夫クリス・ヘンチーとの間に6歳の娘ローワンと3歳の娘グリアがいるブルック・シールズが、産後のうつ病であることを告白した。

長女ローワンは、流産と7回の体外受精の試みで生まれてきた待望の赤ちゃん。「やっとのことで健康で美しい女の赤ちゃんを産むことができたのに、娘の顔を見ることもできなかった。抱くことも、歌ってあげることも、ほほ笑んであげることもできなかった。とにかく消えてしまいたかった。わたしは存在してはいけないんだ。赤ちゃんはわたしがいないほうがいいんだ。これからの人生、いいことなんてないから、いなくなるべきなんだ」と考えたという。

ブルックはうつ病の薬を処方されたが、自分には必要ないと飲むのをやめてしまい、これが取り返しのつかない事故につながりかけたという。「高速道路の脇の壁に全速力で車を衝突させかけたの。後部座席には赤ちゃんが乗っていて、赤ちゃんのせいで壁に激突できないことに腹が立った。わたしは壁に車を突っ込みたかったけど、無事に家に帰り着くまで友達が電話でずっと話しかけてくれたの」とブルックはピープル誌に語っている。

その後、医師に助けを求めたところ、化学的不均衡の診断を受けたという。「自分の体と脳に何が起きているのかを知ったの。こういうふうに考えてしまうのはわたしのせいではなく、わたしがどうにもコントロールできるものではなかったことを知ったの」とコメントしている。
(ブルック・シールズ、産後うつ病で自殺も考えたことを告白)

産後うつ病とは


産後うつ病は、出産後2週間から5週間以内の発症が多いといわれています。症状は、抑うつ気分、集中力・意欲の低下(「家事や育児ができない」などといった意欲低下がみられる)、不眠、食欲の低下、頭痛などの身体症状、希死念慮などがあります。

重症では、うつ病独特の妄想をもつこともあります。たとえば「母親として失格の駄目な人間だ」、「(子供のささいな症状を)大変な病気になった」などと思い込むといった症状がみられます。

妊娠期は精神障害の新たな発症や、増悪が少ないといわれています。妊娠や出産に関して病的とはいえない程度に不安になることと、つわりの時期に情緒不安定になることを除けば、妊娠期は精神状態が比較的安定している時期であるといわれています。

ただ、少ないとされる妊娠期の精神障害のなかでは、うつ病が最も多く起こりやすいです。妊娠うつ病(妊娠期に発症したうつ病)の好発時期は、つわりの時期にあたる妊娠初期4ヶ月間となっています。

一方、出産後は精神障害が起こりやすいといわれてます。特に、出産直後の産褥期(産後約6〜8週まで)に多いです。産褥期の精神障害の発症には、産後の女性ホルモンの変化に加え、脳内モノアミン、甲状腺ホルモンなども関与しています。その他、性格や環境面の要因として、初産婦、神経質・未熟な性格傾向、夫のサポートの乏しさなどがあげられます

産後うつ病の治療


産後うつ病の治療としては、以下のようなものがあります。続きを読む