SF映画やホラー映画に偉大な足跡を残した映画監督・脚本家のダン・オバノンさんが炎症性腸疾患クローン病のため、ロサンゼルス郊外の病院で12月17日に死去した。63歳だった。

オバノンさんは米ミズーリ州生まれ。南カリフォルニア大学(USC)映画学科で映画を学び、同級生ジョン・カーペンター監督による短編映画「ダーク・スター」、さらに74年に同監督による長編リメイク版でも脚本・特殊効果スーパーバイザー・プロダクションデザインを担当した。
(「エイリアン」「トータル・リコール」の脚本家ダン・オバノン死去)

クローン病とは


クローン病(Crohn disease)とは、原因不明で、主として若い成人にみられ、線維化や潰瘍を伴う肉芽腫炎症性病変からなり、消化管のどの部位からも起こりえます。臨床像は病変の部位や範囲によります。

Crohnら(1932)によって報告された、終末回腸を好発部位とする慢性の炎症性疾患とされていましたが、その後、口腔から肛門までの消化管のあらゆる部位が侵されることが明らかにされました。病変の主座は小腸、大腸のいずれか、またはその両者に存在するものがほとんどとなっています。

主な症状は腹痛、下痢、発熱、体重減少です。Crohn病の特徴は、これらの症状が慢性に経過し、徐々に進行する点です。一般に、Crohn病の腹痛は下腹部痛で軽いです。下痢は、小腸に広範な病変がある場合には高度であり、吸収障害に伴う体重減少を生じます。

Crohn病では便潜血反応は陽性となりますが、潰瘍性大腸炎と比較して肉眼的血便は少ないです。肛門病変は、大腸病変のある症例に高頻度にみられ、主な病変は裂肛、肛門潰瘍、痔瘻、肛門周囲膿瘍です。

また、消化管外(腹腔内、皮膚、肝臓など)に病変が波及することも多く、口内アフタ、結節性紅斑、虹彩炎、腸性関節症、強直性脊椎炎、壊死性膿皮症、静脈血栓症、肺線維症、心筋炎など全身性合併症を併発することがあります。

分類としては、次のようなものがあります。
部位による分類
・小腸Crohn(クローン)病
・小腸・大腸Crohn病
・大腸Crohn病
肉眼分類
・狭窄型
・潰瘍形成型
・cobblestone(敷石)型

統計的には北欧の白人に多く、日本では非常に稀といわれていましたが、日本においても欧米でもCrohn病は増加傾向にあります。全国疫学調査では、人口10万人あたりの有病率は5.85人、罹患率は0.51人、死亡率は0.024%と推定されています。10〜40歳代に好発し、初発年齢は20歳代が最も多いです。男女差はありません。

クローン病の診断


クローン病の診断としては、以下のように行います。続きを読む