お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

ジョニー大倉

ジョニー大倉さん、肺癌で闘病中と明かす

ロックバンド「キャロル」の元メンバーで俳優のジョニー大倉(60)が16日、肺がんで入院中であることを明かした。5月の健康診断で肺に影が見つかり、今年予定していた約50件のライブをすべてキャンセル、抗がん剤治療を続けている。ジョニーはこの日、本紙の取材に対し、「(治療のため)吐き気がして苦しいが、1年で治す。やりたいことがあるんだ」と完治へ強い気持ちを見せた。

今年1〜3月にかけて九州、名古屋などでライブを行ったジョニーだったが、5月下旬の定期健診のエックス線で胸に多数の影が見つかった。今月5日、都内の病院に入院し、肺がんと診断されたという。
 
09年に放射線で悪性リンパ腫を除去した肝臓付近にも異常が見られるため、1日12時間、点滴で抗がん剤を注入している。鼻や腕に管が通り、痛々しいが、体はふっくら。「不死身のジョニーも、がんには勝てなかったか…。吐き気がして気持ち悪いし、髪の毛も抜けてきた」と話す。
 
だが、抗がん剤が病巣に効いていることを医師から聞き、徐々に元気を取り戻してきている。「俺はまだ死ねねえ。治療に1年かかるけど、治ったらやりたいことがあるんだ」と話す。
 
昨年はキャロル結成40周年であり、自身のデビュー40周年。全国ツアーで100か所を回ったが、矢沢永吉との確執も伝えられるキャロル復活はかなわなかった。「キャロル再結成は赤信号がともりそうだけど、病気から復活して矢沢と決着をつけないとな」と目を輝かせる。
 
親交のあるモッツ出版の高須基仁社長(63)も「俺ら団塊の世代にとってキャロルは夢。頑張ってもらいたいんだ」と力を込める。
 
長男で俳優の毛利ケンイチ(40)も「おやじは口では絶対言わないから誤解されるけど、本当は矢沢さんが好きなんです。僕にとっても赤ん坊の頃、おしめを替えてもらった人ですから」と話す。
 
09年の悪性リンパ腫のほかにも、1987年にはホテル7階のベランダで懸垂して転落。重傷を負うなど何度も死線を乗り越えてきた。毛利も「あの高さから落ちて生きている人だから今回も大丈夫ですよ」と話した。
(「キャロル」元メンバー・ジョニー大倉が肺がん)

肺癌になった有名人


肺癌になった有名人としては、
スピッツ・三輪テツヤさん
勝野七奈美さん
三遊亭円楽さん
筑紫哲也さん
岩田安生さん
井上ひさしさん
つかこうへい さん
ジョー山中さん
梨元勝さん
シルヴィアさん
野沢那智さん
高峰秀子さん
杉浦直樹さん
山内賢さん
古谷一行さん
田中宥久子さん
狂言師・茂山千作さん
などがいらっしゃいます。

肺癌とは


肺癌は、大きく分けて小細胞癌と非小細胞癌に分けられます。非小細胞癌は、主に腺癌、扁平上皮癌、大細胞癌からなります。肺癌は非小細胞癌(腺癌、扁平上皮癌、大細胞癌)が約85%、小細胞癌が15%を占めます。病因は喫煙による影響が最も強く、発症危険率は喫煙本数と比例するといわれています。喫煙指数(1日に吸う本数 × 年数)が800を超えると肺癌の危険が高くなるといわれています。

この組織型、およびステージから治療法は選択されます。肺癌の治療法としては、以下のようなものがあります。続きを読む

悪性リンパ腫から復帰へ−ジョニー大倉さん

7日の夜7時、台風18号が接近している中、東京銀座6丁目にあるライブハウス「タクト」で元キャロルのボーカル、ジョニー大倉のライブがあり、出向いた。

今春3月に悪性リンパ腫の手術をしたことから「死亡か?」という悪質なデマを流されたが、黒づくめの衣装で約200人のファンの前に現れたジョニーは「ガンは完治した!!」と英語で話し、満員のファンから大きな拍手が起きた。

そして「キャロルもビートルズも、すべてエルヴィス・プレスリーの志と心が出発点だった」とエルヴィスを礼賛し、なつかしいアメリカンポップスの名曲からライブは始まった。全30曲を歌いきった時、時計を見ると10時を回っていた。そしてアンコール曲、キャロルの「ファンキー・モンキー・ベイビー」を約200人とともに大合唱。熱狂の雰囲気の中、ライブは終了した。
(高須基仁のメディア国士無双 がん克服!ジョニー大倉の歌声に勇気もらった)

悪性リンパ腫とは


悪性リンパ腫は、リンパ節や全身のリンパ組織(胸腺、脾臓、扁桃腺、リンパ管など)に存在する、リンパ球系細胞の悪性腫瘍です(腫瘍の起源や、腫瘍化の過程も単一ではありません)。

若年者にもみられますが、30歳以上では年齢とともに増加します。男女比は2:1で男性に多いです。日本の悪性リンパ腫の発生率は10万人当たり約5人であり、欧米の約12人に比べて低いです(この理由としては、節性リンパ腫であるHodgkin病と濾胞性リンパ腫の発生率が低いためです。節外性リンパ腫の占める割合が相対的に高くなっています)。

病理組織学的所見から、Hodgkin(ホジキン)病と非Hodgkinリンパ腫(NHL)とに大別されます。

ホジキン病は、リード-ステルンベルグ(Reed-Sternberg)細胞の出現する特徴のあるリンパ腫です(ただ、その起源はまだ分かってません)。背景の多彩な細胞を病理組織学的特徴とするリンパ系腫瘍で、悪性リンパ腫全体の5〜10%を占めます。

好発年齢は若年者と中・高年者の2相性です。WHO分類では、結節性リンパ球優勢型と古典型に大別され、後者はさらに結節硬化型、混合細胞型、リンパ球豊富型、リンパ球減少型に分類されます。結節硬化型の頻度が最も高いです。ホジキンリンパ腫は頸部に発生することが多く、連続性に進展し、しばしば縦隔に巨大腫瘍をきたします。

非ホジキンリンパ腫の大多数は、Bリンパ球あるいはTリンパ球の腫瘍であることが判明しています。そこで、非ホジキンリンパ腫は、形態学的特徴(病理学的分類)、細胞系質的特徴(B細胞性、T細胞性、NK細胞性)、染色体・遺伝子情報などをもとに分類されます。また、発症してからの病気の進行速度によっても分けることができます(年単位で進行する低悪性度、月単位で進行する中悪性度、週単位で進行する高悪性度など)。

一般的に低悪性度のものには、濾胞性リンパ腫、MALTリンパ腫などが該当し、中悪性度のものにはびまん性大細胞性B細胞性リンパ腫や未分化大細胞リンパ腫など、高悪性度のものにはリンパ芽球性リンパ腫、バーキットリンパ腫などが該当します。

このように、「悪性リンパ腫」という病名は、さまざまなリンパ系組織の悪性腫瘍を大きくまとめて呼んでいます。それぞれ性質が異なるため、最適な治療を選択する上では、「悪性リンパ腫の中のどのようなタイプなのか」ということが非常に重要になってきます。

悪性リンパ腫の診断


症状としては、首、腋の下、足のつけ根などのリンパ節の多い部位に無痛性のリンパ節腫脹がみられます(無痛性のリンパ節腫脹を初発症状として医師のもとを訪れることが多い)。Hodgkin病のリンパ節腫脹は、頸部、腋窩、鼠径部の順に多いです。非Hodgkinリンパ腫では、これらの表在リンパ節以外にも、眼瞼、鼻腔、扁桃、皮膚、甲状腺、乳房、睾丸、皮下軟部組織などに腫瘤をつくることがあります。

発熱、盗汗(ひどい寝汗)、体重減少がみられることがあり、この3つは病期分類でB症状と呼ばれ、重要視されています。全身掻痒感などがみられることもあります。場合によっては、腫瘍による圧迫や浸潤による症状、部位により浮腫、嚥下障害、呼吸困難、食欲不振などがみられることもあります。

診断には、リンパ節(もしくは節外病変)の生検が必須です(穿刺細胞診は有用でない)。こうした病理組織像に加え、フローサイトメトリー法や免疫組織染色による細胞表面形質解析や染色体分析も行い、遺伝子検査を行うこともあります。

身体診察としては、全身のリンパ節の触診が行われます。腫大したリンパ節は無痛性で、弾性硬(いわゆるゴム様)であり、表面平滑な状態です。通常、癒着はなく可動性がありますが、腫瘍細胞がリンパ節の被膜を越えると周囲と癒着します。また、急速に増大する場合は、被膜の伸展痛を生じることがあります。

ほかにも、悪性リンパ腫の広がりをみるため、Waldeyer輪(喉の奥に扁桃腺が輪状に並んでいる部分)の視診、呼吸音の聴診、肝脾腫、腹部腫瘤、胸・腹水の有無などをみたり、神経学的異常、たとえばHorner(ホルネル)症候群、脳神経や脊髄の障害、髄膜浸潤の所見などの有無を調べることも重要です。

血液検査では、特異的な所見はないです。ただ、ホジキン病では、リンパ球減少や好酸球増加がみられることがあります。非ホジキンリンパ腫で白血化すれば、リンパ腫細胞が認められます。血清可溶性インターロイキン2レセプター(sIL-2R)濃度やLDH値、症例によってはCRPが病勢を反映するといわれています。

病期(ステージ)分類は、身体診察やX線検査、エコー検査、CT検査、骨髄穿刺(生検)に加え、必要に応じてガリウムシンチグラフィー、髄液検査などの所見をもとに決定します。ステージは以下の通りです。
・?期:単一リンパ節領域または限局した単一節外病変
・?期:横隔膜の片側のみに病変
・?期:横隔膜の上下に及ぶ病変
・?期:リンパ組織以外の臓器にびまん性侵襲がある

B症状があればBを、なければAを付記します。

悪性リンパ腫の治療


悪性リンパ腫の治療としては、以下のようなものがあります。続きを読む
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧