お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

オードリー

左足の骨折で手術していた−オードリー・春日さん

番組収録中に左足を骨折して都内の病院に入院中のオードリー・春日俊彰(30)が22日、レギュラーを務めるフジテレビ・関西系「笑っていいとも!」に電話出演し、21日に足にボルトを入れる手術を受けたことを明かした。

番組では、オープニングで司会のタモリ(64)が春日の欠席を報告。その直後、病室の春日と電話がつながり「みなさん、ゴメンね。どうもスミマセン。大丈夫です。昨日、手術を受けまして、足にボルトが入ってる状態です」と元気な声で病状を説明した。

相方の若林正恭(31)から「春日さんがいなくても、金曜日、大丈夫ですかね」と番組の様子を問われ「ちょっと盛り上がりに欠けると思います」と変わらぬ強気な態度を見せた。次週29日は生出演予定という。
(オードリー春日、手術していた)

脛骨(すね)、踝部(くるぶし)骨折


春日さんは、脛骨(すね)と踝部(くるぶし)骨折の骨折をしてしまったそうです。

脛骨(すね)は、下腿の2つの骨のうち内側にある大きい骨のことを指します。上端で大腿骨との間に膝関節をつくり、上下の2か所で腓骨と関節し、下端で距骨(かかとの部分)との間に距腿関節をつくります。脛骨の前縁は下腿の皮下にむこうずねとして触れます。

下腿は直達外力を受けやすく、またスキーなどによる介達外力による受傷も多く、四肢長管骨骨折のなかで脛骨骨幹部骨折は最も頻度が高いです。

さらに、脛骨はほぼ全長が皮下にあるため開放骨折(骨折部が周囲の軟部組織の創を通じて外界と交通している骨折)も多いです。脛骨の骨折は、青壮年者に好発することが多いです。そのため、機能回復と早期の社会復帰を目ざして、最も効率的で経済的負担を少なくし、侵襲の少ない治療法を選択する必要があります。

原因としては、交通事故などによる直達外力が多く、強大な外力が加わり、開放骨折や多発外傷となることも稀ではありません。この場合、横骨折や粉砕骨折の形態をとることが多いです。またスポーツ中や転倒などで足部が固定された状態で介達外力が働くと、螺旋骨折や斜骨折を生じることもあります。

踝(くるぶし)は「外果」と呼ばれ、内くるぶしとともに、足関節の安定性を獲得しています。内外側の半径が異なるためにスベリ運動とコロガリ運動の両者が行われています。

外果は足関節の安定性に強く関与し、力学的に安定した解剖学的整復が必要となります。両果骨折の場合、整復固定は外果より行います。

骨折の治療について


治療としては、以下のようなものがあります。続きを読む

過換気症候群で呼吸困難や動悸、めまい−オードリー若林さん

以下は、ザ!世界仰天ニュースにて扱われていた内容です。

2008年、年が明けてまもなく、そのコンビは初めて本業の漫才でテレビ出演を果たした。今をときめく人気コンビ“オードリー"である。その年の暮れのM-1グランプリでは堂々の優勝争いを見せた彼らだが、今の華やかさとは裏腹に知られざる驚きの過去があった。

今から6年前、コンビ名が“オードリー"でなく“ナイスミドル"であった頃。2人がお笑いの道を志して、既に幾年もの時が過ぎていた。今とは違い、当時若林がボケで春日がツッコミというスタイルで活動をしていたのだが、評価されず売れない日々が続いていた…。今も昔もネタ作り担当の若林は、悩むことも多かった。一方の春日は常に楽観的。若林とは対照的な気質に見えた。

そんなある日のこと。ライブで出番を控えていた若林に当時の彼女から今夜会いたいとの連絡が入った。若林にとって、唯一自分を応援してくれる特別な存在であった彼女。いつも以上に気合いが入りステージに上がった。そして、ライブは無事終了。彼女の元へ向かったのだが、待ち受けていたのは思いもよらぬ別れ話であった。

彼女を失いたくない一心で2時間以上も説得し続けたが、結局フラれてしまった。そして帰り道、心労が原因なのか突如若林は呼吸困難に陥ってしまった。時刻は午前3時。命を脅かすような息苦しさと耳鳴りに苦しむ若林は、助けを求め相方の春日に電話。すると驚いたことに春日は「それは過呼吸だ」と素早く判別し“ペーパーバッグ法"という対処法を適切に若林に伝えた。

春日の助けで若林の息苦しい症状は治まったのだが、一体なぜ春日は適切に判断できたのか?その答えは漫画だった。以前春日は「スーパードクターK」という医療漫画を読んでいて、その内容をしっかり覚えていたのだった。

過換気症候群とは


過換気症候群とは、心因以外に明らかな原因がなく呼吸困難を訴え、発作的に浅く速い努力性の呼吸運動を行うことで過換気となり、多彩な症状を呈する呼吸器心身症のことを言います。

簡単に言ってしまえば、不安感や精神的なショックなどのストレス、それに疲労など困難な状況に直面したとき、呼吸が早くなってしまうことを指します。

呼吸器系だけでなく、循環器系、神経系、消化器系および精神に多彩な症状を生じる状態になることもあります。若林さんのケースでは、まずひきつけのような呼吸困難感、めまい、意識が遠のく感じがみられていました。

10代後半から20代に多くみられ、女性が男性の2倍の発症率を有しているといわれていますが、最近では年齢を問わず、男性にも多くみられます。

典型的な過換気発作は一度目撃すれば忘れないほど特徴的ですが、そのメカニズムについては不明な点が多く、また一定の診断基準もない状況です。パニック障害との関連が示唆されていますが、現在では過換気はパニック発作の原因ではなく、1つの結果に過ぎないことが指摘されています。

最近では、血液ガス変動に対する過敏な反応条件として交感神経(β受容体)の機能亢進が重要であり、過換気症候群を発症させるメカニズムの1つと考えられています。

典型的な症状や所見としては、過換気による呼吸性アルカローシスが基盤で、これにより脳血管や末梢血管の収縮、あるいは血清カルシウムイオンの低下により症状が引き起こされ、これに心理的要因が重なりさまざまな症状を呈します。

具体的な症状としては、次のようなものがあります。
a)呼吸器症状:呼吸困難感、空気飢餓感(吸っても吸っても空気が足りないと感じる)、頻呼吸
b)循環器症状:心悸亢進、胸部絞扼感・圧迫感、胸痛
c)神経症状:四肢末端と顔面(特に口唇周囲)のしびれ感、四肢硬直、テタニー様けいれん発作、意識が遠のく感じ、めまい感、意識消失
d)消化器症状:腹痛、悪心
e)精神症状:「死んでしまうのではないか」「気が狂ってしまうのではないか」などの訴え
このような症状がみられ、原因となる器質的疾患がないかどうか常に念頭において、診断や治療をすすめていきます。

過換気症候群の治療


過換気症候群の治療としては、以下のようなものがあります。続きを読む

A型インフルエンザで発熱−オードリー春日・若林さん

お笑いコンビ「オードリー」の若林正恭(30)が相方の春日俊彰(30)に続き、インフルエンザA型に感染したことが4日、所属事務所から発表された。同日朝、体調不良を訴え都内の病院で診察を受けたところ、38.4度の発熱があり、簡易検査でA型陽性と診断された。

若林は、春日の感染が明らかになった2日の時点では異常もなく、3日夜に検査を受けた際も、陽性反応は出ていなかった。当面の仕事は中止し、完治するまで外出せずに療養に専念する。

一方の春日は平熱に戻り、快方に向かっているが、完治するまで静養を続ける。
(「オードリー」春日に続き若林もインフル感染)

インフルエンザとは


インフルエンザとは、A型(香港型H3N2・ソ連型H1N1)およびB型インフルエンザウイルスの感染による急性呼吸器感染症です(C型は小児期に感染し、呼吸器感染症の原因となる。ただし、明確な流行の形をとらない)。

1〜2日の潜伏期の後、突然の発熱(>38℃)、頭痛、全身の筋・関節痛などで発症し、鼻汁・鼻閉や咽頭痛、咳嗽などの呼吸器症状を呈します。

通常は、約1週間の経過で自然に軽快しますが、高齢者や慢性肺疾患などの基礎疾患をもつ患者では肺炎球菌やインフルエンザ桿菌などによる二次性の細菌性肺炎を、小児では中耳炎を合併する場合があります。乳幼児における急性脳症は予後不良(死亡率15〜30%)といわれています。

A、B型では、粒子表面に赤血球凝集素(HA)とノイラミニダーゼ(NA)が存在します。A型インフルエンザウイルスにはHA(赤血球凝集素)とNA(ノイラミニダーゼ)の変異が特に多く、年によって流行するウイルスの型はかなり異なります。そのため、A型は世界的に大流行が起こる可能性が高いと言われています。

インフルエンザの診断


インフルエンザの臨床経過としては、潜伏期 1〜2日後に悪寒、発熱、頭痛、腰痛、倦怠感など全身症状が突然発現し、呼吸器症状は若干遅れます。39〜40℃の発熱が 3〜5日持続し、急速に解熱しますが、倦怠感などが残ります。筋肉痛や関節痛、悪心・嘔吐、下痢、腹痛もあり、下気道への進展例は咳、痰、胸痛などが生じます。

身体診察としては、顔面紅潮、結膜充血、鼻咽頭粘膜発赤・腫脹、咽頭後壁リンパ濾胞腫大がみられます。通常は打聴診に異常はないですが、気道の細菌二次感染例では胸部ラ音が聴取されます。

検査所見としては、血液検査では白血球数やCRPは上昇しないことが多く、白血球数はむしろ減少傾向し、細菌二次感染例では増加します。

診断には抗原検出迅速診断キットがきわめて高感度で有用であるといわれています。ただ、偽陰性の場合もあるため、流行時期における特徴的な症状などから臨床的診断を行うこともあります。

また、膿性痰喀出、白血球数増加で細菌二次感染を疑い、細菌培養と薬物感受性検査を施行することもあります。

インフルエンザの治療


インフルエンザの治療としては、以下のようなものがあります。続きを読む
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧