーテルを用いて薬剤を注入したり血栓を除去する治療法)などが用いられます。

予防としては、
1.長時間にわたって同じ姿勢を取らない。時々下肢を動かす。着席中も、足を少しでも動かしたりする。
2.こまめに水分を補給する。
3.アルコールを摂取しすぎない(利尿作用で脱水を引き起こすことがある)。


といったことがあげられます。
予防を呼びかけるチラシを、約2万5,000部を配布したことで、徐々に減少されてきているということからも、震災の尊い犠牲を教訓にし、これ以上、犠牲者を出さないようにという気概が見受けられます。是非、これからも助け合いの精神で被災を乗り越えていただきたいと思います。

【関連記事】
災害医療とは:新潟・長野で震度6強 家屋倒壊、けが人多数

エコノミークラス症候群とは:4時間以上のフライトで危険2倍に

熱中症とは:避難所ぐったり 柏崎市は猛暑対策奔走

エコノミークラス症候群とは:4時間以上のフライトで危険2倍に−WHO報告

世界保健機関(WHO)は29日、4時間以上の長時間フライトで、「エコノミークラス症候群」などの静脈血栓症の危険が通常の約2倍になるとの調査結果を発表した。

飛行機だけでなく、列車やバスでも4時間以上同じ姿勢で乗り続けると、血栓症の危険は高まるという。発表によると、フライト後も血栓症の危険は4週間程度続くため、短期間に何度も飛行機を利用する人は、さらに血栓症リスクが高まることになる。

また、肥満のほか、身長が190センチ超や160センチ未満の人、さらに避妊薬の服用なども旅行による血栓症のリスクが増大する要因になるという。

WHOは、今回の調査に続く第2段階の調査で効果的な予防措置を提示するとしているが、調査に携わった担当者は「姿勢を変えないことが、最も重大なリスクだ」と指摘。機内でできるだけ体を動かすなどの予防策を呼び掛けている。
(エコノミー症候群、4時間以上のフライトで危険2倍に)


エコノミークラス症候群とは、下肢や上腕その他の静脈(大腿静脈など)に血栓が生じ、この血栓が血流に乗って肺へ流れ、肺動脈が詰まる疾患です(急性肺動脈血栓塞栓症ともいいます)。原因としては、脱水、感染、長期臥床、手術などがあります。飛行機の中など、ずっと一定の姿勢でいることで起こりやすいため、エコノミークラス症候群と呼ばれます。

2002年にサッカーの高原直泰選手が、海外への移動に際して(エコノミークラスではなくビジネスクラスだったそうですが)を利用して発病したことや、2004年の新潟県中越地震では、車の中で避難生活を送る人たちの中に、エコノミークラス症候群の疑いで死亡するケースが相次いだことが有名ではないでしょうか。

症状としては、呼吸困難と胸痛があります。そのほか、動悸、冷汗、チアノーゼ、静脈怒脹、血圧低下、意識消失などを生じることがあります。深部静脈血栓症の症状としては、下腿が赤くなり、はれ・痛みなどがあらわれることがあります。

急性肺血栓塞栓症を推定する診断法としては、まず胸部のレントゲン写真や心電図、血液検査などがおこなわれます。ですが、レントゲン写真では一目見てこの病気であると診断できる特徴的な所見がほとんどありません。

血液検査にて、D-Dimerが高値である場合、この疾患を疑います。他にも、血栓で肺動脈が狭くなっていますので、肺動脈へ血液を送り出している右心室に血液がたまり拡大しているのが心エコーで確認できます。急性肺血栓塞栓症の最も特徴的なサインとしては、低CO2血症を伴う低O2血症があげられます。これは、肺動脈が詰まったために生じる肺の酸素取り込み能力の低下と、これに伴って生じる頻呼吸を原因とする、血液からの過剰な二酸化炭素の排出のため起こります。

確定診断としては、造影CTが有用だといわれています。これは、静脈内に造影剤を急速注入し、肺動脈に到達するタイミングに合わせてCTを撮る検査です。比較的簡便で診断能も高い、とされています。

治療としては抗凝固療法(ヘパリン、ワルファリンなどの抗凝固薬が用いられる)、
血栓溶解療法(ウロキナーゼ、組織プラスミノーゲン活性化因子(tPA)などの血栓溶解剤が用いられる)、血管内治療法(血管内カテーテルを用いて薬剤を注入したり血栓を除去する治療法)などが用いられます。

予防としては、
1.長時間にわたって同じ姿勢を取らない。時々下肢を動かす。飛行機内では、着席中に足を少しでも動かしたりする。
2.こまめに水分を補給する。
3.アルコールを摂取しすぎない(利尿作用で脱水を引き起こすことがある)。
といったことがあげられます。

【関連記事】
「飲んでないのに…」パイロットが飲酒疑惑をもたれたワケ

「旅行しながら禁煙」JTBが禁煙ツアーを企画
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧