お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

ストレス

一般企業より深刻 地方自治体職員の「心の病」

県庁や市役所など地方自治体で、職員の「心の病」が一般企業以上に深刻になっていることが、社会経済生産性本部メンタル・ヘルス研究所(東京都渋谷区、小田晋所長)の調査で分かった。この研究所は自治体に求められる役割が急速に変化する中で、活力ある組織づくりが課題としている。全国の都道府県市区町村1874自治体を対象に4月にアンケートを実施。727自治体から回答を得た。

最近3年間での「心の病」の増減状況について、47・7%が「増加傾向」と回答。規模別では、職員数3000人以上で78・6%、1000人以上3000人未満で64・7%、1000人未満で43・4%だった。

昨年実施した一般企業の調査では、社員3000人以上では66・2%、1000人以上3000人未満で60・2%、1000人未満は55・9%で、組織規模が大きいほど、企業より自治体の方が職員の「心の病」が深刻なことが浮かび上がっている。また「1カ月以上の休職者が現在いるか」については、3000人以上、1000人以上3000人未満の組織ともに、自治体の方が「いる」割合が高かった。

最近3年間で市町村合併した自治体が約3割あったが、「心の病」の増加傾向との因果関係はみられなかった。しかし、職場環境に着目すると、職場での助け合いが「減った」と答えた自治体の56・3%で「心の病」は増え、「減っていない」では39・7%にとどまった。

また、全体として「住民の行政を見る目が厳しくなっている」(82・3%)と感じている自治体が多い。
(なぜか一般企業より深刻 地方自治体職員の「心の病」)


市町村合併に伴い、とりまく環境が異なったり、行政に向けられる目が、厳しいものとなっていることが一因となってはいるようです。

うつ病の原因の一つとして、心理学的・精神病理学的な仮説があります。これは、几帳面・生真面目・小心な性格を示すメランコリー親和型性格を持つ人が、職場での昇進などをきっかけに、責任範囲が広がると、すべてをきっちりやろうと無理を重ね、うつ病が発症するという仮説です。生真面目な人であるほど、うつ病の発症リスクが高いと考えられています。

現に、ストレスなどによって、セロトニンやノルアドレナリンなどの脳内の神経伝達物質の働きが悪くなり、それによってうつ病が起こるといわれています。セロトニンとノルアドレナリンは、意欲や活力などを伝達する働きをしているため、この働きが悪くなると憂うつ感などを引き起こしてうつ病の症状があらわれるようになるといわれています。

これだけ多くの休職者がいるということは、職場や体制に問題があると言わざるを得ないでしょう。職場での問題点をしっかりととらえ、改善することが必要となっていると思われます。

【関連記事】
うつ病:「自殺すると言う人は死なない」は偏見?

高島忠夫さん「『うつ』への復讐〜」

精神的ストレスが強いとシミの面積3倍

カネボウ製薬(東京都港区)は22日、精神的ストレスが強いとシミやシワが多くなるなど、ストレスと肌の状態の因果関係を究明したと発表した。ストレスの度合いを「低い」「中程度」「高い」の3段階に分類し、「高い」の方が、「低い」よりも、シミの面積が約3倍広くなっていたとの研究結果を得た。また、ストレスを原因とするシミは額に現れやすいこともわかった。

研究は、肌の状態、精神的ストレス、栄養の3つの要素の相互関係を分析したもの。20〜60歳の女性135人を対象にストレス診断、血中ビタミン測定、肌状態の評価を実施した。

それによると、ストレスが強いほど、シミの面積は広がり、この関係は20歳代で最も顕著だった。一方、ストレスが強いほどシワも増えることが確認できたが、シワの場合は、50歳代でその関係が最も強くなった。

このほか、血中のビタミン濃度との関係を分析したところ、レバーや魚介類などに多く含まれるビタミンB群(B2、B6、ナイアシン)が血中に多いと、ストレスが強くてもシミが出にくくなることがわかった。

また、果物類などに多いビタミンCや、豆類などに多いビタミンEの血中濃度が高いと、ストレスが強くてもシワの発生を抑えられることも明らかになった。
(精神的ストレスが強いと…ゲッ、シミの面積3倍)


ストレスとは、生体内のひずみの状態をいうそうです。つまり、体外から加えられた有害因子(ストレス作因)と、それによって生じた防御反応の両方をさしています。

ストレスの要因としては、物理的(寒冷,放射線,騒音),化学的(薬物,ビタミン不足,O2欠乏),生物的(細菌感染)なもの以外に、精神的(受験,手術,試合)なもの、いわゆる情動ストレスも含まれています。

生体にストレス作因が加わると、下垂体から副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)が分泌され、その作用によって副腎皮質ホルモンが分泌され、これが全身に働いて一連の反応(全身適応症候群)が起こります。

その第1期は警告反応期です。ストレスにさらされた際の受身の傷害あるいはショックの徴候と、これに対する積極的な防御の症候があります。つまり、ショック相と反ショック相に分けられます。

第2期は抵抗期です。副腎皮質の重量を増し、ストレス作因に対する抵抗力は最も強く安定した状態になります。しかし、他のストレス作因に対する抵抗力はかえって減少しています。

第3期は疲憊期である。ストレス作因が強く長く続くと、ついには生体の能力が疲れ切って適応力を失うってしまいます。

ストレス状態が続くと、身体に免疫力低下などが起こるなど、様々な影響が現れてきます。シミが増える、というのもなんだか納得できるようなことではないでしょうか。ストレスの発散方法を一つは持っておく(趣味など)ことが健康のために重要でしょうね。

【関連記事】
DHAが鬱病予防に有効かとの報告

シメジがアトピー性皮膚炎を改善?
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧