お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

カネボウ

カネボウ・白斑問題のNHK放送内容に日本皮膚科学会が反論

日本皮膚科学会はロドデノール含有化粧品の安全性に関する特別委員会の松永佳世子委員長は、美白化粧品を用いて白斑が生じた問題を取り扱ったNHK番組に、患者を不安にさせる内容が含まれていたとして、誤解を解くとともに、今後の研究や対応などを説明する文書を9月4日に発表した。

最新報告 カネボウ“美白”問題


NHK番組は9月2日に放映された「クローズアップ現代」。
松永委員長は、1年経っても白斑が治らない、2割しか治らない、色を作る細胞がなくなっていると番組内で紹介された事例は、一部の限られた患者のみの状況で、多くの患者の経過とは異なると反論。ロドデノール含有化粧品の使用を中止することで明らかな改善が見られる症例が多く、痒みや赤みがある場合はステロイドや抗アレルギー薬で抑えられ、ビタミンCやE、トラネキサム酸内服も色素改善に役立つと説明した。
(NHK番組に学会反論、白斑問題で)

この具体的な指摘内容については、「9月2日放映 クローズアップ現代 「最新報告 カネボウ“美白”問題」の放送内容をご覧になった患者さんへのメッセージ(PDF)」にあります。

こちらに記載されているポイントしては、以下のようなものです。続きを読む

カネボウ「ロドデノール」含有美白化粧品、白斑症状で回収へ

カネボウ化粧品は、製造販売する美白の化粧品で肌にトラブルが出たとして、製品の自主回収を発表した。

回収の対象となるのは、カネボウ化粧品が製造販売する美白製品の乳液や化粧水など計8種類54の製品。「ブランシール」や「スイサイ」、「トワニー」などのブランドの製品が含まれる。

利用した39人に「肌がまだらに白くなった」などの症状が確認されたという。対象の製品には、独自に開発した「ロドデノール」という成分が配合されていて、カネボウは症状との関連性が心配されるとして、この成分が配合されている全ての製品の回収を決めた。  
カネボウによると、対象商品の利用者は全国で約25万人にのぼり、推計で45万個ほどが出回っているという。 【相談窓口】0120−137−411
(カネボウ化粧品自主回収、相談窓口を設置)

ロドデノールとは


「ロドデノール」とは、カネボウ化粧品が開発した医薬部外品有効成分であり、白樺やメグスリノキなどに含まれる天然物質(4HPB;4-(4-ヒドロキシフェニル)-2-ブタノール[4-(4-hydroxyphenyl)-2-butanol])を元に開発されています。

メラニンが生成される複数の過程に作用して、高いメラニン生成抑制効果を発揮する成分であるといわれています。

メラニンとは、フェノール類物質が高分子化して色素となったものの総称です。ヒトにみられるメラニンには、2種類存在して、黒色のユーメラニンと黄色のフェオメラニンがあります。

血中から供給されたチロシンは、銅含有酵素のチロシナーゼによって酸化され、ドーパになり、さらにドーパキノンへと代謝されます。チロシナーゼはこの2つの反応を触媒する酵素です。

ドーパキノンは自動的に酸化を起こしてインドール化合物に変化し、それらが互いに結合することでユーメラニンが合成されます。この時、システインが存在すると、ドーパキノンはシステインと結合して、5-S-CSに変化し、これが重合してフェオメラニンとなります。

メラニンの最も重要な役割は、紫外線防御であり、日光障害や悪性腫瘍の発生を防いでくれます。ところが、シミの原因となり、生成を抑えたい、ということを望んでいる人も多いわけです。

ロドデノールのメラニン生成を抑える機能としては、以下のようなメカニズムです。続きを読む
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧