「乳がん」撲滅運動が大変盛んなハリウッド。だが罹患数は増える一方、カイリー・ミノーグやシェリル・クロウの例でも分かるように、若い患者がいるのも特徴的だ。『帰郷』や『コールガール』などが有名なベテラン女優、ジェーン・フォンダがこの度自身の乳がんを告白した。

ベストセラーとなったビデオ『Jane Fonda/Workout』でも分かる通り、ハリウッド一のフィットネス・オタクとして知られたフォンダもすでに72歳。だが間もなく新しいフィットネスDVDが発売されるといい、プロモーションに忙しい中、彼女は数週間前に「乳がん」と診断されていたことを、芸能ニュース「ENTERTAINMENT TONIGHT」に告白した。

幸いがんは大変小さい段階で発見され、リンパ節転移などもなく、数日前には腫瘍摘出手術を受けたという。また、「完治」を十分期待できる段階での発見は、毎月欠かさずセルフチェック(しこりがないか自己触診)を行っていたためだとして、女性たちにその徹底を呼び掛けた。

「乳がん」には、なりやすい人、なりやすい生活習慣という危険因子がある。月経期間の長さや遺伝、肥満、睡眠不足や過労によるホルモンの失調などは以前より指摘されているが、チーズやバターといった脂肪分の多い乳製品や肉料理が好き、おまけにお酒をよく飲む、こういった生活習慣が良くないことも分かって来ているそうだ。
(女優ジェーン・フォンダ、乳がんを告白。)

乳癌とは


乳癌とは、乳房にある乳腺組織に発生する悪性腫瘍のことです。乳癌罹患は年間約4万人で、女性が罹る癌の中でトップであり、年々増加傾向にあります。年間死亡は約1万人で、罹患のピークが40〜50歳代にあります。そのため、働き盛りの女性の罹患する癌の中で、乳癌は罹患率・死亡率とも第1位となっております。

乳癌罹患者数は1970年の約3倍で、食事内容の変化(脂肪摂取量の増加や初経年齢の低年齢化などで)今後も増加し、2015年には年間約48000人の女性が乳癌に罹患すると予測されています。年々増加の一途をたどり、現在、年間約1万人が死亡しています。

多くの女性が乳癌に最初に気づくのは、ほとんどが自分で「しこり」に気づいています。そのほか皮膚陥凹、乳頭からの血性分泌物、乳頭のびらん、疼痛などがみられることもあります。

患者さんは、「乳房にしこりがある」と訴え、痛みを伴わないことがほとんどですが、気がついてから、よく触れるために痛みや圧痛を伴うようになったと訴えることもあります。触れたしこりの大きさの変化も重要な情報となります。

こうして「しこりに気づいて」受診されているということは、逆に言えば、検診にて発見されるのは、たった2割でしかないと日本乳癌学会の大規模調査で判明しています。ただ、胸を触る自己診断で見つかる乳癌の大きさは平均約2cmで、自然に気づく場合は3cm以上が多いとのことです。

早期癌は、直径2cm以下とされています。ですが、発見時には43%が2.1〜2.5cmに達しており、発見時にリンパ節に転移していた人も、3分の1を占めています。リンパ節に転移しない乳癌の10年後の生存率は約9割と高いが、転移をしていると7割以下に落ちるといいます。

治療としては、以下のようなものがあります。続きを読む