お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

バセドウ病

「バセドウ病眼症」と診断され、ステロイド薬の副作用心配

yomiDrの医療相談室に、「バセドウ病眼症 薬の副作用心配」が掲載されていました。
2年前から目の調子が悪くなり、「バセドウ病眼症」と診断されました。ステロイド治療しかないと言われましたが、顔が丸くなるなど、副作用が心配で踏み切れません。(52歳女性)

この相談に、隈病院内科部長である伊藤充先生は、以下のようにお答えになっています。
バセドウ病眼症は、自己免疫の異常で、まぶたや眼球の後ろの組織(球後組織)に炎症が起こり、まぶたの腫れや眼球突出が生じます。甲状腺ホルモンが過剰に作られるバセドウ病患者の3割くらいに表れます。目を動かす筋肉(外眼筋)が腫れると眼球の運動障害が生じ、物が二重に見えることもあります。

 検査は、眼球の突出具合や動きを調べるほか、磁気共鳴画像装置(MRI)で、外眼筋の腫れや炎症の状態をみます。

治療は、外眼筋に炎症があれば、大量のステロイドを短期間に集中して用いるステロイドパルス療法を行います。球後組織に放射線をあてる治療や、まれに眼球を引っ込める手術が必要なこともあります。

Basedow病(バセドウ病)とは、甲状腺刺激ホルモン(TSH)レセプター抗体の刺激により、びまん性の甲状腺腫と甲状腺機能亢進症をきたす自己免疫性甲状腺疾患です。

リンパ球が、自己抗体であるTSHレセプター抗体を産生します。これが、TSH同様の作用をTSHレセプターに伝達するため、甲状腺ホルモンが過剰に産生され、甲状腺機能亢進症が起こります。

簡単に言ってしまえば、自分の甲状腺を異物として誤って認識し、抗体(TSHレセプター抗体)が生じるために起こります。抗体により甲状腺が刺激され血液中の甲状腺ホルモンが増加する疾患です(甲状腺機能亢進症)。

結局の所、この甲状腺ホルモンが血中に増加するために症状が起こってきます。
甲状腺とは、前頸部の喉頭下部から気管上部の高さに存在し、甲状腺ホルモンを産生する内分泌器官です。甲状腺ホルモンは、サイロキシン(T4)とトリヨードサイロニン(T3)の2種があり、ヨウ素を含有したアミノ酸の一種です。血中ではそのほとんどが結合蛋白質と結合しており、1%以下の微量遊離型ホルモンが生理活性を示します。

甲状腺ホルモンの機能としては、幼児期の成長と成熟の促進、糖蛋白質・核酸・脂質の代謝促進、酸素消費と熱産生を促進する作用があります。

全身症状としては、体重減少、多汗、易疲労感、暑がり、微熱、口渇、月経不順、無月経、掻痒感などが生じることがあります。

また、循環器症状として動悸、頻脈、労作時息切れ、不整脈などがあります。神経筋症状として、手指振戦、いらいら、多動、不眠、情緒不安定、筋力低下、四肢麻痺などがあります。

さらに、眼症状として特徴的なものがあります。眼球突出、眼裂開大、眼瞼浮腫、複視、視野狭窄、視力低下などが起こることがあります。バセドウ眼症(甲状腺眼症)とは、とりわけ重症型は悪性眼球突出症といわれます。女性が男性より罹患しやすいという特徴があります。

眼球突出は眼窩内の外眼筋や、眼窩脂肪組織など球後組織の増殖による球後組織病です。原因としては、眼窩部球後組織に、自己抗原(TSH受容体や外眼筋特異抗原)が存在する自己免疫疾患と考えられています。

重症度は、Basedow病の重症度や甲状腺機能とは平行しないといわれます。外眼筋の運動障害は、外眼筋病変や外眼筋の眼窩周辺組織との癒着など、複合的な原因による運動制限で起こります。

ステロイドの副作用としては、以下のようにお答えになっています。続きを読む

Basedow(バセドウ)病で加療,休業後に復帰−絢香さん

2年間の活動休止を経て昨年末に復帰したシンガー・ソングライター絢香(24)が、復活アルバム「The Beginning」を1日に発売する。収録された13曲中、6曲がCM、テレビ番組などのタイアップ曲だ。5日には音楽専門チャンネル「MTV」で4時間特番「絢香スペシャル」が放送される。

同アルバムは、08年6月発売の「Sing to the Sky」以来約3年半ぶりのオリジナルアルバム。1日は6年前に「I Believe」でデビューした記念日。結婚、バセドー病20+ 件による休養を経て、今回のアルバムが“第2の始まり”を告げる復帰作となる。

昨秋、自身のレーベルを設立した絢香にとっては初めてのセルフプロデュース作品で、最初のレコーディングでは感動の涙も流したという入魂の1枚。収録した13曲のうち、森永ココアのCM曲「やさしい蒼」、ヨコハマタイヤCM曲「The Beginning」など6曲がタイアップ曲となっており、周囲の期待も大きい。

3日にはテレビ朝日系「ミュージックステーション」に生出演。5日にはMTVでデビューから現在までの軌跡をたどる特別番組や、ライブ番組などが4時間一挙に放送される。4月27日から7月25日まで大規模な全国ツアー(15公演)も予定している。
(絢香、バセドー病乗り越え復活アルバム発売)

Basedow(バセドウ)病とは


Basedow病(バセドウ病)とは、甲状腺刺激ホルモン(TSH)レセプター抗体の刺激により、びまん性の甲状腺腫と甲状腺機能亢進症をきたす自己免疫性甲状腺疾患です。

リンパ球が、自己抗体であるTSHレセプター抗体を産生します。これが、TSH同様の作用をTSHレセプターに伝達するため、甲状腺ホルモンが過剰に産生され、甲状腺機能亢進症が起こります。

簡単に言ってしまえば、自分の甲状腺を異物として誤って認識し、抗体(TSHレセプター抗体)が生じるために起こります。抗体により甲状腺が刺激され血液中の甲状腺ホルモンが増加する疾患です(甲状腺機能亢進症)。

結局の所、この甲状腺ホルモンが血中に増加するために症状が起こってきます。
甲状腺とは、前頸部の喉頭下部から気管上部の高さに存在し、甲状腺ホルモンを産生する内分泌器官です。甲状腺ホルモンは、サイロキシン(T4)とトリヨードサイロニン(T3)の2種があり、ヨウ素を含有したアミノ酸の一種です。血中ではそのほとんどが結合蛋白質と結合しており、1%以下の微量遊離型ホルモンが生理活性を示します。

甲状腺ホルモンの機能としては、幼児期の成長と成熟の促進、糖蛋白質・核酸・脂質の代謝促進、酸素消費と熱産生を促進する作用があります。

全身症状としては、体重減少、多汗、易疲労感、暑がり、微熱、口渇、月経不順、無月経、掻痒感などが生じることがあります。

また、循環器症状として動悸、頻脈、労作時息切れ、不整脈などがあります。神経筋症状として、手指振戦、いらいら、多動、不眠、情緒不安定、筋力低下、四肢麻痺などがあります。

さらに、眼症状として特徴的なものがあります。眼球突出、眼裂開大、眼瞼浮腫、複視、視野狭窄、視力低下などが起こることがあります。バセドウ眼症(甲状腺眼症)とは、とりわけ重症型は悪性眼球突出症といわれます。女性が男性より罹患しやすいという特徴があります。

治療としては、以下のようなものがあります。続きを読む

本当は怖い抜け毛−バセドウ病

最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学で取り上げられていた内容です。

夫婦で下町の洋品店を営むS・K(46)さんは、誰もが認める商店街のマドンナ。
しかし近頃、自慢の黒髪がやけに抜け落ちるのが気になっていました。「もう50歳近いんだから仕方ない」と半ば諦めつつも、毎晩頭皮マッサージを心がけるようになったS・Kさん。しかし、抜け毛はどんどんひどくなるばかりか、突然イライラすることが増え、更なる異変も現れました。起こってきた症状は、以下の通りです。
1)抜け毛
2)髪の毛が細くなる
3)イライラする
4)動悸・発汗
5)首が太くなる

病院に行き、告げられた診断名はバセドウ病でした。


バセドウ病とは、体内に甲状腺を刺激する抗体(甲状腺刺激ホルモン受容体刺激抗体)が生じ、それが甲状腺刺激ホルモン (TSH) の代わりに甲状腺を過剰に刺激するために、ホルモンが必要以上につくられてしまう病気です。

バセドウ病は、男性よりも圧倒的に女性に多いといわれています。20代から40代を中心に、成人女性の300人に1人は患っているといわれます。

甲状腺ホルモンは全身の新陳代謝を高めるホルモンであり、そのため、甲状腺ホルモンの異常高値によって代謝が異常に活発になることで、心身に様々な影響を及ぼします。たとえば、心臓機能の亢進から動悸が起こってくる、新陳代謝の活発化から発汗過多(汗をかきやすい)、夏の暑さに耐えられない、内分泌のバランスが崩れて精神的に不安定になる、イライラする、集中力が低下するといったことです。

S・Kさんを襲った「抜け毛」は、何らかの原因で甲状腺の免疫システムに異常が発生し、甲状腺の中の細胞を異物と間違え攻撃したため、ホルモンが過剰に分泌。猛烈な勢いで新陳代謝が行なわれた結果、髪の毛は成長するよりも早く、次々に抜け落ちていってしまったと考えられます。

「首が太くなる」という異変は、甲状腺が大量のホルモンを分泌し、腫れあがったものです。これこそがバセドウ病最大のサインで、早期発見の手がかりとなります。

バセドウ病では、他にも眼球突出、高血圧、甲状腺クリーゼという生命にかかわってくる状態に陥ることもあります。S・Kさんは治療を根気よく続けた結果、1年後には病のコントロールに成功。以前と同じ様な生活を送れるようになったそうです。内科的に(服薬によって)治療することも可能なことが多いようです。もしかして、と思ったら是非、病院へ。

【関連記事】
本当は怖い耳鳴り〜メニエール病〜

本当は怖い手のしびれ−多発性硬化症

本当は怖い花粉症−口腔アレルギー症候群
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧