コヨーテ(Koyote)のメンバー兼写真作家のベッカ(28、ペク・ソンヒョン)が脳腫瘍と診断されていたことが明かされた。

9日、側近などによると、ベッカは最近病院で脳に拳ほどの大きさの腫瘍があるという診断を受け、総合病院で精密検査を受けていると伝えた。ベッカは普段から頭痛に苦しんでおり、急に気絶するなどの症状もあったと側近は伝えた。ベッカはすぐに手術を受ける予定。

今年10月15日入隊したベッカはソウル中央地方裁判所で共益勤務要員としてに勤務中だった。最近病状が悪化し休暇をとっていた。
(グループ“コヨーテ”ベッカ、脳腫瘍と診断)

脳腫瘍とは


脳腫瘍とは頭蓋内に発生する新生物の総称であり、原発性脳腫瘍と転移性脳腫瘍に大別されます。

原発性脳腫瘍は、年間10万人当たり約10人程度発生するといわれています。男女差はなく、発症年齢は 5〜15歳と40〜50歳の2つのピークをもつといわれ、欧米に比較して日本では松果体の未分化胚細胞腫が多いといわれています。

原発性脳腫瘍の約1/3が脳内から発生する神経膠腫であり、脳内に浸潤性に発育するため根治的手術が不可能なため基本的に悪性と考えられます。

脳実質由来の神経膠腫、脳を包む髄膜から発生する髄膜腫、脳神経鞘から発生する神経鞘腫、脳下垂体前葉から発生する下垂体腺腫で原発性脳腫瘍の80%を占めます。

頭蓋内ではあるが脳実質外に発生する腫瘍としては髄膜腫(約25%)、下垂体腺腫(約15%)、神経鞘腫(約10%)が重要であり、これらは脳を圧排しながら成長するので根治的手術も可能であり良性腫瘍とされます。

それ以外に頭蓋咽頭腫(鞍上部)、胚細胞腫(松果体部、鞍上部など)、中枢神経系悪性リンパ腫などがあります(それぞれ約3%)。頭蓋咽頭腫、胚腫・胚細胞性腫瘍などは本邦に比較的多いです。近年では、悪性リンパ腫も増加傾向にあります。

脳腫瘍の診断


診断としては、以下のように行います。続きを読む