二人目を妊娠するのに苦労をしているコートニー・コックスとデヴィッド・アークエットが、養子を取ることを検討しているという。

WENNによると、コートニーは39歳で娘ココを出産しているが、この時は体外受精で妊娠したとのこと。2人目をほしいと思ってはいながらも、子作りと不妊治療専門医を受診する時間がないとデヴィッドは語る。「子作りは時間を取られるんだ。だから養子を考えているよ。子作りの行為は大好きだけど、大変なんだ。疲れちゃったよ」と、デヴィッドはコメントしている。

コートニーは何回も流産を繰り返し、2004年1月に妊娠を発表。体外受精がダメならば代理出産を考えると当時は語り、「彼の遺伝子を持った子供が欲しいからあらゆる手段を試すわ。それでもダメだったら養子縁組ね」と言っていた。
(コートニー・コックスとデヴィッド・アークエット、養子を検討)

不妊症とは


不妊の定義(WHOによる)は、「避妊なしで2年以内に妊娠に至れない状態」となっていいます。妊娠に至れない状態を原発性不妊、一度以上の妊娠・分娩後妊娠に至れない状態を続発性不妊と区別する場合もあります。

不妊の分類としては、女性不妊、男性不妊、両性に原因がある複合不妊があり、それぞれおよそ1/3の頻度だといわれています。

女性不妊としては、排卵障害、卵管性不妊(通過障害や卵管采のpickup障害など)、子宮性不妊(筋腫、腺筋症、内膜発育不全、内腔癒着など)、精子・頸管粘液不適合(免疫因子を含む)、子宮内膜症などがあります。

男性不妊としては、乏−無精子症、無力精子症、奇形精子症、性交障害などがあります。

不妊症の検査としては、女性ならば基礎体温測定、経腟超音波検査、子宮癌検診、感染症検査(クラミジアなど)のほか、月経周期の適切な時期に内分泌検査、卵管疎通性検査(子宮卵管造影など)、性交後試験、子宮内膜日付診などを行います。

他にも、必要に応じて腹腔鏡検査、MRIなどの画像検査、自己抗体検査などを行います。男性ならば、精液検査を行います。

こうした検査で原因が特定された場合、その治療を行うことになります。ただ、これらの検査を行っても、原因を特定できない原因不明不妊も10%程度存在しています。

不妊治療とは


不妊治療は、大まかにいうと、一般不妊治療と高度生殖医療(人工授精や体外受精)に分けられます。一般不妊治療には、タイミング療法やクロミッド療法、hMG-hCG(FSC-HCG)療法が含まれます。

コートニー・コックスさんは、体外受精を行っていらっしゃったそうです。体外受精(IVF;In Vitro Fertilization)とは、不妊治療の一つで、通常は体内で行われる受精を体の外で行う方法です。受精し、分裂した卵(胚)を子宮内に移植することを含めて体外受精・胚移植(IVF-ET)といいます。

一方、人工授精とは、排卵日に合わせて女性の体内に精子を注入する治療です。精漿成分や病原体の除去や、運動良好精子の濃縮を行い注入することになります。

具体的な体外受精の流れは、以下のようなものです。続きを読む