フィラデルフィア・ソウルを代表するグループ、ハロルド・メルビン&ザ・ブルー・ノーツのリードボーカルや、ソロ活動で活躍したアメリカのソウル・シンガー、テディ・ペンダーグラス(Teddy Pendergrass)が13日フィラデルフィア郊外の病院で亡くなった、59歳だった。死因は8ヶ月前に行った結腸癌の手術後に起きた合併症が原因とされている。

1950年生まれのテディ・ペンダーグラスは、ハロルド・メルビン&ザ・ブルー・ノーツのリード・シンガーとして活躍。70年代を席巻したフィラデルフィア発の都会的で流麗なサウンド(通称フィリー・ソウル)の人気グループとして次々とヒットを放ち「I Miss You」やシンプリー・レッドがカヴァーした「If You Don't Know Me By Now」のオリジナルとしても知られる。

77年にソロ転向し、70年代に「Close the Door」「Turn Off the Lights」「Love T.K.O.」80年代「Joy」90年代「It Should've Been You」とヒット曲を発表している。1982年に交通事故で下半身を麻痺、車椅子生活からカムバックし2006年の引退後もチャリティーライヴに参加するなど慈善活動を続けていた。
(ソウル・シンガー、テディ・ペンダーグラスが逝去)

大腸癌とは


大腸癌とは、大腸(結腸、直腸)粘膜に発生する悪性腫瘍のことを指します。癌がどれだけ深達しているかにより、粘膜下層までの早期癌と、固有筋層より深部に達している進行癌に分けられます。大部分が腺癌ですが、まれに扁平上皮癌のこともあります。

大腸癌の中では、直腸癌が大腸癌全体の約40%と最も多く、次いでS状結腸癌に頻度が高くなっています。男性に多いといわれ、40歳以上に多く、50〜60歳台に最も高率であるとのことです。

大腸癌の発生率は、西欧食の特徴である高脂肪、高蛋白、かつ低線維成分の食物と正の相関関係にあるといわれています。大腸癌の低発生国(地域)でも、生活様式の変化(食事の西欧化)、あるいは高発生国への移住などにより短期間に大腸癌のリスクがあがるといわれています。

大腸癌の症状としては、早期癌は無症状のことが多いです。早期癌に関係のある症状は、下部(直腸、S状結腸)大腸癌における血便のみです。

ただ、S状結腸癌では、直腸癌とは異なり、癌からの出血があっても通過している間に血が便に混じりこみ、見た目では出血が分かりにくいこともあります。そのため、トイレの時での見た目だけでは、血便があるかどうか判断しかねる、というところがあります(便潜血反応は陽性となり、検査では容易に分かります)。

進行癌では、大きさと存在部位によって症状が異なります。
右側結腸は、腸管腔が広く、腸内容が液状であるため、症状が発現しにくいです。大きくなって腫瘤として触れたり、原因不明の貧血(血便など出血による貧血)の検査で発見されることがあります。右側結腸癌の70〜80%は、軽度の腹痛などを生じます。

左側結腸は管腔が狭く、伸展性も悪く、なおかつ腸内容は固形化しています。そのため、腹痛を伴った通過障害が出現してきます。特に、左側結腸は癌によるイレウス(腸閉塞)がよく生じ、さらに肛門に近いため、出血もわかりやすいと考えられます。

直腸癌は肛門に近いため、さらに小さな病変でも早く症状が出現してきます。排便時の違和感、糞便の細小化(便が細くなる)、便通障害、テネスムス(腹痛があり、頻繁に便意をもよおすのに、ほとんど便が出なかったり、あってもわずかしかない場合)、出血、などがみられます。

大腸癌の治療


大腸癌の治療としては、以下のようなものがあります。続きを読む