京都府立医科大学の元教授が関わった高血圧治療薬の臨床研究に関する問題で、論文のデータが改ざんされていたことが大学側の調査で分かった。

この問題は、京都府立医大の松原弘明元教授が関わった論文で改ざんやねつ造が見つかったとされるもので、大学は11日夜、調査結果を発表した。

製薬会社「ノバルティスファーマ」の高血圧治療薬「ディオバン」の効果を調べた研究について、脳卒中や狭心症のリスクを減らす効果があるようにデータが改ざんされていたという。大学は、「論文の結論は誤りだった」とした。

一方で、研究に関わった製薬会社の元従業員からは退職を理由に話を聞くことができず、誰が改ざんを行ったかなどは「分からなかった」と結論づけている。

この論文を広告に扱った「ディオバン」は、去年、1000億円以上を売り上げ、国内の医薬品でトップだったという。
(高血圧治療薬・ディオバン、データを改ざん)

ディオバン(一般名:バルサルタン)とは


ディオバン(一般名:バルサルタン)とは、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(AII拮抗薬、ARB、AIIAなどと表記されます)であり、血圧を下げる作用のある降圧薬の1つです。

昇圧物質である、アンジオテンシンII(以下「AII」)と拮抗し、AIIがAII受容体に結合することをブロックすることにより血圧が下がります。

他にも、2型糖尿病性腎症に対し、ニューロタン(一般名:ロサルタン)、心不全(ACE阻害薬不忍容例)に対してブロプレス(一般名:カンデサルタンシレキセチル)が使用されることがあります。続きを読む