お医者になるのは、大変ですね

医学関連ニュースサイト

本当は怖い家庭の医学ザ!世界仰天ニュース(TV)/一般有名人の症例集生活の中の医学

メタボリックシンドローム

男性のメタボ基準、厳しすぎる?学会で検討

おなかに脂肪がたまるメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群、通称メタボ)の診断基準を巡り、専門家から異論が相次いでいる。

基準の一つであるウエストサイズ(腹囲)が、女性で90センチ以上なのに対し、男性は85センチ以上と、諸外国に比べても厳しいなどが理由だ。この症候群の人を見つける「特定健診・保健指導」が来年度に始まるが、「これでは健康な人まで『異常』と判定される」との指摘もあり、日本肥満学会などは今後、診断基準に関する委員会を開き、基準の見直しの必要性を検討するとしている。

この症候群は、腹囲に加え、血圧、空腹時血糖、血中脂質のうち2項目以上で異常があった場合に診断される。特定健診・保健指導は、40〜74歳が対象で、現在の健診の項目に腹囲測定が新たに加わる。

内臓脂肪は、内臓の周りにたまる脂肪のこと。画像診断で、へその位置の胴回りの内臓脂肪面積が一定以上の場合、糖尿病や心筋梗塞(こうそく)などを引き起こす恐れが高まるとして、日本肥満学会などが、内臓脂肪面積を基に腹囲の基準を定めた。

だが、国際的にみても、男性の方が厳しい基準となっているのは日本だけだ。
米国の指針では、男性102センチ超、女性88センチ超を腹囲の基準としている。

約160の国と地域の医師らで作る国際糖尿病連合の基準では、欧州で男性94センチ以上、女性80センチ以上、中国・南アジアは男性90センチ以上、女性80センチ以上だ。日本人についても今年、男性90センチ以上、女性80センチ以上との基準を打ち出した。

同連合副会長で中部労災病院(名古屋市)の堀田饒院長は「男性の方が女性より厳しいのはおかしい。腹囲が85センチぐらいの男性は平均的で最も多く、健康な人でも基準に引っかかる恐れが強い」と指摘する。

診断基準をまとめた住友病院(大阪市)の松沢佑次院長は「腹囲の基準を超えたら病気、基準以下なら健康ということではない。女性の基準値が緩いのは皮下脂肪が多いため。女性の方が心筋梗塞などは少なく、現時点では大きな問題はない」としながらも、異論があることを考慮し、「今後、診断基準の見直しの必要性を検討する」と話している。
(男性のメタボ基準、厳しすぎる?学会で検討)


メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)に高血糖・高血圧・高脂血症のうち2つ以上を合併した状態をいいます。

それぞれ単独でも、リスクを高めますが、これらが多数重積すると相乗的に動脈硬化性疾患の発生頻度が高まるため、リスクが重なった状態はハイリスク群として予防・治療の対象と考えられています。近年では、特に内臓脂肪の蓄積による肥満が共通の基盤として着目されています。

島袋充生・琉球大医学部講師(循環器病学)らがまとめた結果では、心筋梗塞など心臓血管系の病気になる危険性が男性で約2.5倍、女性で約1.8倍に増加するとのことです。

実際には、項目の一つである「内臓脂肪型肥満」は、臍レベル腹部断面での内臓脂肪面積100cm²以上としています。ただし、内臓脂肪面積を直接測定する事は健康診断や日常臨床の場では容易ではないため、腹囲の測定により代用し、男性85cm以上、女性90cm以上を内臓脂肪型肥満と診断しています。しかし、できれば腹部CT撮影等により内臓脂肪面積を精密に測定する事が好ましい、とされています。

ですので、「男性85cm以上、女性90cm以上を内臓脂肪型肥満と診断」というのはそれほど厳密な意味のあることではないとはいえ、そこを変えることにどれほどの意義があるのかは疑問です。

たしかに、最初にこの検査基準を読んだときに「男性の方が、ウェストの基準が小さいの?」と疑問に思いましたが、変えるのだったらそれ相応のデータ(たとえば、何cmなら内臓脂肪面積100cm²以上の人が90%以上含まれる、など)を出して欲しいものです。果たして、来年からはこの基準が変わるのでしょうか?

【関連記事】
ベタベタ汗にオヤジ臭…におい版メタボを絶つには

メタボ男性は医療費が年2.5倍に

尿酸値の高さがメタボリックシンドロームと関連−虎の門病院健康管理センター

痩せていた人ほど、体重増で心筋梗塞のリスク

若いころやせていたのに、中年以降に10キロ以上太った男性は、体重が安定していた人に比べ、心筋梗塞など虚血性心疾患になる危険度が2倍高いとの疫学調査結果を、厚生労働省研究班(主任研究者・津金昌一郎国立がんセンター予防研究部長)が22日発表した。

アジア人でこうした傾向が明らかになったのは初めて。研究班の磯博康大阪大教授(公衆衛生学)は「年齢が進んで運動をやめたり、基礎代謝が落ちたりしても若いころと同じ食習慣を続けると、心臓への負担が増える」と注意を促している。

研究班は全国8県で40−69歳の男女約9万6000人を平成2年から最長で12年追跡。この間、男性の399人が虚血性心疾患になった。

肥満度を表す国際的指標で、体重(キロ)を身長(メートル)で2度割って算出する体格指数BMIとの関係をまず調べたところ、BMI30以上(肥満)の男性は、標準的な体格(23以上25未満)の男性に比べ心疾患発症の危険度が1.8倍で、肥満と心疾患の関係がはっきりした。女性は発症者が少なく、関連は不明だった。

そこで研究班は次に、男性の約半数に当たる約2万3000人を対象に、体重の増減との関係に注目して分析。すると、20歳時点でBMI21.7未満とやせ形だった人で、調査時までに10キロ以上体重が増えた人は、増減が5キロ以内だった人と比べ、危険度が約2倍になることが分かった。
(10キロ超の体重増にご用心 心疾患のリスク高まる)


標準体形の男性が20キロ太ると、糖尿病や高血圧になりやすくなり、年間医療費が2.5−1.3倍に跳ね上がるとの推計を京都大経済研究所の古川雅一研究員(医療経済学)らが先月にまとめたと発表されました。医療経済の面からみても、体重増加は健康問題と関連していると言えそうです。

体重だけではなく、最近はメタボリックシンドロームが健康問題としてトピックにあげられることが多いのではないでしょうか。メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪が一因となり高脂血や高血糖などを併発した状態です。放置すると心筋梗塞や動脈硬化、糖尿病になりやすいと考えられているます。

メタボリック症候群(内臓脂肪症候群)の人はそうでない人に比べて、心筋梗塞など心臓血管系の病気になる危険性が男性で約2.5倍、女性で約1.8倍になるとされています。さらに、上記の発表を考えれば、体重が最近増加した人は、よりリスクがあがっていると考えられます。

"年齢が進んで運動をやめたり、基礎代謝が落ちたりしても若いころと同じ食習慣を続けると、心臓への負担が増える"ということからも、運動を続けたり、年齢に見合った食生活の再考などが重要となってきそうです。

【関連記事】
ベタベタ汗にオヤジ臭…におい版メタボを絶つには

尿酸値の高さがメタボリックシンドロームと関連−虎の門病院健康管理センター

メタボ男性は医療費が年2.5倍に

メタボリック症候群のリスク:メタボ男性 循環器疾患のリスク2.5倍

メタボ男性は医療費が年2.5倍に

太りすぎの医療費は高くつきます−。標準体形の男性が20キロ太ると、糖尿病や高血圧になりやすくなり、年間医療費が2.5−1.3倍に跳ね上がるとの推計を京都大経済研究所の古川雅一研究員(医療経済学)らがまとめ、8日発表した。

推計には中高年男性の半分を占めるとされるメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の人も含まれており、将来の健康悪化が心配。古川研究員は「医療費の一部は健康保険でカバーされるが、予備軍から病気に進めば家計を圧迫する。肥満予防が肝心」と話している。

古川研究員らは、平成13年の国民健康・栄養調査のデータから約1万人分を抽出。体重が増えると血糖値や血圧がどう変化するか統計的手法で推定し、糖尿病と高血圧性疾患の増加に伴う医療費の伸びを調べた。

その結果、体重64キロの男性が20キロ太ると、新たに発症したり持病が悪化するなどして糖尿病に関する医療費が2・5倍に増加。高血圧性心疾患では1・3倍に増えた。女性では54キロの人が17キロ太ると、それぞれ同じ程度の医療費増が予測された。

メタボリックシンドロームは、内臓脂肪が一因となり高脂血や高血糖などを併発した状態。放置すると心筋梗塞や動脈硬化、糖尿病になりやすいと考えられている。
(メタボ男性は家計に影響!医療費が年2.5倍に)
たしかに、糖尿病に対する血糖降下薬やインスリン注射、高血圧に対する降圧薬、高脂血症に対する脂質降下薬など、こうした薬剤は長期にわたって飲み続ける必要があり、医療費の面では大きな負担となりうるのではないでしょうか。

さらに、糖尿病は糖尿病性腎症や網膜症の合併を引き起こす可能性があり、そうなると透析導入が必要になったり(現に、国内での透析導入の最多原因は、糖尿病性腎症です)、視力低下・失明という大きな障害を持つことになります。

高血圧や高脂血症も動脈硬化を進め、狭心症・心筋梗塞、脳梗塞といった重篤な疾病をわずらうリスクを上げてしまいます。

ジェネリック医薬品を使っての医療費削減を心がけても、こうした病気にならないに越したことはないでしょう。食事に気を付け、運動を心がける、という基本的なことが、最も重要なことは言うまでもないでしょう。

「面倒だ」「忙しくて手が回らない」といったことも分かりますが、健康は一度失って、始めてその貴重さに気がつきます。ヘビースモーカーだった高校時代の先生が、狭心症の発作で倒れ、その時に禁煙を決意した、ということが思い出されます。

まずは自分の理想体重、必要な摂取カロリー計算、食事の見直しから始めてはいかがでしょうか。

【関連記事】
「ドクターズ レストラン」次々登場−1日に必要なカロリー量の計算

ダイエットのカギは、最初の1週間?

尿酸値の高さがメタボリックシンドロームと関連−虎の門病院健康管理センター

血液中の尿酸値が高い人は、生活習慣病につながるメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)になりやすいことを虎の門病院健康管理センターの辻裕之医長ら研究グループが突き止め、4日、大阪市内で開かれた「高尿酸血症・メタボリックシンドロームリサーチフォーラム」で発表した。人間ドックの健診データを解析したもので、メタボリックシンドロームを予測する因子として病気の予防、診断に役立ちそうだ。
 
辻医師らは昨年、同病院で8年間に人間ドックを受診した男性約1万4500人のデータを統計的に解析した。BMI(体重を身長の2乗で割った値)が25以上の肥満者で高血圧、高血糖など危険因子を複数持つメタボリックシンドローム該当者と尿酸値、尿のpHの関連を調べたところ、初診時に尿酸が7・1mg/dl以上か尿のpHが5・5未満で酸性が強いと、メタボリックシンドロームに陥ることが分かった。今回の発表は、約7100人の女性について調べたもので、尿酸値が5・1mg/dl以上で有意な関連があることが示された。
 
辻医師は「性別、年齢と関係なく、尿酸値が高まれば、メタボリックシンドロームの状態になる可能性があるので先行指標に使えることが分かった」と話している。
(尿酸値高いとメタボの恐れ 先行指標に活用も)


「初診時に尿酸が7.1mg/dl以上か尿のpHが5.5未満で酸性が強いと、メタボリックシンドロームに陥る可能性が高まる」とのことです。

日本痛風・核酸代謝学会ガイドラインによれば、尿酸の基準値は7.0mg/dL以下とされています。尿酸値7.1mg/dlとなれば、やはり高値になります。また、尿のpHは6.0前後とされており、尿のpHが5.5未満となれば、かなり酸性度が高くなっているといえます。

高尿酸血症とは、人間の血中に存在する物質尿酸の血中濃度が異常に高い状態を言います(血中濃度7mg/dLを越える)。DNAの合成に不可欠な物質であるプリン体の産生過剰あるいは排泄低下がその原因です。合併症として、痛風や尿酸結石、腎障害、動脈硬化などが挙げられます。

高尿酸血症の人は、白血病などの悪性腫瘍がないか、腎障害や尿路結石がないか、糖尿病など他の生活習慣病がないかなどをチェックする必要があります。このような悪性腫瘍や腎障害を除き、生活習慣との関連があります。特に、牛肉やアルコールの過剰摂取(ビールなど)が問題となります。

高尿酸血症は、メタボリックシンドロームの先行指標として使えるかも知れない、と期待されます。健康診断などで、高血糖や高脂血症がなくても尿酸値が高ければ、注意した方が良い、と考えられます。

【関連記事】
メタボリック症候群のリスク:メタボ男性 循環器疾患のリスク2.5倍

「平均血圧」の上昇で分かる動脈硬化
ブログ内検索
スポンサードリンク
Archives
本サイトについて
2006年02月27日より運営している医学系ニュースサイトです。
当初はレポートの掲載や医師国家試験の問題解説を行っていましたが、そちらは『医学生のレポートやっつけサイト』に移行しており、こちらは医学ニュースを取り扱うこととなりました。
国内の3大疾病である癌、脳卒中、心筋梗塞から稀な難病、最新の治験・治療法など、学んだことを記していきたいと思います。時には微笑ましいニュースから、社会的な関心事となっている医学の問題、感動的な闘病記など、幅広く取り扱っていきたいと思います。ブログパーツ
記事まとめ一覧