お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

シェーグレン症候群

シェーグレン症候群− 体が乾く恐怖の症状

世界仰天ニュースで、「体が乾く恐怖の症状」という、シェーグレン症候群のニュースが取り上げられていました。

2003年、イギリス・ラグビーに暮らすフィオナ・ソーウェル(41)は仕事の傍ら地元の大学にも通い、アクティブな日々を過ごしていた。しかし最近、彼女にはある悩みが…。それは、朝目が開けられないほどの重度のドライアイ。眼科に通っても、一向によくならなかった。そして、さらに奇妙な症状が出始める!それは…堪え難いのどの渇き。夜中に2、3回は水を飲むために起きなくてはならない。さらに食事ものどにくっついてしまうため、パンやチキンなど乾いたものを食べられなくなった。

口腔外科で診察を受けると唾液が減少し口の中が乾いてしまうドライマウスと診断された。しかし彼女の症状は悪化する一方で、のどの乾きから喋るのも辛くなり、水の飲み過ぎで水中毒に陥り、頭痛に悩まされた。ドライアイのせいで眼球が傷つき視力が落ち、ストレスからとてつもない疲労感に襲われた。そして彼女の症状を気にかけていた眼科医が遂に原因を発見する!それは、膠原(こうげん)病の一種のシェーグレン症候群。

膠原病とは、本来は外敵を攻撃するはずの抗体が、何らかの要因で自分の体の成分や組織を外敵と勘違いして攻撃してしまうことで炎症が起きてしまう病気。フィオナの場合、主に涙腺、唾液腺などの外分泌腺に症状がでるシェーグレン症候群だった。ナゾの症状に8年間も悩まされたフィオナさんは、現在51歳。この病気は根本的な治療法がなく、原因もわかっていないため、彼女はマウスジェルや目薬による対症療法を続けていた。

30分おきに潤滑剤の入った目薬をさす。さらに殺菌能力のある唾液がほとんど出ないため、毎食後にドライマウス用の歯磨き粉やマウスリンスを使い時間をかけて口内をケアしなければならない。現在彼女はシェーグレン症候群のサポートグループを発足し、同じ病に苦しむ人々を助けるため日々活動している。

シェーグレン症候群とは



シェーグレン症候群とは、中年女性に好発し、涙腺・唾液腺を標的とする自己免疫疾患です。発症は50歳台がピークで、男女比は1:14で圧倒的に女性が多いです。

症状としては、涙腺、唾液腺などの外分泌腺障害に伴う口腔乾燥(ドライマウス 80%)と眼乾燥(ドライアイ 70%)が主立ったものですが、他にも多発関節痛、リンパ節腫脹、レイノー現象(寒さの刺激や精神的な緊張から、四肢の先端の小動脈が発作性に収縮することにより、時間を追って手指の色調が変化する現象、回復すると逆に充血、発赤が生じます)、慢性甲状腺炎、間質性肺炎、間質性腎炎/腎尿細管アシドーシス、萎縮性胃炎、自己免疫性肝炎、原発性胆汁性肝硬変など多彩な臓器病変を発症する全身性自己免疫疾患としての特徴も有します。

また、シェーグレン症候群は、欧米では悪性リンパ腫の合併が5%と報告されており、一般人口における危険率の40倍と高いです。シェーグレン症候群単独の一次性シェーグレン症候群とほかの膠原病に合併する二次性シェーグレン症候群とに大別されます。

シェーグレン症候群の診断、治療



診断、治療としては以下のようなものがあります。続きを読む

シェーグレン症候群の可能性を告白−和田アキ子さん

毎週日曜日に生出演するTBS系「アッコにおまかせ!」(前11・45)の終了後、体力維持のためジム通いしているというが、「すぐ(翌日)に筋肉痛が出るんですけど、この2週間は痛みがとれない。座っていても股関節がピーッと来る」と症状を説明する。

アシスタントを務めるニッポン放送の垣花正アナウンサー(39)が痛みを心配する中、さらに「ちょっと手足の指先まで血液が行かなくなったようで、『シェーグレン症候群』っていう病気らしいの」と激白した。

シェーグレン症候群は涙腺と唾液腺を対象とした疾患だが、関節リウマチ、強皮症など全身性の臓器病変を伴う膠原(こうげん)病を併発することが多く、原因は特定されていない。

症状がひどいため都内の病院で診察してもらったが、病名の断定には至らなかったようで4月に再検査を受ける。「自分の感覚では指先がしわっしわで痛くてしようがない」と話しており、悪化すれば歌手活動に影響を与える恐れも出てくる。

和田は1973年と84年に声帯ポリープの除去手術、98年には持病の腰痛が悪化して椎間板(ついかんばん)ヘルニアの手術を受けるなど、けがや病気を複数回経験。それでもファンに歌声を届けるため、その都度、不死鳥のごとく復活してきた“実績”がある。

ひとしきり症状を話した和田は、「ふざけんな!ってぐらい痛いし、もう満身創痍(そうい)って言葉がピッタリ」と最後に豪快に笑い飛ばした。
(和田アキ子、難病激白「もう、満身創痍」)

シェーグレン症候群とは、中年女性に好発し、涙腺・唾液腺を標的とする自己免疫疾患です。発症は50歳台がピークで、男女比は1:14で圧倒的に女性が多いです。

涙腺、唾液腺などの外分泌腺障害に伴う口腔乾燥(ドライマウス 80%)と眼乾燥(ドライアイ 70%)が主症状であるが、腺外病変として多発関節痛、リンパ節腫脹、レイノー現象、慢性甲状腺炎、間質性肺炎、間質性腎炎と腎尿細管アシドーシス、萎縮性胃炎、自己免疫性肝炎、原発性胆汁性肝硬変など多彩な臓器病変を発症する全身性自己免疫疾患としての特徴も有します。

和田アキ子さんの「ちょっと手足の指先まで血液が行かなくなったようで」という症状は、レイノー現象によるものであると考えられます。レイノー現象とは、四肢末梢が発作的な動脈の収縮により乏血を来し、皮膚の蒼白化、チアノーゼが生じ、冷感や疼痛を訴えるものです。回復すると逆に充血、発赤が生じます。

また、シェーグレン症候群は、欧米では悪性リンパ腫の合併が5%と報告されており、一般人口における危険率の40倍と高いです。シェーグレン症候群単独の一次性シェーグレン症候群とほかの膠原病に合併する二次性シェーグレン症候群とに大別されます。

診断、治療としては以下のようなものがあります。続きを読む

女性が気をつけるべき病・【膠原病】関節リウマチ/シェーグレン症候群

42歳女性

頑張り屋で、パートも家事も手を抜かない下町の肝っ玉母さん、U・Sさん。パートで疲れて帰っても自慢の手料理に腕を振るい、本当に忙しい毎日でしたが、ある日、右手の指がこわばって動かしづらいのを感じます。こわばりはしばらくすると消えたため、さして気にもとめなかったU・Sさん。しかし、その後も気になる異変が続きました。

[症状]
1)朝、手の指がこわばる
2)繰り返す朝のこわばり
3)反対の手の指がこわばる
4)手首が動かしづらい
5)肩のこわばり
6)肩の痛み
7)パンが飲み込みにくい
8)肩に強い痛み


関節リウマチやシェーグレン症候群は、膠原病の一種です。
膠原病とは、本来は細菌や異物から体を守るはずの免疫システムが何らかの原因で異常を起こしてしまい、身体の様々な場所で、炎症を引き起こす病の総称です。様々な種類がある膠原病ですが、その種類によって、身体に炎症が起きる場所が違ってきます。

U・Sさんの場合は、まず、関節リウマチを発症。初期症状の大きな特徴である、朝のこわばりに襲われ、さらにその後、肩にも痛みが出始めました。そしてこの病の最大のポイントは、こうした症状が出たり消えたりを繰り返すこと。実は、これこそが膠原病の落とし穴。

症状が出たり消えたりするため、周囲から見過ごされてしまい、本人も病のサインを見落としてしまうのです。そしてついに、唾液腺に炎症が起こるシェーグレン症候群まで発症。唾液が出にくくなり、いわゆるドライマウスの症状に襲われたのです。そして、気づいたときには、指の関節の破壊が始まっていました。膠原病には効果的な予防法がないのが現状。だからこそ、初期の症状に気付き、早期発見、早期治療をすることが何より重要といわれています。

診断は、アメリカリウマチ学会(ARA)の分類基準(1987年)があります。
1.朝のこわばり(一時間以上持続する)
2.多関節炎(少なくとも3領域以上の関節の腫れ)
3.手の関節の腫れ
4.対称性の関節の腫れ
5.リウマチ結節
6.リウマトイド因子(リウマチ因子)陽性
7.レントゲン検査で典型的な関節所見
以上7項目のうち4項目以上を満たせば関節リウマチと診断されます。

リウマチの治療の目標は、
1)関節の痛みを抑える
2)リウマチ活動性や関節の炎症を抑える
3)関節の変形を予防し、動かせる範囲を保つ
4)破壊された関節の働きを再建することに主眼をおく
ということです。

非ステロイド性抗炎症薬(消炎鎮痛薬)や副腎皮質ステロイド薬(ステロイド)、抗リウマチ薬と免疫抑制薬などを使用して、上記の治療目標に近づけるようにします。
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧