歌手のエルトン・ジョン(62)が風邪を引き、こじらせて入院したというニュースが少し前に出回った。一時は新型インフルエンザに感染したかと言われたが、入院の直接の原因は「大腸菌感染症」だった。

この度、約1週間の入院生活からやっと数日前に退院したエルトンであるが、風邪をこじらせ、かつ大腸菌感染症を起こしていたことが分かったというが、代理人はそれ以外のことは一切明らかにしていない。
(エルトン・ジョン、「大腸菌感染症」で入院していた。)

感染性胃腸炎とは


感染性胃腸炎とは細菌、ウイルス、真菌、原虫などの病原微生物が原因となって起こる消化管感染症の総称です。

日本における感染性腸炎の頻度は、1)サルモネラ、2)カンピロバクター、3)小型ウイルス、4)腸炎ビブリオ、5)病原性大腸菌とされています。特に、腸管出血性大腸菌(O-157)は頻度としてはきわめて少ないですが、溶血性尿毒症症候群(HUS)をきたし死亡率が高いため念頭においておく必要があります。

腸管出血性大腸菌O-157大腸菌による感染症は、腸管系感染症の原因菌の一種である腸管出血性大腸菌O157:H7あるいはO157:H-により引き起こされます。出血性大腸菌O157は腸管出血性大腸菌群の代表的なもので、毒素を産生します。

この毒素はサル腎臓由来のベロ細胞に毒性を示すことから、ベロ毒素とも呼ばれています。ベロ毒素は、大腸の粘膜内に取り込まれたのち、リボゾームを破壊し蛋白質の合成を阻害します。

蛋白欠乏状態となった細胞は死滅していくため、感染して2〜3日後に血便と激しい腹痛(出血性大腸炎)を引き起こします。また、血液中にもベロ毒素が取り込まれるため、血球や腎臓の尿細管細胞を破壊し、溶血性尿毒症症候群(急性腎不全・溶血性貧血)急性脳症なども起こることがあります。

O-157は、一部のウシの腸管内常在菌として知られており、加熱不十分な牛肉などが原因となります。少数の菌量でも感染を起こし、ヒトからヒトへの感染がみられることが大きな特徴となっています。100個程度という極めて少数の菌で発症し感染症・食中毒をおこします。そのため感染者の便から容易に二次感染が起こります。

摂取後、2〜7日後に腹痛や水様性下痢の症状を呈し、次第に純粋な血性下痢便へと移行していきます。この間、発熱はほとんどみられません。

多くは特別な治療を施すことなく5〜10日間で治癒します。ですが、感染後数%の頻度で溶血性尿毒症症候群(HUS)を合併し重篤な経過をとる場合があり、特に低年齢層では十分な監視が必要となっています。

感染性胃腸炎の治療


感染性胃腸炎の治療としては、以下のようなものがあります。続きを読む